ジャニーズJr.森本慎太郎は松岡錠司監督のカンフル剤!?

2009年11月25日 11:33

過酷なロケを乗り切った子どもたちに感心
過酷なロケを乗り切った子どもたちに感心

[映画.com ニュース] ジャニーズJr.の森本慎太郎が主演の映画「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」の完成披露試写会が11月24日、東京・新宿ピカデリーで行われた。森本をはじめ桑島真里乃檀れい、マイコ、松岡錠司監督が舞台挨拶に立ち、ジャニーズJr.メンバー10人で構成された「スノープリンス合唱団」が映画の主題歌を披露した。

本作は、昭和初期の山形県の寒村を舞台に、貧しくも健気に生きる草太(森本)と裕福な家庭に育つ幼なじみの早代(桑島)、1匹の犬の交流を描くせつない初恋物語。「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「おくりびと」の脚本を手がけた小山薫堂がタッグを組んだ。

森本は、熱狂的な女性ファンを前に緊張した面持ちで「1年経つのは早いですね。寒かったことしか覚えていません(笑)」と極寒の山形ロケを振り返った。劇中の火事シーンについては、「これが映画の撮影なんだなと実感しました」とその迫力に圧倒された様子。松岡監督は、「非常に過酷な状況でのロケが続き、子どもにこんなことをさせていいのかと思ったほど。でも、2人の存在が何度もくじけそうになった僕を支えてくれた。いい刺激になったし、映画が完成したのは子どもたちのおかげ」と森本と桑島のがんばりを称えていた。

早代の母親を演じた檀は、「2人の淡い恋模様を見ていると、自分が初めて恋をしたときのフワっとした気持ちがよみがえった」としみじみ語り、現代パートに出演するマイコも「草太君のまっすぐさが、そのまま慎太郎君のまっすぐさに見えて、パワーをもらった」と話した。

スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」は松竹配給で、12月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース