ギャロ映画出演で、事務所をクビになったクロエ・セビニー

2004年1月6日 12:00

女優のクロエ・セビニーが、ヴィンセント・ギャロ監督の「ブラウン・バニー」に出演したことがきっかけで、所属事務所を追い出されたらしい。クロエは、ハリウッドの大手エージェンシーのウイリアム・モリスに8年前から所属していたが、「ブラウン・バニー」の出演中、エージェントの反対を押し切って、露骨なオーラルセックスを実演してみせたことから、「傷ものになった」として契約を打ち切られたという。しかしクロエ側は、自分の意志で契約を切ったと主張している。現在、彼女はエンデバーという新興エージェンシーに所属している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース