牙狼 GARO RED REQUIEM

劇場公開日

  • 予告編を見る
牙狼 GARO RED REQUIEM

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

雨宮慶太監督が手がけた特撮TVシリーズの3D劇場版。同シリーズでブレイクした小西遼生が主演を続投し、松山メアリ、斉藤洋介、津田寛治、中尾彬らが脇を固める。魔戒騎士たちは、魔界からヤミを通じて出現する魔獣ホラーと長年にわたり死闘を繰り広げていた。ある日、最強の魔獣7体が復活し、人間界へ降臨する。最強騎士の証“ガロの称号”をもつ冴島鋼牙は、魔戒法師の烈花とアカザ、その弟子シグトとともに、魔獣討伐の旅に出る。

2010年製作/97分/PG12/日本
配給:東北新社、ゴー・シネマ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2010 雨宮慶太/東北新社

映画レビュー

4.0大人の為の特撮もの。正統派な内容。 原紗央莉が魔鏡ホラーカルマ役。...

yonda?さん
2018年8月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0金色の3Dは迫力満点!

2011年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

3D映画は数多くありますが、全身金色の戦士がスクリーンから飛び出してアクションを繰り広げる作品はこれだけではないでしょうか。
3Dの場面と通常のシーンのギャップも大きくて楽しめました。
TVシリーズを見なくても映画だけで理解できる内容だったのですが、予習はあった方が面白く感じられるものだと思います。
雨宮監督が好きなので、監督書き下ろしデザインのコンプリートBOXを予約したのでレビューを書いてみました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ヤクルト

3.5AVから女優になった原紗央莉も妖獸シレーヌに負けないくらい美しい。

aotokageさん
2010年11月11日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

05年にテレビで放映された「牙狼」。その後、ゲーム化されたり最近ではパチンコにもなった。(エヴァと同じく映画化の資金にも…)
監督の雨宮慶太氏は、「未来忍者」(1988)「ゼイラム2」(1994)「タオの月」(1997)も手がけた。従来の日本の特撮に、香港流のワイヤーアクションを取り入れたり、CGを使うのも早かった。
それまでの着ぐるみ同士がプロレスのように戦うものよりも、動きがスピーディーでリアルだった。
それは、平成の仮面ライダーにも影響を与えている。

太古の昔より続く、闇に封印されし魔界の魔獸ホラーと人知れずホラーを狩る魔戒騎士、魔戒法師たちの壮絶なる戦い。
主人公・冴島鋼牙は、魔界より召還した鎧を装着し、黄金騎士ガロとなって、人間界に潜む魔獸ホラーを狩りつづける。
今回の映画は、魔獸ホラーを追う旅をしてる鋼牙が、とある港町にやってきた番外編として作られているので、テレビシリーズ未見でも問題ありません。
この町にも魔戒法師たちがいたが、ここには幾人もの魔戒騎士、法師を取り込んできた手ごわい魔獸ホラーがいた…。

鬼や悪魔として伝承されてきた魔界ホラーは、闇の情念を抱いた人間に憑依し、醜怪な怪物なって実体化する…。
「デビルマン」のようなお話だけど、映画「デビルマン」よりは出来がいい。
雨宮監督はもともと日本の特撮好きなので、ショッカーの戦闘員のようなものも出てくる。
テレビシリーズでもCGを多用してましたから、3D化もうまくいったと思います。

ゴシック調な雰囲気で、ファッションもスタイリッシュでかっこいい。
AVから女優になった原紗央莉も魔獸ホラーを演じてますが、デビルマンの妖獸シレーヌに負けないくらい美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aotokage
すべての映画レビューを見る(全3件)