劇場公開日 2023年1月13日

「素晴らしき作曲家人生!」モリコーネ 映画が恋した音楽家 ノブさんの映画レビュー(感想・評価)

4.2100
44%
45%
9%
2%
0%
採点

5.0素晴らしき作曲家人生!

2023年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

マエストロであるエンニオ・モリコーネの人生を彼自身と著名な監督、音楽家等のインタビュー及び映画のシーンを交えて描いたドキュメンタリー映画。
まず驚かされたのが作曲するのに楽器を用いずに小説を書くかの如く五線譜にペンを走らせるだけという姿。彼の頭の中には音楽が流れてるのでしょうが音楽に関わりのない私には神業に見えました。
セルジオ・レオーネ監督の「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などの西部劇に既存の音楽とは全く異なるアプローチで作曲し、映画音楽に新風を吹き込み、以降次々と新たな試みを行いモリコーネの映画音楽家としての名声を高めていく。アカデミー賞にはノミネートされながらもなかなか獲得できなかったがついに名誉賞をとり、そしてタランティーノの「ヘイトフルエイト」でアカデミー賞作曲賞を受賞。
映像では意外と日本未公開の作品も多かったが、「アンタッチャブル」や「ワンス・アポン・アタイム・イン・アメリカ」の映像など当時が懐かしく思い出され涙が。実際にはいろいろご苦労があったと思うのですが、こうして振り替えると立派な作曲家人生を歩まれたのだなあと思いました。良い奥さんにも恵まれ羨ましく思いました。
個人的に未見の「シシリアン」「ヘイトフルエイト」は映画音楽にも注目してぜひ見てみたいと思いました。

コメントする
ノブ