金城武らが続編構想で大盛り上がり!「K-20/怪人二十面相・伝」初日

2008年12月22日 12:00

続編製作は大ヒットした暁に!
続編製作は大ヒットした暁に!

[映画.com ニュース] 劇作家・北村想の小説「怪人二十面相・伝」を映画化したダークヒーロー活劇「K-20/怪人二十面相・伝」が初日を迎え、12月20日、東京・有楽町の日劇2にて、主演の金城武松たか子仲村トオル國村隼本郷奏多佐藤嗣麻子監督による初日舞台挨拶が行われた。

本作は、架空都市・“帝都”を舞台に、怪人二十面相の正体を突き止めようと、サーカス団の軽業師の青年(金城)や名探偵・明智小五郎(仲村)らがタッグを組む痛快アクション超大作。金城の体を張ったアクションはもちろん、『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが手掛けた近未来的、かつノスタルジックな映像も大きな見どころになっている。

怪人二十面相の濡れ衣を着せられてしまう主人公、遠藤平吉を演じた金城は「倒れそうです」と初日まで緊張の極限にいたそうで、「本当に感無量。皆さんの笑顔を見て僕も満足です。僕自身、完成した映画を見ながら、本当に面白いなとずっとニヤニヤしていました」とコメント。そんな金城と共に全国キャンペーンに出かけた佐藤監督は、行く先々で早くも続編を望む声をたくさん聞いたと明かし、これをきっかけに舞台挨拶は続編の構想で登壇者同士が大盛り上がりだった。

「(國村演じる)源治さん夫婦のラブシーンが見たいですね。それに少年探偵団の活躍ももっと見てみたい」と金城。一方、ヒロイン役の松は「続編は新たなヒロインが登場すると思います。私は郵便ポストにでも変身して(金城演じる)平吉さんを見守りたい」とユニークなアイデアを披露。明智小五郎役の仲村も「僕は謎のロボコップ役かな。成長した小林少年でもいい」と上映後の観客なら思わず納得のコメントで観客を沸かせていた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com