トビー・マグワイア主演「スパイダーマン4」は3Dに?

2009年4月24日 12:00

飛び出すスパイダーマンが見られるかも
飛び出すスパイダーマンが見られるかも

[映画.com ニュース] 映画「スパイダーマン」シリーズを手がけるソニー・ピクチャーズの共同会長を務めるエイミー・パスカルマイケル・リントンが、米フォーブス誌のインタビューに答え、新作「スパイダーマン4」が3D作品になる可能性を示唆した。

ソニーは3Dアニメ「くもりときどきミートボール(Cloudy With a Chance of Meatballs)」を今秋全米公開するが、3Dは今後のアニメ作品の主流となるか問われると、パスカルは「間違いない。これからは3Dじゃないアニメを見る機会は少なくなるだろうね。ジェフリー・カッツェンバーグは正しかったよ」と語り、リントンは「ドリームワークスの(初の3D)アニメ『モンスターVSエイリアン』を見るまでは、彼(カッツェンバーグ)が何を言っているのか分からなかった。それは素晴らしい経験だったし、遠近法を初めて目の当たりにした感じだった。若手監督たちはこの技術を学ぶ必要があるね」とすっかり魅せられた様子。

そして、実写映画の3D化について、「スパイダーマン4」の3D製作の有無を聞かれると、パスカルは「あり得るね」と答え、リントンは「観客は、割増料金を払って3D映画を見に行っている。これはとても大きな出来事だよ。ロマンチックコメディよりも『スパイダーマン』を見るために、よりお金を払うなんて今まで考えられなかったことだね」と明言は避けながらも期待を持たせるコメントを披露した。

サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン4」は、2011年5月6日の全米公開に向け、現在準備が進められている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. のん×林遣都「私をくいとめて」撮影現場に潜入!大九明子監督が重視した“30歳になるということ”

    1

    のん×林遣都「私をくいとめて」撮影現場に潜入!大九明子監督が重視した“30歳になるということ”

    2020年10月19日 07:00
  2. 「鬼滅の刃」週末3日間で興収46億円&動員342万人の大ヒット! 日本映画史に名を刻むオープニング記録

    2

    「鬼滅の刃」週末3日間で興収46億円&動員342万人の大ヒット! 日本映画史に名を刻むオープニング記録

    2020年10月19日 14:14
  3. iPhone12がハリウッドの現場を「劇的に変える」可能性

    3

    iPhone12がハリウッドの現場を「劇的に変える」可能性

    2020年10月19日 13:00
  4. たったひとりで製作、監督、編集、音楽を担当! 国際アニメ映画祭8冠「Away」12月11日公開

    4

    たったひとりで製作、監督、編集、音楽を担当! 国際アニメ映画祭8冠「Away」12月11日公開

    2020年10月19日 11:00
  5. 【映画.comアクセスランキング】「鬼滅の刃」が圧倒的なアクセス数でV、「スパイの妻」は8位にランクイン

    5

    【映画.comアクセスランキング】「鬼滅の刃」が圧倒的なアクセス数でV、「スパイの妻」は8位にランクイン

    2020年10月19日 14:00

今週