劇場公開日 2021年11月19日

ずっと独身でいるつもり?のレビュー・感想・評価

3.245
14%
44%
29%
8%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全45件中、1~20件目を表示

3.5ふつうにいる、こんな男たち。

ゆうきさん
2022年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

けっこうおもしろかったです。男性の望む女性を演じてしまう女の人たちの気持ちわかるし、どこか女を見下している男の人たちが、相手の女性が根っこでどう思っているのか推測がしようともしない浅はかな感じとかリアルで魅入ってしまいました。

田中みな実さんも上手かったし、松村沙友理さんも存じ上げなかったけれど迫力がありました。結婚がゴールじゃなくてもいいし、何度でもやり直せばいいし、男の人に迎合しようとして自分を情けないと思う気持ちも自分の大切な可愛さだと思います。

最後、がんばれーと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆうき

0.5旧弊なたわごと

津次郎さん
2022年1月20日
PCから投稿

まず第一に男が全員ばかに描かれていてアンフェアです。
その時点でもはやあれだけど80年代みたいな古い話だし都市の独身女の憂鬱ってそんな深刻じゃない。楽しく自由に生きている人たちを、なんかものすごく背負ってるみたいに描かないでほしいなあ。「ボクたちはみんな大人になれなかった」と言いつつ、平和を満喫しながらみんな食べて寝て大人になったわけで。

だいたいにおいて地方で結婚できない独身男のほうがずっと深刻なのであって、東京のお百姓たちの話をさも日本ぜんたいの話のように一般化してほしくない。です。

どこかの難民にこれとかボクたちは~とか見せたらどう思われるのだろうか。どこがなぜ哀しいのかせつめいをしなきゃりかいしてもらえないんじゃないかなあ。
日本が生きやすい国とはまったく思わない。この原作者もじっさいなんらかの理由で夭折している。
でも日本映画っていつだって弁解がましい。だれかになにかを弁解することで同情をさそってくる。かならずかわいそうなんだぞとか被害者なんだぞとかの気配がまとわりつく。

さいきん見たネットニュースでクラクションをならしたところ紫色のアルテッツァにあおられた──というのがあった。
ドライブレコーダーによる動画付で前方を行く紫のアルテッツァが蛇行したり、バックしたり──する。
動画の投稿者の車には妻や子供も同乗しており「恐怖を感じた」などと述べていた。

どうだろう。
あなたはデコカーやベンツやBMWや紫色のアルテッツァにクラクションならしますか?
いっぱんに、いっぱんてきな人は、そういう主張のある車にたいしてクラクションはならさない。ぜったいに。(ぜったいに──を付けても不正確とは言えないほどに。)

ヒグマに出くわしたとき、ヒグマを挑発しますか?
まして家族といたなら、なおさら。
迂回するか、静かに通り過ぎる──しか選択はない。

言いたいことが伝わるかわからないが、世の中には劇場型人間というタイプが存在する。
劇場型人間は紫色のアルテッツァに乗ったDQNよりも厄介な存在。──だと思う。

このニュースの投稿者は、車線を外れただけ紫色のアルテッツァにクラクションをならしている。とほうもない無邪気さ──だが、そこまでなら、たんにそれだけのこと。

劇場型は違う。
みずからあおり運転を誘発して動画におさめそれをツイッターへ投稿。その「撮れ高」に対してニュース案件依頼とアルテッツァのドライバーからリプライがあったらしい。当人からのリプライでさらに恐怖を感じたとのことだったが、公にしなくていいことを公にして注目をあつめる意思と、あくまで被害者の立脚点に特長がある。

わたし/あなたも車を運転する人なら誰でも知っている現象だが、車道には、挑発とまではいかないにしても、じつに微妙な加減/不可解/緩急で苛立たせよう、あおりを誘発しようとしてくるドライバー=劇場型ドライバーというのがいる。

それは未必の故意というより悪意的無邪気によるもので、あいてが引っかかると、じぶんは直ぐさま被害者にまわる→なにしろそれが目的なわけだから。この無邪気・目立ちたがり・被害者──の3要点を揃えるとYouTube世代の劇場型人間ができあがる。

たとえばワンオペという言葉がある。ワンオペとはone operationという和製英語で「1人で切り盛りする」とか「孤軍奮闘する」の意味。もとは飲食店でアルバイトの補填できないときなどに使われる言葉だったがYouTuberが歪曲して使い始めた。
すなわちダンスを披露したり楽器を演奏したり──などの特別な芸をもたないYouTuberが「1でやること」を芸=劇場化にするために使い始めたわけ。

がんらい小店舗やキッチンカー/フードコートや閑散時などは1人でやるのがふつう。また父/母どちらかがいないときの育児も1人でやるのが、人類の創始からしてふつう。ところが、それを芸だと謳ってしまった。(わたしはそれをたいへんなことではない──とは言っていないが、それをたいへんなことだとは今まで人類は言ってこなかった──という話。)

個人的な肌感だが、いまの社会には、なんにせよ、みずから誘因子になっておきながら、(謂わば)みずから路上に大の字になっておきながら、それによって引き起こされた事故を咎める「劇場傾向」「悪意的無邪気」をもった人が多い。(気がしている。)
おそらく前述した投稿者は恐怖なんぞ感じちゃいない。むしろ投稿の案件化に小躍りしたことだろう。

ニュアンスが伝わるかわからないが、劇場型人間のばあい、生産性や合理性がまったくなくても、立場や名分が成り立つ。精神(根性)論好き。承認を食べて生きられる。謂わば「クオリティの低い仕事をしているのに情熱大陸に出ている人」みたいな人。それを劇場型人間と言う。

このスタンスは日本の映画監督にも当て嵌まる。
無邪気。作品よりも自分が目立ちたい。被害者的なポジショニング=自分自身がドラマのなかに居たい気配。

悪例として再三挙げてきた「21世紀の女の子」というオムニバス映画がある。今の日本映画としてシンボリック(象徴的)なので、しつこいほど何度も引き合いにしている。そこに群がった監督は全員が劇場型。クリエイティブでもプロダクティブでもない、自己顕示をスタンスとしている。

21世紀の女の子は、若い女性監督のオムニバス作品。
それ(若い女であること)がイニシアチブなり優位点なり卓異なものである──という摩訶不思議なしのぎが成り立つのはこの星で日本だけである。
とうぜん、若い女(の子)がつくったのだからクオリティに関しては大目に見てね──という趣意をはらんでいることは言うまでもない。
ご存知のとおり日本では「女の子」は、そういう意味=未熟を許容されるべき申し合わせ、として使われる。言っていることが解るだろうか。この国では池田エライザが監督をつとめた映画に酷評で突っ込む人は珍しい。

21世紀の女の子は技量として稚拙であるだけでなく、むしろこの子たちはどうやって昭和を知り得たのかと思える陳套な発想に占められ「昭和アナクロニズムの女の子」とタイトルすべきオムニバス映画だった。これは冗談でも、うまいこと言ったでしょ──でもなんでもない。ほんとに昭和アナクロニズムの女の子が撮ったオムニバス映画だった。

本作の監督はそのなかの1人。いい映画つくってないのに、どんどん出世している。ちなみに21世紀の女の子の中には「教授」に褒められた子もいた。たぶん生涯、むかし教授に褒められた人、だろうなと思う。映画をつくっていても、つくっていなくても。

本作は田中みな実が主人公をつとめたことが謳いになっている。
以前アベマ系のドラマで眼帯したこの人の「狂気の演技」が話題になったことがある。
じぶんは社会派ではないし巷の消化型ドラマにことさらマジになるわけでもないが狂気の演技ならば田中みな実とシャイニングのジャックニコルソンはならべて語ってもだいじょうぶなのかという至極そぼくな疑問をもった。
なにしろ狂気の演技で話題となる前にこの人はぶりっ子とみなされていた。ぶりっ子は古い言葉だが、劇場型人間の原型といえる。

つまり長々前置きして何が言いたいのかというと──この映画「ずっと独身でいるつもり?」は劇場型人間の監督が、劇場型人間の女優田中みな実を使い、劇場型人間「本田まみ」を描いている。ってこと。
その三つ巴の「わたしをみて」感。──に耐える映画だった。

わざと不理解な夫を描いているのは解っているが、徳永えりの夫→子育てしない夫は父親ではない。虐げられる妻を見せつけられるのは不愉快。市川実和子の元彼→ナッツアレルギーを神経質とは言わない。本田まみの彼氏だって、ぜんぜん本田まみの心情を理解していない。実家の父母だって、父に隷属している母──に描かれている。
またパパ活のような下性なシゴトをどうしようもなく吹き寄せられてやらざるをえないというような悲哀譚にしないでほしい。

つまりこの話に出てくる男たちは全員がばかに描かれている。反して女は全員が被害者に描かれている。そうやって男をことさらばかに描いている時点で、この原作も映画もぜんぜん現実見ていません。女が描くフェミ系の作品に、男が全員ゲスに描かれていたら、そりゃフェアじゃない──という話。

言ってること解りますか。海外の映画では、かわいそうなんだぞや被害者なんだぞを主張するためにムリムリに周囲や世間を横暴/障壁/無理解/敵対に描く──をしません。それやってる時点ですでにアウトオブレベル。

都市型の独身女の憂鬱──旧弊な主題(ほんとに古くさい話でした。)を器用でも職人型でもない桐やめに出てくる高校生映画コンクールの前田涼也と同程度の田舎者が撮った消化コンテンツ。
言うまでもないが田中みな実ってことで「女の子」同様=未熟を許容されるべき申し合わせ──の不文律がある。映画と言うより「ノーバンで投げた」とか「手ブラ」とかの表題とおなじ釣り。

海外映画と日本映画のあいだに横たわる腰を抜かすほどの格の差について、いつもどおりの酷評をしたわけだが、よく公人やフォロワー背負ってる人は、ひととおり腐したあとに「酷評は~のためを思って」と場しのぎな保身をするのだが、わたしは日本映画のためなんぞ思ってはいません。思っているわけなかろうが。むしろいっぺん滅んでみたらどうだろう──日本映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

2.0田中みな実を愛でる作品

tik_takさん
2022年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

テーマは時代にもあっていて、女性の生きづらさを
上手く描いていると思います。
主人公のマミは、田中みな実さんのテレビでのキャラを写したようで、きっと田中さんありきの作品だったんだろうなと推測。ただ非常に頑張ってるものの周りの女優さんに食われてしまってる感が出ていた気がします。
それぞれの女性たちがすれ違ったり繋がったり、
メッセージを台詞で言ってしまったり、
なんか映画を見ているというより、テレビドラマを見ているような感覚になってしまうのが、テーマはよいのにがっかりしてしまいました。もっと語らないでも、十分伝わると思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tik_tak

2.020代男性のレビュー

左近さん
2022年1月16日
スマートフォンから投稿

笑える

単純

興奮

結婚、仕事、恋愛、パパ活全て手段。自分がどうしたいか。それに向かって前進できると後悔しない手段をとれば良いと思う。人生の目的、行使する手段をメタ認知して納得できてる事が幸せに繋がると思う。

女性目線の作品のため女性の心理描写はあったが、男性側には無かった。イタい男性側の心理描写も観れたら、さらにイタいかもしれないが男性側、作品の深みが増すと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
左近

4.0ちょっと泣いた

2022年1月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

難しい

幸せ

プライムビデオで見つけ何となく観ましたが面白かったです。
私は既婚一児の母ですが、登場する女性たちそれぞれ共感できる部分がありました。
結婚しようがしまいが人は結局みんな1人なんだと思います。
寂しさや孤独とは死ぬまでのお付き合いですね。
田中みな実さん、色々言われてますが、きれいだし、お芝居もけっこう上手ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆだま

3.0結婚どうこうではなく

のののさん
2022年1月16日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ののの

3.5Amazon primeで見ました。

ぷぅさん
2022年1月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

難しい

2021の作品がもうVODで見られてビックリ。
映画館で見る機会がなく、結構『ラッキー。』
って思いながら見ました。

30代後半の女性向けに、かなり絞った感じですね。
かなり切実にちゃんと作られていて、女性の苦悩(?)も理解出来ました。
でも、もっと自由に、もっと自分勝手に、廻りを気にせずに生きられたら、楽しいお年頃だと思うんですけどね。

まぁ、定年が身近になってきたオジサンには全く響かない作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷぅ

3.5男だけど共感

ペキさん
2022年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

男だけど共感できる部分は多々あった。
結局みんな自分のことが1番可愛くて相手のことは二の次。
付き合っても、結婚しても、家族でも、他人であり、縁はいつ切れるかわからない。
人には頼っても良いが自分の力で生きていく力・心は持っていないといけない。
それを楽しいと思えるかどうか。
女性でも男性でも関係ない。

田中みな実の演技が予想以上に上手かった。
ストーリーはもう一山盛り上がりが欲しいところであった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ペキ

4.5結婚しようが結婚しまいが

やぶさん
2022年1月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やぶ

2.5自分の幸せとは何か?

2022年1月8日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃみる

3.5Amazonプライムで見るならOK

ユウさん
2022年1月7日
スマートフォンから投稿

飛ばしながら観ました。
普通につまらないのですが、田中みな実さんが好きで、田中みな実さんがそもそもこういう感じだから田中みな実さんの映画として観ました笑
田中みな実さんじゃなければ観てません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ユウ

2.5自分の歩幅で歩いて行く

2022年1月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

結婚=しあわせと言う価値観
隣の芝生は青いみたいなところもあって既婚者は独身の自由さを羨んだり、また独身の人は結婚して家庭を持っている人を羨んだり若い娘は勝ち組になりたいと意気込んでいる

皆。闘って生きている

若いうちは闘えるけど何時かは疲れて歩幅も小さくなる

しあわせって何だろう
結婚しているから していないからとか じゃなくて思いやりのある人と出会えるかどうなのかな(誠実な人)最終的にはムリをしなくてもいい人
孤独死は独身でも結婚しても関係ない時代な気がする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しろくろぱんだ

5.0見てよかった 原作も好きだったけど、より女子の地獄が煮詰められてて...

ゆっこさん
2021年12月22日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆっこ

4.0独立

U-3153さん
2021年12月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
U-3153

3.5幸せの形は人それぞれ

2021年12月5日
PCから投稿

原案となった雨宮まみさんのエッセイと、おかざき真里さんの原作テイストをよく汲み取りながら、ふくだ監督らしいフィルムになっていて満足度が高かったです。
女性の視点で、「いかに逞しく幸せを求めて生きていけるか」を描いています。

実のところ、個人的には本作のような男女のジェンダー差で語る文法はあまり好きではないです。
それでも、(男性の身でも)「そういうものだ」「だから我慢して当然」という価値観の押し付けを周りからされ、同調圧力にさらされるのは本当に生きにくく息苦しい。
むしろ多くの日本人にみられる、既成概念にとらわれた醜さと、それに押しつぶされる人々という視点で見れば、「怒りを見事に表現している」と思えました。
正直、すっとする映画ではなく、観終わるとどよ~んとした嫌な気分になるかもしれません。

人によっては、同調圧力の何が悪いのか、それが社会のあり方じゃないか、と考え、映画の内容自体に不満を抱くかもしれません。
もしくは、主人公たちが我がままで、自業自得なんではとさえ思うかもしれません。

ただ私には、主人公の選択はちょっと小気味よかったし、主人公を圧迫した人間たちのようにはならないようにしよう(なりたくない)とも思えました。
幸せの形は、人それぞれだと思うんですよね。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
コージィ日本犬

4.0男の3Cの最後の“C”に吹きました

あささん
2021年12月1日
iPhoneアプリから投稿

現代社会でのサバンナを逞しく生きる全ての女性たちに見てもらいたい良作!!
女であることであらゆる呪縛に無意識に苦しめられている私たち。「もっと自分らしく、自由に生きていいんだよ」とそっと背中を押してくれる優しい作品だ。

独身で生きることに、ふと魔がさして年下男性と結婚を決めるライターの女性
彼氏に振られて老後は女友達で住もうと夢見る女性
意地でも六本木にしがみつき、若さと美しさを六本木の街に捧げる港区女子
結婚して子供を持てば幸せだと信じていたものは幻想だったと嘆く女性

藤井隆演じる人が一番まともなこと言ってて賛同できる。例えば、港区女子を斬りつける鋭いセリフには思わず頷いてしまったり。だけどただ斬りつけるだけでなく最後にはきちんと救いもあるところにも本作の優しさが感じられ、色んな女性の生き方を肯定している良作だった。

ブライダルチェックでのやりとり(不妊は女だけが原因とか未だに思ってるやばい彼氏)とか、結婚したら仕事辞める問題(婚約者のお母さんみたいな昭和から頭が止まってる人いるよね〜)主人公の父親やあやかの夫など、私たちの身近なあるある問題を拾い上げた描写には共感の嵐。

ファッションも可愛くって目の保養になる。
それにしても男の“3C”には吹きました笑

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 5 件)
あさ

3.5多様性

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よっちゃんイカ

3.0ダメな男の詰め合わせ

2021年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

36才独身ライターが彼氏からのプロポーズを
きっかけに自分の生きる道について考える話。

独身女性が主役かと思いきや
主婦もメインキャラクターにいて、
結婚してることが幸せなのかを問う話ではなく、
自分の幸せは自分で決める、
自分が自分らしくたくましく生きる、
という映画でした。

女性は共感するシーンが多いと思いますが、
男の僕が見た場合、
出てくる男が全員クズすぎてしんどかった。笑

彼氏の部屋は男からしたら憧れの部屋でしたが、
一緒に観た女性は、
絶対あんな部屋嫌って言ってました。
こんな男は嫌だの詰め合わせって感じ。
反面教師にさせていただきます!
勉強になりました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マスノブ

2.5闘いは避けるに限る

Bacchusさん
2021年11月28日
Androidアプリから投稿

単純

難しい

幸せ

女性視点で幸せとは何だろう…をみせる群像劇。

10年前に女性の人生に於ける幸せについてを述べた大ヒット作品を書いたライターの女性が、36歳になって歯切れが悪くなる話を軸に、結婚して子育てをする女性や、ひとりを謳歌する女性、ギャラ飲みに終始する26歳の女性等々をみせて行くけれど、人と比べたり、虚栄をはったりする必要はないんじゃないかなと感じる。
アーポンギ女はちょっといただけないけどw

どんな立場でも上を見たらキリがないし、考えて我に返れば孤独だって感じることはありますよ。
依存しなければ生きていけない人もいれば、一人が好きな人もいる。
我慢ゼロな人生などあり得ない。
どこで満足するか何をみているかじゃないですか?

自分は幸せになりたいとか、幸せって何だろうって考えない時間が続いていたら、それは幸せなんだと思う。

ちょっと描いている世代が違うけど、似た様なことを謳っている作品を連続でみた感覚が…w

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus

3.0中尊寺ゆつこの漫画の令和版

2021年11月28日
Androidアプリから投稿

それが一番しっくりくるかと思うが、これを見に来る女子たちにはピンと来ないだろうな。

それにしても、田中みな実って色々な意味で強いね。本質的には男なんだろうな。顔も冷静に見ると目鼻立ちなどはどちらかと言うと男性っぽさを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
藤崎修次
「ずっと独身でいるつもり?」の作品トップへ