「トランスフォーマー3」に色男パトリック・デンプシーが参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月6日 > 「トランスフォーマー3」に色男パトリック・デンプシーが参戦
メニュー

「トランスフォーマー3」に色男パトリック・デンプシーが参戦

2010年5月6日 11:46

“マクドリーミー”がアクションに挑戦「グレイズ・アナトミー」

“マクドリーミー”がアクションに挑戦
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒット医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」の“マクドリーミー(色男)”ことデレク・シェパード医師役でブレイクしたパトリック・デンプシーが、マイケル・ベイ監督のSFアクションシリーズ最新作「トランスフォーマー3(仮題)」に出演することが分かった。

80年代青春映画のアイドル出身のデンプシーは、現在も主にロマンチックコメディなどで活躍中の甘い二枚目で、本作のようなアクション超大作への出演は珍しい。米エンターテインメント・ウィークリー誌によれば、デンプシーが演じるのはミーガン・フォックス扮するヒロインのボスで、新作のプロットで重要な役割を果たす役どころだという。

「トランスフォーマー3」には前2作に出演したシャイア・ラブーフミーガン・フォックスジョシュ・デュアメルに加えて、ジョン・マルコビッチフランシス・マクドーマンドケン・チョンの出演が決定している。今月中のクランクイン、2011年7月1日の全米公開を予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi