穂のか、バースデーケーキに思わず涙!初主演「アンを探して」完成披露

2009年7月31日 12:00

父からの誕生日プレゼント、 シャネルの腕時計に大喜び
父からの誕生日プレゼント、 シャネルの腕時計に大喜び

[映画.com ニュース] 日本とカナダが共同製作した日加修好80周年記念作品「アンを探して」の完成披露試写会が7月30日、東京・新橋のスペースFS汐留で開催され、主演を務めたとんねるず石橋貴明の娘・穂のか、共演のロザンナ、モントリオール在住で本作が長編デビューとなる宮平貴子監督、プロデューサーのユリ・ヨシムラ・ガニオンが舞台挨拶を行った。

本作は、世界的ベストセラー小説「赤毛のアン」をテーマに、3世代の女性の人生を描く物語。亡き祖母の初恋のカナダ人兵士を探すために、ヒロインの杏里(穂のか)が単身、カナダのプリンス・エドワード島を訪れ、現地の人々と交流し成長していく。穂のかは撮影2週間前に主演に抜擢され、昨年8月~9月、プリンス・エドワード島でのオールロケに参加した。

「最初は緊張や不安だらけでしたが、撮影が始まると毎日が幸せすぎて、『こんなに楽しくていいのかな』って逆に悩んだほどでした」と初の映画主演を振り返る穂のかだったが、単身でロケ地に向かう際に、飛行機に乗り遅れてニューヨークで予定外の1泊を余儀なくされるハプニングも。しかしそんな出来事と、自身が演じる役柄を重ね合わせて「自然と役作りになりました」と二世タレントとは思えないたくましい一面ものぞかせた。

この日は穂のかの20歳の誕生日前日ということで、本人には内緒でバースデーケーキも登場した。思いがけないサプライズに、舞台挨拶中、終始笑顔だった穂のかも「言葉にならない……」と涙ぐみ、「10代最後の日をこんな風に過ごせて幸せ。これからも頑張ります」と女優として、さらなる飛躍を誓っていた他、父・石橋貴明からシャネルの腕時計をプレゼントされたことも明かしていた。

アンを探して」は今秋ロードショー。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース