サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス

劇場公開日:

サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス

解説

自らを土星生まれと語り、フリージャズのカテゴリーに括りきれないアバンギャルドな作品を数多く発表した作曲家サン・ラーが脚本、音楽、主演を務めたSF映画。地球から姿を消した大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーは、音楽を燃料に大宇宙を航行していた。ついに地球と異なる理想の惑星を発見し、地球に戻ったサン・ラーはジャズのソウル・パワーによる同位体瞬間移動を用いて、アメリカにいる黒人のブラザーたちの移送を計画する。しかし、その技術を盗もうとするNASA(アメリカ航空宇宙局)の魔の手が迫っていた。1974年に製作された81分のオリジナル版を2021年に日本初公開。

1974年製作/81分/PG12/アメリカ
原題:Space Is the Place
配給:ビーズインターナショナル
劇場公開日:2021年3月5日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35

(C)A North American Star System Production / Rapid Eye Movies

映画レビュー

1.5そもそもサン・ラー知らんくてググってみたら

2024年2月16日
PCから投稿

寝られる

美味しそうなラーメンいっぱい出てきました。それ酸辣湯麺ね。

フリージャズ界隈では比較的有名?なサン・ラーさんの妄想を映像化した映画、なのでサン・ラーさんを知らない人が観ると悲惨なことになります。
1時間20分ちょっとの映画で、約半分意識がありませんでした。基本映画はなんじゃこりゃとなっても寝ずにしっかり観る派の私としては異例中の異例。
そんだけ興味が持てんかったんですねぇ、申し訳ない。

ストーリーみたいなんはあるんだけど、フリージャズ演奏とアフリカ系アメリカ人の苦悩とお姉さんたちのおっ牌が出てくるなーぐらいの記憶。敵役っぽく出てくる人がこれまたアフリカ系アメリカ人、最後にアフリカンアメリカンだけで新たな星に住もうぜーって言っといておっ牌要員の金髪ヤンキー姐さんまで連れていく謎展開。多分、なんだかんだ言ってサン・ラー氏の好みで決めている気がする。気のせいかな。

途中で演奏に合わせて歌うグラサンのお姉さんがいるんだけど、彼女の歌声はなかなか良い。ようこの演奏でそんなに伸びやかに音程外さんと歌えるなと感心する。

なので、何も知らずにカルト映画の臭いがプンプンするなーと思って観ようとしている皆さん、ちょっと思いとどまった方がよいですよ。
この映画は観る人を選ぶとかいうレベルではなく、京都の置屋の如く一見さんお断りです。まずサン・ラー氏のアルバムを正座して丸々全部聴いて、ついていけそうなら観ましょう。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ハルクマール

0.5謎の黒人ミュージシャン

2024年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
odeonza

0.5単なるサン・ラーのミュージックビデオだ。

2023年10月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

3.0【土星からやって来たという黒人ジャズ作曲家で、思想家でもあったサン・ラーが脚本・音楽・主演を務めた革新的な暗黒SF。白人を徹底的に愚かしく描いたトンでもムービー。】

2022年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

■969年頃に地球から姿を消していた大宇宙議会・銀河間領域の大使、サン・ラーは音楽を燃料に大宇宙を航行し、ついに地球と異なる理想の惑星を発見する。地球に戻り“宇宙雇用機関”を開設した彼は、米国にいる黒人のブラザーたちの移送計画を立てるが…。

◆感想

・サン・ラーの古代エジプト王の様な、風変わりな姿に驚く。

・真面目に、”黒人は宇宙からやってきた・・”という彼の言葉は、当時の黒人蔑視のアメリカへの痛烈な批判にも見える。

<SFオペラ、社会評論の要素を組み合わせ、彼の超人的な(変な人・・。)精神状態を視覚的に表現した作品。滅多に見られぬ、珍品であろう・・。色んな人が居たモノだなあ・・。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス」以外にこんな作品をCheck-inしています。