ブラッド・ピット、念願のゾンビ映画に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月23日 > ブラッド・ピット、念願のゾンビ映画に主演
メニュー

ブラッド・ピット、念願のゾンビ映画に主演

2010年7月23日 11:27

ゾンビ映画が夢だった!「消されたヘッドライン」

ゾンビ映画が夢だった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットが、新作ゾンビ映画「World War Z」に主演することが正式決定した。

同名原作小説の著者マックス・ブルックスが7月21日、「コミコン2010」の前夜祭イベントで米MTVに認めたもの。ピットの製作会社プランBエンタテインメントが、2007年にレオナルド・ディカプリオの製作会社アピアンウェイと争った末に映画化権を獲得して以来、ピットは主演を希望していた。

原作は、死の病が爆発的に広まり、世界中でゾンビが増殖していく恐怖を描いた物語。映画版は、TVシリーズ「バビロン5」のクリエイター、J・マイケル・ストラジンスキーが脚色した草稿を、「消されたヘッドライン」のマシュー・マイケル・カーナハンがリライトした。監督は「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター、製作はパラマウント・ピクチャーズ。

ブルックスは、長年映画化に向けて尽力してきたピットとパラマウントに対し「最高のゾンビ映画を作るために、彼らの時間を費やしてくれたことをとてもうれしく思う。そして、最適なチームを組んでくれたことにも感謝している」と喜びを語っている。

「World War Z」は、12年夏に全米公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi