フル3D映画「GARO」の見どころは「原紗央莉の凶悪さ」

2010年10月25日 21:50

凶悪な原紗央莉に注目
凶悪な原紗央莉に注目

[映画.com ニュース] 深夜テレビ放送で人気を博した特撮TVシリーズの3D劇場版「牙狼<GARO> RED REQUIEM」が10月25日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭の特別招待作品部門で上映され、主演の小西遼生松山メアリ原紗央莉雨宮慶太監督が舞台挨拶に登壇した。

同作は、最強騎士の証“ガロの称号”をもつ冴島鋼牙が、魔戒法師の烈花らとともに繰り広げる魔獣退治の旅を描くアクション大作。

テレビシリーズに続き主演を務めた小西は、「ただいま。3Dでのアクションは右と左だけでなく手前と奥にも奥行き感が生まれるので、パンチや蹴りの当て方も意識した」と初の3D撮影を振り返った。体術を得意とする烈花役の松山は、「ずっと少林寺や空手を練習していたけど、なかなかうまく型にはまらず、横山(アクション)監督が私がずっとやっていた新体操を技に取り入れてくれた。私は烈花ほど男勝りじゃないけど、負けず嫌いなところは似ています!」とアピールした。

セクシー女優の原は、悪役の魔鏡ホラー・カルマに扮し「撮影はほとんど監督とマンツーマンで、悪役だけどキレイじゃないといけないと言われて大変だった。完成した本編を見たら、CGなどの効果もあってものすごく強くて悪いやつだった」と苦笑い。雨宮監督は「苦労話をすると2時間はかかる。3Dはもちろんのこと、『牙狼』は普通の何でもないカットにもすごく手間がかかっているのでCGチームは地獄だったと思う。小西君のやられっぷりと烈花のとんでもない技も見どころだけど、原さんのものすごい凶悪さにも注目してほしい」とPRした。

牙狼<GARO> RED REQUIEM」は、10月30日より全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース