ジョニー・デップ主演「パイレーツ4」は来春撮影開始。ディズニー首脳が明言

2009年7月27日 12:00

ジョニー・デップの独壇場に!
ジョニー・デップの独壇場に!

[映画.com ニュース] 米ディズニー・スタジオ製作部門社長オーレン・アビブが、サンディエゴのコミコンに登場。ジョニー・デップがキャプテン・ジャック・スパロウを再演する「パイレーツ・オブ・カリビアン4」について、「我々は『パイレーツ4』を来年4月または5月に撮影するつもりだ」と明かした。

同作はアビブ社長によると、前3部作からガラリと代わった新シリーズになる模様で、4作目が成功すれば、続編また続々編が作られる見通しだ。「私にとって重要なことだが、少しだけスケールダウンするだろう。なぜって、大きくすることができないからだ」と苦しい胸の内を明かしたアビブは、「(前3部作で)完全に完結しているので、すべての物事やキャラクターのエッセンスなどを踏襲し、リブート(再構築)されるだろう。ストーリーがよくなることが重要なんだ」と明かした。

今度の4作目に関して監督はまったく決まっておらず、ゴア・バービンスキー監督も必要とされておらず、オーランド・ブルーム演じるウィル、キーラ・ナイトレイ演じるベスとも登場しない見込みであり、おそらくはスパロウ(デップ)のバックストーリーを描くものになるだろうと、米英の映画サイトは予測している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース