「スラムドッグ$ミリオネア」のインド美女に次期ボンドガールの噂?

2009年3月16日 12:00

「スラムドッグ」出演で 一攫千金ならぬ一攫千“役”
「スラムドッグ」出演で 一攫千金ならぬ一攫千“役”

[映画.com ニュース] 米アカデミー作品賞に輝いた「スラムドッグ$ミリオネア」(4月18日公開)でヒロインを演じた新人女優フリーダ・ピントが、次の「007」シリーズ第23作のスクリーンテストに招かれた、と英サン紙が報じた。

インド・ムンバイを拠点にモデルとして活躍してきた24歳のピントは昨年、女優デビュー作「スラムドッグ$ミリオネア」に出演。同作が米アカデミー賞で8部門、英アカデミー賞で7部門(ピントも助演女優賞ノミネート)、米ゴールデングローブ賞で4部門を制覇したことから、ピント自身も一躍ハリウッドのシンデレラガールに。すでにウッディ・アレン監督がナオミ・ワッツ主演で今夏撮影する新作(タイトル未定)に、彼女の出演も決まっている。

同紙によると、実は「スラムドッグ$ミリオネア」出演前のピントは、「007」シリーズの前作「007/慰めの報酬」のキャスティング期間中に、ボンドガール候補になったこともあるという。

プロデューサーサイドの情報筋は、今回のスクリーンテストが行われた事情を次のように語った。「あの時点での彼女は、秘密諜報員の恋人として役を得るには若すぎた。しかし、彼女は才能を一気に開花させ、ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド役)の腕に抱かれても完璧に見えるほど魅力的な女性になった。ダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』の監督)もたいそうお気に入りのようで、次の監督作にも出すみたいだよ。フリーダが主役を演じられるチャンスはますます増えていくね」

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース