劇場公開日 2021年7月23日

  • 予告編を見る

復讐者たちのレビュー・感想・評価

3.351
4%
58%
28%
10%
0%
採点

全51件中、1~20件目を表示

3.5ユダヤ人迫害を扱う映画の多様化

2021年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

ナチス戦犯の孫息子と迫害されたユダヤ人の孫娘が恋に落ちる「ブルーム・オブ・イエスタディ」、ヒトラーユーゲントに所属する少年が自宅にかくまわれていたユダヤ人少女と出会う「ジョジョ・ラビット」、第二次大戦下の東欧でユダヤ人少年が受難の流浪生活を送る「異端の鳥」など、ユダヤ人迫害を題材にした映画の多様化が近年顕著であり、本作もそうした流れをくむ一本だ。

共通するのは、ナチスドイツ=絶対悪の加害者、ユダヤ人=絶対善の被害者という単純化された図式で描くのではなく、善と悪を相対化すること。善き行いをするドイツ人もいれば、悪さをするユダヤ人もいる。個人の内面も単純ではなく、善の部分と悪の部分が混在している。作り手が戦争の体験者たちから子や孫の世代に引き継がれ、ホロコーストの悲劇を客観視しようとする傾向が強まっているのも一因だろう。

さて本作は、敗戦直後のドイツで、ホロコーストにより家族を殺されながらも生き延びたユダヤ人らの過激な一派「ナカム」が、密かにドイツ人を殺して復讐していたという史実に基づくサスペンスドラマだ。戦後にイスラエルで生まれた世代であるドロン・パズとヨアヴ・パズの兄弟監督も、子供の頃は聞かされたことがなかったといい、いわばユダヤ人コミュニティーにとっての黒歴史なのだろう。なお、実在の人物はナカムの首謀者アッバ・コヴナーだけで、主人公マックスを含む他の主要人物は創作されたキャラクターだ。マックスは潜入捜査のような使命を帯びてナカムに仲間入りし、報復のためドイツ人600万人を殺害しようとする極秘計画「プランA」を知ることになるが、彼自身も妻子の命をナチスに奪われた喪失感と憎悪を抱いており、復讐に加担するか阻止するかで激しく葛藤する。開けてはならない袋をマックスが開けたとき、何が起きるのか。終盤の見せ方を含め、ストーリーテリングにセンスを感じさせる力作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

3.5史実の重みは諸刃の剣

よしさん
2022年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェノサイドを生き残ったユダヤ人達が、ドイツ国民に復讐を企てる姿を映す物語。

大戦直後に起こった実話を元にしたお話のようです。
大戦中のホロコーストの映画等は数多く観ることは出来ますが、大戦直後の映画は初めてなので興味深く鑑賞。

実話をもとにした映画は、「結末」をどのようにつくるかが鍵になりますね。鑑賞者はそれを知っているわけですから・・・その意味で言えば、この映画は結末の作り方を失敗しているように感じられます。大規模テロ以外にも、個人的な復讐を絡めて物語を進めれば、結末に対する興味を引きつけることが出来たように感じられます。

着想が面白く、中盤迄は見応えのある作品だっただけに、少し残念に感じました。

評価は普通です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5そりゃあ恨むよ

2022年9月9日
iPhoneアプリから投稿

 ホロコーストを生き延びたユダヤ人の復讐計画、計画に加わった人物に取材して、とあるが、どの程度が事実なのか。この映画のように水の中に毒を混ぜるとか、そんな恐ろしいことまで計画があったんだろうか。実行されずに済んで本当に良かった。
 ただ、実際にホロコーストを生き延びた人からしたら、凄まじい体験をして、恨まない訳は無いし、マックスのように家族が犠牲になった人々も大勢いて、そりゃあ恨みは凄まじいだろう。だからドイツで無差別に人々を殺していいわけではない。実行されずに本当によかった。
 最後のマックスの言葉、いちばんの復讐は自分が幸せになって生きること。そのことに気付く事が出来たマックス、すばらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アンディぴっと

3.5【”幸せな人生を送る事が、”彼ら”に対する復讐である”と、愛する家族をナチスに殺された男は、血を吐くように言った。その男が、”PLAN A"に加担する逡巡する過程を描いた作品。】

NOBUさん
2022年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

幸せ

ー ナチスの残党狩りは、イスラエルのモサドを中心にした作品を数々見て来たが、”PLAN A"については、全く知らず。
  しかも、”PLAN A"とはナチスに加担していなかった、ドイツの一般市民600万人を標的にしたユダヤ人による復讐計画であったことに驚愕する。-

■1945年、敗戦直後のドイツ。
 ユダヤ人のマックス(アウグスト・ディール)は、強制収容所で離ればなれになった妻子がナチスに殺された事実を知る。
 復讐心を煮えたぎらせるマックスは、ナチスの残党をひそかに処刑しているユダヤ旅団の兵士・ミハイルと行動を共にすることに・・。

◆感想

・悪は悪を来すという言葉があるが、今作はまさにそれを実行しようとしたメンバーが懊悩し、計画を実行しようとする姿が描かれている。

・妻子を、ナチスに殺されたマックス(アウグスト・ディール:テレンス・マリックの「名もなき生涯」の抑制した演技で注目した俳優である。)が、今作でも哀しみを抱えた男を好演している。

・彼と心を通わすアンナを、シルヴィア・フークスが同じく抑制した演技で魅せる。

<復讐心は、何も生み出さない。
 マックスが、後半に、血を吐くように言った”幸せな人生を送る事が、”彼ら”に対する復讐である”という言葉が、微かな希望を感じさせる作品である。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
NOBU

3.5Plan A

2022年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスに家族を殺されたユダヤ人のグループが「ドイツ人に」復讐(都市を狙うテロ)を企てたという実話を基にしている。連合軍のユダヤ部隊に救われた主人公マックスは復讐団グループに身を投じることになる。復讐団にも仲間割れ、離脱など軋轢のある中、決行の日は近づく。
果たして計画は成功するのか。最後に原題”Plan A”の意味が鮮やかに示されるのだ。邦題はこの効果を台無しにしてるのだ。

初期のシーンでマックスがつれの老人から「死神を詰めた」革袋を託される。決行の日、マックスがこの革袋を開くシーンが面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
arlecchino

3.5自分の家族を殺されたらどうするか、シンプルな問いかけが胸に刺さる。...

省二さん
2022年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分の家族を殺されたらどうするか、シンプルな問いかけが胸に刺さる。
ユダヤ人によるドイツ人への復讐。
ナチス関係者への復讐はまだ分かるが、無関係の民間人数百万人を無差別に殺害する計画は受け入れがたい。
失敗に終わってよかったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
省二

3.0ホロコーストの復讐

2022年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次世界大戦が終わり、収容所を出たユダヤ人がナチスの将校への復讐を始める。
その中で最も過激な一派はドイツ人に同じ規模の殺戮を実行しようとしていた。
恐ろしい話だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

5.0復讐するは我にあり‼️❓

2022年1月10日
PCから投稿

プランAは完遂された方が、良い世の中が訪れたと思う。
こんな映画が初めて世に出る意義は大きい。
さすれば、原爆の国、アメリカも日本が数百万人復讐するは権利があるとゆうものだ。
どうして、ドイツの罪がナチスのみに押し付けられているのか疑問なんだ。
考え続ける意味はあると思う。
コロナ禍でも考えるべきことは多い。
どうして、日本には交通事故死や自殺が多いのか。
良く考える機会になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
アサシン5

3.5実行されたPLAN-B

2021年10月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ドイツとイスラエルの合作。失敗に至るエピソードは史実に忠実だと思われますが、仲間割れによる裏切りによって、イギリス軍はイギリス統治下のパレスチナからの毒薬持ち込みを阻止したとされています。

更に言うと、その後、残ったメンバーにより、ラングヴァッサー 捕虜収容所の15,000人のドイツ人をパンに塗ったヒ素で毒殺しようとしたPLAN-Bが実行されています。ただし、十分な量を十分な個数に塗る事が出来ずに失敗しています。

ちょっと気になったのは。

WW2戦争中から、組織化されたユダヤ人武装レジスタンスは多数存在していました。ゲットーでの武装蜂起は100回以上に登ったとの記録がありますし、アウシュビッツ・ビルケナウでも起きています。成功例はゼロでしたが、無抵抗で、ただ一方的に殺害されるのを待ったとも取れるやり取りが劇中にはありましたが、これは正しくありません。

とですね。

「歴史の闇に眠ってる」と言えば、戦後、210万人のドイツ人が命を落としたとされる「ドイツ人追放」でしょうよ。コレは、本当に誰も触れようとしないですよね。

映画のラストの問に対する、ヨーロッパの答えは「復讐する。直接関係しなかった者も復讐の対象である」

その結果が、ドイツ人追放の死者数210万人なんだと思う次第。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

3.0ユダヤVSユダヤ

2021年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今年もホロコーストをテーマにした作品が沢山公開されました。
個人的には、今のイスラエルがパレスチナに対してやっていることは、現代のホロコーストじゃないかと疑問に感じているのであまり好んで観ることはないのですが…

今作がこれまでの作品と少し趣が異なるのは、生き延びたユダヤ人たちがホロコーストの復讐計画を実行するというもの。

虐げられてきたユダヤ人たちがナチス残党を狩っていく‥
そのうち過激なグループが「目には目を。600万人には600万人を!」と、ドイツの一般市民への無差別テロへ動き出す。

興味深いのは、ここでユダヤ過激派VSドイツとなるのではなく、ユダヤVSユダヤで物語が進んでいくこと。
イスラエル建国のために、ここで非人道的な行動をして欲しくないユダヤ人グループとの攻防を描いたサスペンスドラマ。

俳優たちの鬼気迫る演技や、緊迫感のあるストーリーは良かったのだけど、丸く収まって良かったね風の終わらせ方にはちょっと違和感も…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
葵蘭シネマ

4.5実は冒頭がとても大事な映画。

ks skyさん
2021年8月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

主人公の男が地獄のアウシュヴィッツ強制収容所から命からがら帰ってきたら、自宅は自分たち家族を密告した隣人に乗っ取られており、開き直ったその家の旦那にぶん殴られて追い返されるという、地獄から戻ったと思ったらまた地獄へ突き落とされるという救いようのない場面からスタート。

ただ、日本人は強制収容所の存在は知っていても解放後に更にユダヤ人がどういう酷い目に遭ったのか知らない人が大半だろう。かく言う自分もそうで、初見ではこのシーンは一体どういうシシュエーションか分からず見終わったあと復讐…じゃない復習して理解出来た。

ストーリーの幹には関係ないが、主人公この隣人に復讐する夢を見ているシーンがある。その時、隣人一家皆殺しではなく、隣人の妻と子どもが外出した間に旦那だけをやっつけるというのは優しさなのかそれとも残酷なのか…そんなことも考えてしまった。実に深い映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ks sky

3.5別角度から見たユダヤ人

2021年8月24日
Androidアプリから投稿

最近ナチスネタ多いが皆被害者的な視点 これは加害者としての立場で物語 実際にこの様な組織が実在したのならどこまで成果をあげてその後罪に問われたのかキニナルが!   ラスト成功したと思ったら想像の中の話らしくがっかりしてマイナス!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆたぼー

3.0もし実行してたら負の歴史がまた一つ。

2021年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

史実だからプランAが実行されないのは予想通り。でもフィクション映画だったら?
考えただけでも恐ろしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あらじん

4.0愛する家族が殺されたら、

ミーノさん
2021年8月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ミーノ

3.0600万には600万を

Yoshi Kさん
2021年8月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

600万には600万を。この言葉を聞いた時に恐ろしさとともに、ユダヤ人の怒りがこれほど強かったのかと感じた。もし同じようなことが日本で起きれば、Plan Aを考える者が居てもおかしくは無いだろう。Plan Aは実行されることはなかったが、今もイスラエルでは戦闘が行われている...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yoshi K

3.5復讐も難しい苦渋

2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿

ナチスのユダヤ人迫害に絡む驚くべき事実はまだまだあると痛感させられたが、まずは収容中に自分の家が他人の手に渡り、たとえ生き残って帰ってきても取り返せないユダヤ人の苦労に唖然とさせられる。さらに下手に復讐などされたらイスラエル建国に動く国際世論に支障が出ると、それも封じられる苦しさ。ただ、映画としては最後の部分の反実仮想など、終盤にかけて、どうしてもパワー不足というか、事実に基づいたフィクションとしての限界があるにせよ、映画としては消化しきれずに終わる感がある。イギリス軍のユダヤ旅団というものについて知れたのも、この映画を見てよかったことである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Boncompagno da Tacaoca

3.5家族が殺されたとしたら?想像してみてくれ。

栗太郎さん
2021年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アウシュヴィッツ・レポートの感想が冷めやらぬうちに、復讐者。
そりゃ、ユダヤというだけの理由で家族を殺され、自分も酷い目にあわされたのなら、復讐を決意する気持ちが湧いてくるのは当然だわな。
でも、復讐は新たな復讐を生むだけ。そのことに気づくかどうか。気づいても、思いとどまれるかどうか。自分が復讐しようとしている相手にも、自分のように子供がいて、その子供が死んでいく姿に平然としていられるのか。
真の復讐とは、なにか。その答えは、見つけることができた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
栗太郎

3.0もしそれが身内だったら、、、自分もやるなぁ。

2021年8月5日
iPhoneアプリから投稿

「幸せに生きる事が最大の復讐」そう思わなければやってらんないだろうなぁ。

ユダヤ人の「ナチ狩り」があったのは知っていたけど大規模な報復計画ついて知りたくて観ました。
成就してたら彼等ナチと同じになってしまうわけで、生き残ったユダヤ人にも色々なレベルの人が居たんだな。
ただ冒頭で投げかけられる言葉は映画館出ても頭にこびりついていた。

構造は最後に最近流行りの虚構、現実入り乱れになるからロストしないように注意。
シルビア フークスカッコ良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
masayasama

3.0負の連鎖は抑制できるのか?

2021年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

実話に基づいているとのことですが、どのあたりが事実なのでしょうね?その辺りの詳しいことは調べても何かを読んだりもしていないのでわかりませんが、ホロコーストの犠牲者たちが復讐のために動くというのはあったでしょうね。理不尽に生活を、愛する人たちを、命奪われ単ですから。手に銃を持っていれば、憎い敵国の誰でもいいから仕返ししたくなるでしょうね。否めません。僕がそこにいたら、同じことをしたかもしれません、いや、するでしょうね。
ですが、、本作のテーマは復讐じゃないんですね、明日、未来をどう作るのか?がテーマってのがミソです。

家族を理不尽に殺されたら、ひどい目に合わされたら、僕はどう思うのだろうか?。本作はずっと問いかけてきます。ホロコーストに限らず争い事の根本ですよね。愛するものを傷つけられたら仕返しするって。当事者同士なら目には眼を歯には歯をはアリだと考える過激な思想をもつ僕です。これまで、現実は知りませんがホロコースト関連の映画やドキュメントを見てきた者としては、これをもたらした奴らに同じ目に合わせたいと思いました。本当に。自分の子供が殺されたなら、虐殺した側の連中の子供を殺し、同じ目気持ちにさせてやりたいとも思いました。・・・過激ですみません。でも、理不尽に命を奪われたら僕は正気でいる自信がありません。

本作は僕のような考えや気持ちを持っている人向けに作られたのではないかな?とさえ思います。主人公はまさに僕だと思いながら見てました。だからこそ、もっともっと説得して欲しかったと思うのです。もっともっとチームに参加している人たちの心情の移ろいを見せてほしかったし、行き着く先の不毛さを描いてほしかったと。僕の考えのスイッチを変えるほどのものを見せてほしかったと思うのです。頭ではわかるのです、報復は次なる報復しか生まないって。自分に起きていなければ、「やめなよ、報復なんて」っていいます。けど、自分に起こったら・・・言えるかな?

もしかしたら、本作に求めすぎなのかもしれませんね。別に、報復抑制映画じゃないですから。
でも、アフター・ホロコーストを描くのであれば、このどうしようも置き場のない気持ち、怒りをどのようにしたのか?を描いてほしかったし、心情も丁寧に描いてほしかったと思うのです。その点が、僕にとっては非常に残念だったと。でも、このような作品が作られる意義は大いにあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バリカタ

4.0復讐者の間でも生じる派閥、憎しみ…

2021年8月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

非常に面白かった!

一時は協力までしていたのに内偵だの尾行だの…

考え方の違いと言っても、内偵する側には民族的に大変デカい目的があり、それが大量殺人に阻まれるとなれば同胞だろうが冗談じゃねぇ!ってなるのでしょうが、どこまで事実かは不明だけど大変興味深い内容でした!

ラストは紛らわしいから別のやつカットした方が良い…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
死亡遊戯
「復讐者たち」の作品トップへ