ラモとガベ

劇場公開日

ラモとガベ
14%
43%
43%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「巡礼の約束」「草原の河」のチベット人監督ソンタルジャが、東チベットに伝わる世界最長の英雄叙事詩「ケサル王物語」をモチーフに、若い男女の運命を描いた作品。ラモとガベは婚姻届を出しに行くが、ガベと前妻の離婚がまだ成立していないことが判明する。ラモと結婚するため前妻を探すガベだったが、彼女は既に出家していた。一方、ラモはある大きな秘密を抱えていた。特集上映「映画で見る現代チベット」(2021年3月13日~4月2日/東京・岩波ホール)上映作品。

2019年製作/110分/中国
原題:Lhamo and Skalbe
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0チベットもベトナムのように、女性が暴力を振るわれる危険が?

2021年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本人は悪くないのに、頑張っても抗えない因果か
子供の無邪気な一言で、母親の人生が崩壊する

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
国立大学国際ビジネス研究会

2.5伝わってこなかった

xxminaxxさん
2021年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ソンタルジヤ監督作品
3本目の鑑賞

監督のメッセージが
散りばめられていたはずなのに
伝わってこなかった

チベットといえば
「羊飼いと風船」の様な
山並み、草原、空の景色を
期待してしまうけど
広々とした自然の映像が
少なかったのも残念

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
xxminaxx

3.5男はつらいよ

Imperatorさん
2021年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ペマ・ツェテン、ソンタルジャ、ドゥッカル・ツェラン。この3人が、「チベット映画の三羽烏」だそうである。
ペマ・ツェテンは小説、ソンタルジャは美術、ドゥッカル・ツェランは音楽と、もともと映画とは異なる背景をもつというところも共通しているという。
彼らを語れば「現代チベット映画」を語っていることになるようで、それほどまでに、まだ発展途上なのが、チベット映画界らしい。
兄貴分のペマ・ツェテンの映画に他の2人が参加するなど、ゴダールとトリュフォーの関係のように、チベット版“ヌーヴェルヴァーグ”なのだ。
とはいえ、前の世代がいるわけではなく、彼らが「第一世代」とのことである。
そのうち仲違いするのであろうか?(笑)

この映画を観て、映画「羊飼いと風船」を思い浮かべたので、同じ監督(ペマ・ツェテン)なのかなと思ったら、こちらはソンタルジャ監督作であった。
「女性の妊娠や出家、伝統社会の束縛の中での自立した意思決定」というテーマだけでなく、次第に“秘めた事実”が明らかになってくるというストーリー展開が、2人で似ているのが面白い。
ともに最近の公開作品だから、直接の影響関係はないはずだ。
従来のチベットを題材とした“外国人目線”の映画とは異なり、土着の感覚でチベット世界を描いているので、共通点が出てくるのは当然かもしれない。

本作は、背景を少し知らないと、ピンとこない。
“村一番の美人”である主人公のラモは文盲であり、社会的には下層の人間だ。
彼女の名前は、叙事詩「ケサル大王伝」の中の魔王の妹で、ケサル大王の妻でもある、美しくも残虐なアタク・ラモと同じである。
主人公ラモは、「ケサル大王が、生前犯した悪業ゆえに地獄に落とされたアタク・ラモの魂を救いにくる」劇を演じるよう、村長に命じられるのだが、こんな“悪女”は演じたくないと抗うのである。

一方、ガベというのは、男の標準的な名前であり、何も寓意はないという。
このガベの役回りがつらい(笑)。
何一つ悪くないのに、不運続きなのである。
そして酔っ払ってある事件を起こして、さらなる不幸を招いてしまう・・・。

この映画は、主人公の2人が結婚を約束した仲として交錯しながらも、それぞれのストーリーに関係性が乏しいという点に特徴があると思う。
もうちょっとロマンスがあってもいいはずなのだが、本作では期待できない。
主人公2人の役回りが面白い作品であるが、少しまとまりを欠き、佳作とは言い難い。
それでもチベット映画の独特の世界を体験できる作品である。結末よりは、過程を楽しむ作品かもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全3件)