新「超人ハルク」にエドワード・ノートン決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月17日 > 新「超人ハルク」にエドワード・ノートン決定!
メニュー

新「超人ハルク」にエドワード・ノートン決定!

2007年4月17日 12:00

スパイダーマン」「ファンタスティック・フォー」の原作者スタン・リーが創作したもう1つのマーベル・コミックの人気作品「インクレディブル・ハルク(原題)」の映画化がマーベル・スタジオから発表され、エドワード・ノートンが緑の超人ハルクに変身する主人公ブルース・バナーを演じることが明らかになった。「トランスポーター」のルイ・レテリエ監督がメガホンを取る。

03年にアン・リー監督が同コミックを映画化した「ハルク」では、エリック・バナ演じるブルースの苦悩に焦点を当てたが、観客・批評家からともに不評で興行的に失敗したことから、新作は前作との関連性を一掃し、アクションをふんだんに盛り込んだ全く新しいものになると伝えられている。撮影は今夏からトロントで開始。08年6月13日の全米公開が予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi