劇場公開日 2021年3月26日

  • 予告編を見る

「現代の都市生活者という“魂の難民” 眠りの音楽に癒され再生する」SLEEP マックス・リヒターからの招待状 高森 郁哉さんの映画レビュー(感想・評価)

3.911
22%
61%
17%
0%
0%
採点

4.0現代の都市生活者という“魂の難民” 眠りの音楽に癒され再生する

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

幸せ

寝られる

夜の公園で静かに穏やかに音楽が始まる
舞台にはピアノとシンセと小編成の弦楽器とボーカル
交代で休憩をはさみながら8時間にわたり音を紡いでいく
客席に相当するスペースにゆったり並ぶ簡易ベッド
空気を優しく揺らす音の波を浴び聴衆は眠りに落ちる

鍵盤でミニマルな分散和音のリズムを刻むマックスリヒター
聴衆と音楽の関わり方を模索してきた現代音楽家
脳科学者に話を聞き
睡眠時の脳波に適する楽曲を追求した

映像作家の妻ユリアマールとの共同プロジェクト
ハンガリーで生まれ難民を体験したユリア
難民問題に迫ろうとする気持ちを持ち続けていた
なるほどベッドが並ぶ会場は難民や被災者の避難所のよう
騒音のなか時間に追われる都市生活者はいわば魂の難民
癒しと救いを求めSLEEPにやって来る

リヒターの低周波を強調する音作りは胎児の聴覚を意図
聴衆はまどろみのなか母胎にいた記憶を呼び覚ますのか
明るくなった空に最後の一音が溶けて消える
目覚めた人々は生まれ変わった気分を愉しむ

ナタリージョンズ監督は優れた音楽的感性と詩心ある映像で
一夜がかりのSLEEPを手軽に疑似体験させてくれる
観始めて早々に寝落ちしたとしてもそれはきっと正解
リヒターの音楽に心と体が反応したのだから

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉
「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」のレビューを書く 「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」のレビュー一覧へ(全11件)
「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」の作品トップへ