トヨエツが“愛妻家”の勧め「奥さまに花を贈ろう」

2009年11月24日 12:06

日ごろの感謝を忘れずに!
日ごろの感謝を忘れずに!

[映画.com ニュース] 行定勲監督の最新作「今度は愛妻家」に主演の豊川悦司薬師丸ひろ子が11月22日、東京・プランタン銀座で行われた特別イベントでトークショーに出席した。

同作は、自墜落な生活をおくる元売れっ子カメラマンと献身的に夫を支える妻が、日常生活のなかで忘れてしまった、伝えたいのに言葉にできないもどかしさを募らせていく姿を描く。

この日のトークショーは、映画のストーリーにちなみ11月22日(いい夫婦の日)から2010年1月31日(愛妻の日)まで日本生花商協会とタッグを組む「愛する人へ“感謝の言葉”とともに全国生花店が毎月お薦めするお花を贈ろう」キャンペーンの一環。

豊川は、自らが演じた妻をおざなりにする“ぐうたら”な夫について「本当に反省してもらいたいですね。お集まりいただいた男性の皆さんは、帰りにフラワーショップでお花を買って奥さまや恋人にプレゼントしてほしいです」と提言。一方の薬師丸は、忍耐を絵に描いたような役どころについて「自分で演じてみて言うのもなんですが、非常にかわいい女性だと思います」と自画自賛してみせた。これには豊川も、「本当に素晴らしい女性です」と手放しに称賛していた。

今度は愛妻家」は東映配給で、2010年1月16日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース