藤原竜也の天然ぶりに香川照之が猛烈ツッコミ 「カイジ」興収30億視野の好スタート

2009年10月10日 17:27

会場後方からの登場にファンは大喜び
会場後方からの登場にファンは大喜び

[映画.com ニュース] 累計発行部数1300万部を突破した人気漫画を映画化した「カイジ/人生逆転ゲーム」が10月10日、全国306スクリーンで封切られ、主演の藤原竜也天海祐希香川照之山本太郎佐藤東弥監督が東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で舞台挨拶に立った。

同作は、これまでに香港プレミア、埼玉・秩父出身の藤原による凱旋試写会、横浜港でのトークショーなどさまざまなプロモーションを展開。“走破”した藤原は、「撮影がスタートしたのは1年前。ようやく今日という日を迎えられた」と感慨無量の面持ちだ。

映画は、友人の借金を抱え込むことになったフリーターのカイジが、命がけのギャンブルに挑み、自らの人生を見つめ直しながら戦い抜く姿を描く。藤原は、続編の可能性について「ここまで大変な思いをして地上に出たのだから、もう間違いは起こさないでしょう」と模範的な回答。これに即座に反応したのは香川で、「そうしたら続編ができないじゃん!」とツッコミを入れて藤原を慌てさせた。さらに、初監督を務めた佐藤監督は「こちらから伺いたい。続編も監督として指名していただけるのは不安で……」と胸中を吐露し、客席を沸かせた。

配給の東宝によれば、藤原の人気や原作のファンなど客層は多岐にわたり、都市部だけでなく地方の出足も好調。興行成績20億円を記録した「K-20/怪人二十面相・伝」対比で144%を記録し、興収30億円も視野に入る絶好の滑り出しとなった。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース