第63回カンヌ映画祭オープニング作品にR・スコット監督「ロビン・フッド」

2010年3月29日 11:53

スコット監督×クロウ主演の最新作
スコット監督×クロウ主演の最新作

[映画.com ニュース] 5月に開催される世界最大の映画祭、第63回カンヌ国際映画祭のオープニング作品に、リドリー・スコット監督の最新作「ロビン・フッド」が決定した。同映画祭事務局が3月26日に発表した。

アクション大作「ロビン・フッド」には、タイトルロールの中世イングランドの伝説の義賊役でラッセル・クロウが主演するほか、恋人のメイド・マリオン役のケイト・ブランシェットマックス・フォン・シドーウィリアム・ハートらが出演。5月12日にカンヌ映画祭コンペ外作品としてワールドプレミア上映、5月14日から全世界で公開される(日本公開は今秋を予定)。

スコット監督は77年の長編監督デビュー作「デュエリスト 決闘者」がカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞。91年には「テルマ&ルイーズ」が同コンペティション部門に出品された。

第63回カンヌ国際映画祭は5月12日から23日まで開催。今年の審査委員長にはティム・バートン監督が決定している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース