元「王様のブランチ」新妻聖子、「アンダンテ/稲の旋律」で映画初主演

2009年10月6日 16:55

撮影では泥だらけになりました
撮影では泥だらけになりました

[映画.com ニュース] TBS系列の情報番組「王様のブランチ」に出演していた新妻聖子が、金田敬監督の新作「アンダンテ/稲の旋律」で映画初主演することが分かった。

新妻は、「王様のブランチ」に02年から約1年半出演。その後、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役に抜擢され、「ミス・サイゴン」でもキム役として出演するなど、ミュージカル女優としてキャリアを磨いてきた。また、NHK連続ドラマ小説「純情きらり」では、挿入歌「夢の翼」を提供し、CDデビューも果たしている。

映画初出演にして主演に起用された新妻が演じるのは、音楽教師になる夢に挫折し対人恐怖症になってしまう女性という役どころ。「アンダンテ」というタイトルが、「ゆっくりと。歩く速度で」という意味の音楽用語であるように、劇中では引きこもりの生活から暗中模索し、農業体験を通して自らの進むべき道をゆっくりと見出していく主人公・千華の姿を描く。

旭爪あかねの「稲の旋律」が原作。「青いうた のど自慢青春編」(03)、「愛の言霊」(07)などで知られる金田監督は、「どこかに向かうなら、無駄を省いて最短距離を選びたいというのが美徳とされている昨今、この原作は無駄なことや不器用に立ち止まった人間を、稲穂が風にそよぐように静かに応援しているようだ」と話す。原作者の思いを体現するそのほかのキャストは、筧利夫秋本奈緒美村野武範松方弘樹中条きよしら。撮影は9月24日にクランクアップし、現在は編集作業中。公開は2010年を予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース