米ワーナー「インセプション」などをiPhoneアプリとして配信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月18日 > 米ワーナー「インセプション」などをiPhoneアプリとして配信
メニュー

米ワーナー「インセプション」などをiPhoneアプリとして配信

2011年2月18日 11:27

「インセプション」がiPhoneアプリに「インセプション」

「インセプション」がiPhoneアプリに
(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが映画の新たなオンライン配信を開始したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ワーナーはアップルのiTunes Storeを通じて映画配信を行っているものの、世界各国のiTunes Storeのなかで映画配信に着手している国はまだ少数なのが現状だ。そこで同社は、アプリとして映画配信を始めることにした。

手始めに、2月15日にクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」と「インセプション」の配信を開始。アプリは無料で、映画冒頭の5分間を視聴できるほか、作品情報や関連ゲームがついている。映画本編を見たい場合は、そのアプリを利用して映画のダウンロード購入が可能。価格設定はiTunes Storeと同じで、アメリカ国内では「ダークナイト」が9ドル99セント、「インセプション」が11ドル99セントだ。

iTunes Storeを介さずApp Storeから直接映画を購入できるため、iPhoneやiPod、iPadを持っているユーザーは容易に映画をダウンロードできる仕組みだ。世界35カ国でアプリのダウンロードが可能で、そのうち23カ国ではiTunes Storeが映画配信に対応していないため、ワーナーは新たな収益源として期待しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi