ベネチア映画祭、金獅子賞はアン・リー監督に

2005年9月13日 12:00

10日、第62回ベネチア国際映画祭の授賞式が開催され、コンペティション部門のグランプリにあたる金獅子賞にアン・リー監督の「Brokeback Mountain」が選ばれた。「Brokeback Mountain」は、「シッピング・ニュース」の原作者E・アニー・プルーの短編小説を映画化したもの。60年代の保守的なアメリカ西部ワイオミングにある牧場で、やがて同性愛の関係にいたる2人のカウボーイの姿を描いた作品だ。主演はヒース・レジャーとジェイク・ギレンホール。リー監督は「大作を2本完成させたので、次は自分が本当に感動できる小規模な作品を撮りたかった」とコメントしている。

ジョージ・クルーニー監督によるモノクロ映画「Good Night, and Good Luck」は男優賞(デビッド・ストラザーン)とオゼッラ賞(脚本賞)を受賞。銀獅子賞(監督賞)は「Les Amants reguliers」のフィリップ・ガレル、女優賞は児童虐待をテーマにした「La Bestia nel Cuore」のジョバンナ・メッツォジョルノがそれぞれ受賞した。

また、「ハウルの動く城」「千と千尋の神隠し」の宮崎駿監督が、これまでの業績をたたえられ、特別功労賞を受賞した。主な結果は以下の通り。

金獅子賞(グランプリ)

「Brokeback Mountain」(アン・リー監督)

銀獅子賞(監督賞)

フィリップ・ガレル監督(「Les Amants Reguliers」)

審査員特別賞

「Mary」(アベル・フェラーラ監督)

オゼッラ賞(脚本賞)

ジョージ・クルーニーグラント・ヘスロフ

(「Good Night, and Good Luck」)

男優賞

デビッド・ストラザーン(「Good Night, and Good Luck」)

女優賞

ジョバンナ・メッツォジョルノ(「La Bestia Nel Cuore」)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース