モンク・イン・ヨーロッパ

劇場公開日:

  • 予告編を見る
モンク・イン・ヨーロッパ

解説

20世紀最高のジャズミュージシャンのひとりに挙げられるアメリカのピアニスト、セロニアス・モンクの円熟期の姿を収めたドキュメンタリー2部作の第2作。1968年のヨーロッパツアーを追い、ロンドン、ストックホルム、コペンハーゲン、ベルリン、マインツ、ロッテルダムでのステージを記録。唯一無二の圧倒的な演奏を繰り広げるモンクと、迫力たっぷりのパフォーマンスでそれに応える実力派ミュージシャンたちの姿など、ステージの熱気を余すところなく伝える。さらに、モンクがホテルでくつろぐ様子や街を歩く姿など、プライベートな姿も映し出す。

1968年製作/59分/アメリカ
原題:Monk in Europe
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)1968 All rights reserved by Michael Blackwood Productions

映画レビュー

4.0The Appendix Film

2021年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

Monk in Europe is the companion piece to the Thelonius documentary Monk. As the former, this film is also only an hour long. If you are not paying double admission, I'd say it is worth a watch. Obviously this film is more of a fish-out-of-water story compared with the artist surrounded by local roots in the other film. An unseen classic, it's gourmet cinema vérité material served as aged wine.

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Dan Knighton

4.0【モンクを想う】

2022年2月3日
iPhoneアプリから投稿

ジャズ好きの友人がいたおかげで、ジャズを聴き齧り始めて、ジャズ好きになったのだけれども、それでも、”ジャズはアメリカ”みたいな偏見はあって、ヨーロッパでもジャズが盛んだと知ったのは、バックパッカーをしていた時だった。

それで、その後、ロンドンに住んでた時には、毎週試験があるのに、週のどこかでソーホーにあるロニー・スコッツに脚繁く通っていた。

ロニー・スコッツはヨーロッパ有数のジャズ・ナイトクラブで、でも、立ち見席は、ワン・ドリンク付きでかなり安い。

ユーロ・ジャズなんていう言い方もあるが、この「モンク・イン・ヨーロッパ」を観ると、ロンドンだけじゃなく、ジャズはいろんな国で愛されてきたんだななんて思ったりする。

映画としては、この「モンク・イン・ヨーロッパ」の方がセロニアス・モンクの演奏を長く聴くことが出来るので少し嬉しいのと、こうしたセッションの時に見せるモンクの特徴を思わせる場面…、自分のピアノ演奏をやめて、他に演奏を促すところなんかはそうらしいんだけれど、そんなところも注目して、僕は楽しめました。

「彼の音楽はたとえて言うならば、どこかから予告もなく現れて、なにかものすごいものをテーブルの上にひょいと置いて、そのまま何も言わずに消えてしまう”謎の男”みたいだった。モンクを主体的に体験することは、ひとつのミステリーを受け入れることだった」

この村上春樹さんの「セロニアス・モンクのいた風景」の文章は、セロニアス・モンク評としては、あまりにも有名なのだけれど、僕なんかには、なかなか難解だ。

でも、また思い直して、ジャズを”読んで”みるのも良いかななんて思った。

その上で、セロニアス・モンクを主体的に聴いてみたら、もう少しジャズの良さを理解できるかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ワンコ

2.0映像資料として

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

クリント・イーストウッド製作のドキュメンタリー『ストレート・ノー・チェイサー』に使われていた映像がいくつもあった。

ジャズ・ファン、モンク・ファン以外の人には、全然面白くないでしょう。

わざわざ映画館で見なくてもいいような作品でした。

まあ貴重な映像資料ということで(僕はジャズもモンクも好きなので、それなりに楽しめましたが)。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
peke
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る