アンジェリーナ・ジョリー降板で、「ウォンテッド」続編企画が消滅

2010年3月1日 11:57

降板の原因は?
降板の原因は?

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーがセクシーな暗殺者フォックスに扮したアクション大作「ウォンテッド」(08)の続編が今年中にクランクインすると報じられていたが、このほどジョリーが同作から降板したことが明らかになった。

米エンターテインメント・ウィークリー誌によると、続編はすでに脚本も完成し、スタジオのユニバーサルは今年中の撮影を望んでいたが、ジョリーの降板によりプロジェクトそのものの続行が難しくなったようだ。正式な発表はないものの、ジョリーの代役を立てるのではなく、製作を中止する可能性が濃厚になった。

ウォンテッド」でメガホンをとったティムール・ベクマンベトフ監督は昨年夏ごろ、地元ロシア紙とのインタビューで、ジョリー続投を視野に入れた続編の準備に入ったことを明かしていた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com