劇場公開日 2022年9月16日

手 : インタビュー

2022年9月16日更新

【ロマンポルノ・ナウ】松居大悟監督×福永朱梨×金子大地「独特の映画体験を味わって」

画像1

松居大悟監督の直近のヒット作「ちょっと思い出しただけ」でうっかり、いや必然的に胸に熱いものがこみあげてきた皆さん、あのふたりの幸せそうな時間、あの部屋のソファやベッドでのひとときに、自身の実体験を重ね合わせて脳内補完した人も多いのではないだろうか。親密な仲になったふたりの愛の瞬間が自然に映画の中にある――「手」はそんな作品だ。

本作は、松居監督が初めて挑んだロマンポルノ。リアルなラブシーン、性描写のある映画、と書くと、とたんに身構えたり、逆に物語の本筋とは別の興味も湧いてしまうのが人間の悲しい性(さが)だが、そういった意識を捨て去り、福永朱梨金子大地という魅力的なキャストがみずみずしく体現した愛の物語を純粋に楽しんでほしい。劇場公開を前に3人に話を聞いた。

画像7

――ロマンポルノという冠がついた作品のオファーを受け、どのような気持ちで臨まれましたか?

松居:相米慎二監督の「ラブホテル」が最初に見た作品で、正直なところ、これまでロマンポルノを意識して見ていませんでした。ロマンポルノについてのそもそもの知識がなく、これまでの自分の作品では、そういった(性的な)シーンを極力省略していたので、逆にやってみたいという意欲が湧きました。

――過去のロマンポルノ作品を見てなにか参考にされることはありましたか?

松居:過去は過去で、今回やるべきはこれまでと違うことだな、と思いました。でも、ロマンポルノってなんでもありなんだな、ということを強く感じましたね。

――実際にラブシーンを物語に組み込まれてのご感想は? 撮影についてもお聞かせください。

松居:恋人同士が、そういった場面で小声の会話を重ねることで関係性を深めていくのはとても自然なこと。その意味ではこれまで自然にやるべきシーンが自然にやれなかったけれど、(ラブシーンを入れることで)人間関係が撮りやすくなった。本当に福永さん、金子君のおかげです。撮影は制作部の女性のスタッフが立ち会って、さまざまなアイディアを出し合いました。

金子:どうやったら、いい表情が映るかとかいろいろと考えましたよね。

画像8

――松居監督が福永さん、金子さんをメインキャストに選んだ決め手は?

松居:本当に感覚的なものです。福永さんはオーディションで芝居を見た後から、頭から離れなくて。この人が演じるさわ子を見てみたい、と思いましたね。筋は通っているんだけど、それが何か自分にはわからない説得力がありました。

金子君は「バイプレイヤーズ」でほんの少しだけ一緒になっていたのですが、以前から別の作品の金子君を見て、とても色気溢れる素敵な役者だなと思っていました。「バイプレイヤーズ」でがっつり一緒にできなかった分、呼ばれているような気がして。ラブシーンの経験もあるし、お声がけしたら引き受けてくださってうれしかったですね。金子君はつかめないのに、ちゃんと悩む。そして遠い人に見えて、めちゃくちゃ近い。そこがいいですね。これからの日本映画を支える俳優だと思います。

画像2
画像3

――おじさんの写真を撮ってはコレクションするのが趣味の会社員さわ子は、これまで付き合ってきた男性も年上ばかり。それなのに、なぜか父親とはうまく話せず、ぎくしゃくとした関係が続いていた。そんな彼女が、同年代の同僚・森との距離が縮まっていくにつれて、次第に心境に変化が訪れる――

――福永さんの演じるさわ子の佇まいが素晴らしかったです。しかし性的なシーンの撮影が必須ということで、オーディションに臨まれる時点でハードルは高かったのではないでしょうか?

福永:オーディションの段階で原作の小説を読んで、とても面白い、この役を自分がやりたいと思ったので、ロマンポルノであるかどうかということには、抵抗はありませんでした。あとは、松居さんの作品が好きだったし、年齢の近い監督とお仕事させていただくことがあまりなかったので、どんなセッションをして作っていくんだろうと、すごく楽しみでした。

画像6

――福永さんとさわ子に共通点はありましたか?

福永:さわ子はおじさんとよく会っていますが、自分も小さいころから年上の方と接したり、仲良くさせていただくことが多くて。自分の知らないことをたくさん知っているから、お話を聞くだけで楽しく、刺激をもらえるから、そういう好奇心と探求心が自分に近いな、と思いました。

松居:オーディションの時に福永さんがその話をしてくれて、その時にめちゃくちゃ目がキラキラ輝いてたんです(笑)。これはさわ子だ!と。

福永:私もさわ子と同じで妹がいて、あまり人に甘えることがないので、年上の人といると安心するっていうこともありますね。

画像9

――金子さんが演じる森は、魅力ある一方で反感も買ってしまいそうなキャラクターですね。役作りが難しかったのではないでしょうか?

金子:そんな余裕がないくらいに撮影の期間が短かったので、実は特に何もしていないんです。でも、これだと決め込んで演じなくてよかったと思います。まず、現場でやってみて生まれることもあるんだなと感じました。

松居:リハーサルやるたびに、森のキャラは変わっていきましたね。そうやって探っていく感じが良かったです。

――監督は森をどのような人物として捉えていましたか?

松居:森のことを良い奴なのか、悪い奴なのか芝居にゆだねられているところがあるなと思い、金子君と一緒に悩めるなと。森というその人の正義が通っているから、そこに目が離せない人物になればいいなと考えていました。

――ラストなど、一部原作とは変わった展開になっています。

松居:さわ子の父へのコンプレックスや、父から手放された手をどこに向けたらいいのか……そこで自分を見つけてくれる人を探す旅、のようなもの。原作を読み込んでいきながら、僕とプロデューサーの結城さんと脚本の舘さんがそれぞれの父親との関係性などを話し合って、映画オリジナルの展開に落とし込んでいった部分はあります。

画像10

――さわ子が泣き笑いのような涙を流すシーンが印象的でした。

松居:僕は、人が悲しくて泣く、っていうのが何かを発散しているようで、物語も含めて気持ちよく見えてしまうのがちょっと嫌なんです。本当に悲しく悔しい時って我慢するものだし、逆に安心したりうれしい時に泣くと思っていて。あのシーンは台本に泣く、とは書いていなくて。セリフが終わったあと、どうなるのか見ていたらああいう風に破顔するような芝居になって。実はその後のシーンもあったのですが編集でカットしまして、ここで終わりたいと思いました。

――さわ子の周りのおじさんたちなど、ほかのキャストもバラエティ豊かな顔ぶれでしたね。

松居:金田明夫さんはロマンポルノへの出演があるのでお願いして、当時の現場のお話も伺えましたね。あとは「バイプレイヤーズ」からも……と考えて、津田寛治さんは面白がってくれると思ってお声がけしました。さわ子の元カレたちは、演劇畑の僕が知る、舞台の面白おじさんたち見本市のようになっています(笑)。

――若い世代に受け入れられやすい作品に仕上がっています。一方でオールドファンにはどう見てほしいですか?

松居:好きに見ていただきたいですが、こんなのロマンポルノじゃない、と言われてしまうとあれなので、お手柔らかにという感じですかね。僕にとっては、(ラブシーン必須という)制約はあるけれど制約がないように見せたかった。そういう自然さを見ていただきたいです。

画像5

――お三方それぞれにとって初めてロマンポルノの枠組みで映画を製作して感じた、ロマンポルノの魅力は?

松居:純粋に芝居が面白い人とやりたいので、お芝居のみでキャスティングできるということは大きかったです。そして、制約さえ守れば、いろんなチャレンジができる企画なのが面白いですし、これまでできなかったラブシーンをリアルに撮れることは映画として純粋で健全な形だなと思います。

あとは、もっと若い人に撮って欲しいという気持ちがあります。もともとロマンポルノの成り立ちが、助監督だった人たちが自分の作品を撮れるようになって、ウワッと勢いが出て……ということですから。

金子:僕は台本を読んで、ロマンポルノというくくりはあるかもしれませんが、ひとつの映画作品だな、と思いました。松居さんとは、待望というか、やっと一緒に仕事ができて、松居さんの作品に仲間入りできたようでうれしかったです。

福永:役について松居さんが一緒に悩んでくれたので、とてもやりやすかったですね。映画は監督がOKを決めて次に進むから、監督が正解を知っているものだと思ってましたけど、相談したら「俺もわからないな」って言ってくれたのが逆に信頼できて。一緒に悩んでもらえる監督ってなかなかいないし、すごく楽しい現場でした。

画像4

――最後に、この作品に興味を持たれている方々にメッセージをお願いします。

松居 ロマンポルノということで敬遠したり、映画館に行くのがちょっと怖いとか思われるかもしれませんが、女性一人でも見られる作品だと思いますし、普通の映画を見るように見てほしいですね。映画体験としても独特の体験ができると思うので、一歩踏み込んで映画館に足を運んでほしいです。

福永:ロマンポルノということで線を引いてしまう方もいらっしゃると思うのですが、そこを飛び越える勇気を持って観て下さったら、本当に自信を持って面白い作品だと言える映画になりました。たくさんの人に、何度もご覧いただきたいなと思います。

金子:松居さんがロマンポルノを撮るということ自体が面白いですし、ロマンポルノがどんな作品かわからなくても純粋に映画「手」を気負わず楽しんでほしいですね。バズってほしいです!

関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「手」の作品トップへ