ドリュー・バリモア、ロマコメ映画から卒業を宣言!

2007年2月9日 12:00

オトナになるのよ!
オトナになるのよ!

ヒュー・グラントと共演したロマンティック・コメディ「ラブソングができるまで」(原題:Music and Lyrics)のプロモーション活動中であるドリュー・バリモアが、今作が自身にとって最後のロマコメ作品になると宣言した。「ウェディング・シンガー」「25年目のキス」「50回目のファースト・キス」など数々のロマコメに出演しているドリューだが、女優として評価されるために脱皮が必要と考えているようで、「そろそろ私の違った一面、大人である成熟した部分を見せるべきだと思うの。若い女性ではなく“女性”を演じたいのよ。もうロマコメにはサヨナラすべきだわ」と語っている。「ラブソングができるまで」は、落ち目のポップシンガー(ヒュー・グラント)と観葉植物の世話係(ドリュー・バリモア)が、人気絶頂の歌姫に提供する曲作りに悪戦苦闘するというもの。2月14日に全米公開、日本ではGWに公開の予定だ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース