劇場公開日 2020年12月18日

日本独立のレビュー・感想・評価

3.230
11%
44%
25%
9%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全30件中、1~20件目を表示

4.0新憲法制定をめぐる交渉や攻防のドラマを通じ、真の“独立”とは何かを考えさせる

2020年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

第9条で戦争の放棄を宣言し、世界でも類のない平和憲法と評される日本国憲法が、第二次世界大戦敗戦後の連合軍占領下にあったこの国でどのように作られ、制定に至ったのかを描く。戦後内閣の外務大臣・吉田茂と、彼からGHQとの交渉役に起用された白洲次郎、それぞれの名前に聞き覚えはあっても、2人が新憲法制定にかくも深く関わっていたことを本作で初めて知り、彼らがもしこの難しい交渉に失敗していたら今の憲法は違った内容になっていた可能性もあったのだと思い知らされた。

面長の小林薫は、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でゲイリー・オールドマンに辻一弘が施しアカデミー賞のメイクアップ賞を受賞した特殊メイクと同様に、頬の肉を足して丸顔に寄せ、吉田茂そっくりの容貌になった。浅野忠信が演じた白洲は、日本の敗戦を予測し郊外で農業をしていたなど身の振り方が独特で、彼の生き様や価値観をもっと掘り下げてほしい気もした。

本筋とは直接関係のない、戦争体験記「戦艦大和ノ最期」に対するGHQの検閲と出版差し止めの話を敢えて組み込んだのは、占領下にあり独立していない国の状態がどういうものかを、別の側面から伝えるためだろう。9条をめぐる護憲・改憲の論争や、言論・表現の自由など、今の日本と真の独立について改めて考えるよう諭された気がした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

5.0日本国憲法の制定過程と白州次郎さんの人となりの分かる素晴らしい映画

2021年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

この映画は、日本国憲法の制定過程と白州次郎さんの人となりの分かるとても素晴らしい映画です。歴史に興味のある方にはお薦めします。ありがとうございました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
松村 訓明(まつむら のりあき)

2.5日本は二度負けたのか?

2021年2月14日
Androidアプリから投稿

難しい

戦後から日本国憲法までを描いた作品
淡々と物語が進み、戦後日本の葛藤がよく分かる。
歴史背景が少し分かっていた方がより深みの出るはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダルメシアン07

5.0押し付けかどうか?

村上さん
2021年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

押し付けかどうかといえば押し付けだが、たとえ押し付けでも日本がハッピーになればそれはそれでいい。
押し付けでなくても日本がハッピーにならなければそれはよくない。
問題は内容。
第一条はともかく、第九条はちょっと無理がある。世界に先駆けて理想を語るのはいいが、あまりにも現実を無視していて、無責任な押し付けの感がある。
しかし、ソ連の介入など考えれば当時の状況からして致し方ない面があるのもわからなくもない。
やはり一番問題なのは九十六条(改正)だろうか?
いずれにせよこうした問題を投げかける作品ですね。
専門家とはいえ、旧憲法にコテコテに染まった松本烝治氏に改正案作りは無理でしょう。柄本明さん、名演技でした。
原作もパンフもないのは残念でしたが、須藤孝光氏の本が「これがタネ本では?」というほど本作品の内容に沿っていて興味深いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村上

2.5吉田茂誰だか分からなかった!!

marimamuさん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

終戦から憲法制定、独立までの歴史の舞台裏を、日米両国の視点から描く。吉田茂と白洲次郎が米国との交渉にあたるとあり、白洲次郎さんの人物像に興味があったので鑑賞。結果、白洲さんの登場の必要性すら感じられない薄さ…浅野忠信さんはかっこよかったけど、映画としては全然ダメ。戦艦大和の青年達のシーンや白洲夫婦のシーンなど、全体とのつながりを考えると、これはいるの??なシーンが気になりました。一番びっくりしたのがエンドロールの吉田茂さんのキャストが小林薫さんだったこと。特撮メイク技術に拍手👏👏👏

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
marimamu

3.5明日へ向かって行け

lynx09bさん
2021年2月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

右だーとか、左だーとか言われると、疲れちゃう質ではありますが、日本好きです。
最近は、吉田茂も白洲次郎もドラマになったりしてるので、程々に周知されているのかな。二人を中心に据えての「日本国憲法」を巡る物語ですが、アメリカ側の内情も描かれるので、何かしらの熱く滾るものがより際立ってる気がします。
アメリカ側と言えば、最近のマッカーサーは「ちょっと良い人補正」が掛かってたりしましたが、この作品の彼は良い感じの嫌な感じでした。アメリカ側がテンプレバリバリなのは案外良いアクセントだったかもしれませんね。
定期的にこの手の作品を観て、日本人の何かをムクムクさせたいので、廃れずに作られ続ける事を願って止みません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

4.0真の意味での独立とは…

ks skyさん
2021年1月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

正直、戦後の憲法制定の経緯についてはあまり学校等で詳細を学ぶ機会がなく知識がなかったので初めて聞くことも多く非常にためになった。

世界史の教師が、戦争に負けることこそ真の悪だと言っていたがその意味がわかった気がする。

戦後75年を過ぎたが未だに日本は真の意味で独立していると本当に言えるのだろうか。考えさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ks sky

5.0名優たちの豪華共演

ぱるさん
2021年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

近年の映画は、人気若手アイドルを出演させてファンを呼び寄せるパターンが多いのですが、この映画に出演している方々は名俳優ばかりで、内容で勝負しているな、と思わせます。何より日本の俳優さんも、英語話す部分はきちんと英語話しています(しょーもない映画だと、外国語話している場面も日本語で話して外国人がそれを理解しているというご都合主義場面が出てきますが、本作品ではそのような場面はありません。)英語練習したんでしょうね。
本作品に出てくる戦後直後の内閣は、松本大臣のように気骨がある人いて、この内閣だったらコロナもうまく乗り越えられただろうなあ、と思いながら見ていました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぱる

2.5非常に期待したけど、内容が薄く、しりすぼみ、残念!

2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本が誇る名優が多数出演、題字は往年の歴史大作(八甲田山や二百三高地など)を彷彿とさせる重厚な筆文字、非常にやる気を感じさせるテーマ、いやがおうにも期待が膨らんだのですが、いかんせん、内容が薄い。薄すぎる。しかも尻すぼみ・・・。新型コロナ蔓延の時期なのでやむを得ない、としても、もう少し何とかならなかったのでしょうか?また、日本の名優陣に比較し、外人俳優陣がどいついもこつも軽いし、へぼい。マッカーサーや民生局のホイットニー准将が出てくると、正直白けました。
映画のテーマとしては、いわば「日本のいちばん長い日」の次であり、日本人とって非常に大事な内容で、たくさんの人が観るべきものであると思いますので、(しかし僕が観た日は場内に僕を含め3人でした、平日の夜ですが)、是非、応援したいと思い、応援レビューを書こうと思ったですが・・・ごめんなさい。
僕の好きな小林薫さんは本当に吉田茂に見えました。過去の映画の中でも3本の指に入る、吉田茂でした。石橋蓮司さんの幣原 喜重郎も悪くはないかな、柄本明さんもまずまずでした。一方松重豊さんの近衛文麿、あれははちょっとないかな、浅野忠信さんの白洲次郎も微妙。
もういいや。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
けいちゃん

3.5今の憲法に全く興味のない人におすすめ

2020年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

正直、白洲次郎と吉田茂の描き方とか、近衛文麿とか、重要人物についての説明は雑なので、事前情報がないとよくわからないということが起こるようにも思う。
また、戦艦大和についての部分に関しては、憲法改正とは別のストーリーになるので、これも予備知識がないとちょっと難しい。

しかし、他のレビューでも読んだが、今の憲法がどうやってできたか、平和憲法と言いながら、実は全面的にアメリカの押し付けによるものだったという状況を
映画にしたのは初めて。ということを知って、全く興味がなく知らない人たちに知ってもらうためにはいいのかもしれない。

ただ、今の憲法には色々な矛盾をはらんでいるにせよ、このままでいいと思う人も多くいるということも事実だと思う。
たとえ、押し付けられたもので、独立国としての自衛権が脅かされているという内容であったとしても、
その部分をもやっとさせ、その時々で時流に合わせて都合よく解釈して今に至っていることもあるように思う。

もし、この憲法の内容でなく、日本政府が作成した内容だった場合、その後の朝鮮戦争、ベトナム戦争など、日本は参戦せずにいられたのだろうか。

日本は、外交下手だとよく言われる。この映画の中でもマッカーサーにドイツは45歳だが、日本は12歳だったということを言われている。
でも、現在、社会主義は崩壊し、民主主義の理念だけでは立ちゆかなくなっている状況で、
西洋的な何もかもをクリアにし、自分の権利を主張するということが、最後、正解に結び付かないことも起きるのではないか。
曖昧なままで、突き詰めないという、それを国の憲法とするのは正しくないのかもしれないけど、
押し付けられたものでさえも、それを完全に否定しなかったのは、その憲法の内容に共感できる部分もあるんじゃないかと感じる。

戦争に勝つ、負けるというのは、一時のことで、それで国自体が無くなってしまう訳じゃない。
吉田茂が、とにかく早く成立させて、早く独立に持っていくべきだと言っていたのは、一つの選択肢だったんだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 27 件)
七星 亜李

3.0上映館を増やして欲しい

2020年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

伊藤監督は、かって助監督を務めたこともある、石井輝男監督作品特集のトークショーに出られていて、そこでこの映画の公開を知りました。

憲法草案作成にまつわるGHQとのやり取りを細かく描いていて、現行憲法のあり方を問うているように思います。
マッカーサーが、ドイツは45才、日本は12才、といったと言う。
短期間で、いわば強引に作られた平和憲法を、金科玉条のように崇めているので、本当に良いのか?
多くの人に考えて欲しいです。

ストーリーに変化をもたせようとしているが、散漫なところもあってそこが残念かな。
宮沢りえもそうだし、役者陣は豪華でさすがですね。

にしても、小林薫さん、顔が変わったかのようにそっくりでびっくりした。

ちなみに、石井輝男作品特集の時は、つげ義春原作の「ねじ式」を観たけど、主演が浅野忠信さんなのよね。
こうやって活躍されているのは嬉しいことです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 31 件)
すーさん2 号

4.0バディムービー@憲法制定

2020年12月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

憲法改正担当の国務大臣である松本丞治が懐かしい。昔、NHKのドラマで、津川雅彦が演じていたのが良かった。

タイトルは日本独立とあるが、主に描かれているのは憲法制定のプロセスだ。

占領行政からソ連を排除して日本を影響下に置きたいGHQは、天皇を取り込もうとする。新憲法制定においても外国世論に対抗できる法律構成の下で天皇の地位を維持しようとする。旧体制の象徴である天皇制を維持するためには、戦争放棄条項が必要となる。そんな思惑の下で、自ら草案を創出して日本政府に提示したGHQ。

憲法は国家の骨組みである。いかに占領下にあるとはいえ、日本人による議論を尽くさないまま、短期間で制定すべきではない。そのように考える白州次郎と松本大臣は真っ向からGHQと闘う。国体を賭した戦争だ。

他方、早期独立を果たして、安全保障を米国に委ねることで復興を期す吉田茂は、マッカーサー主導の憲法制定を全面的に支持する。憲法制定が米国との決戦の場では無いということだ。

日本の独立という同じゴールを見つつも、プロセスが異なる二人の主人公。自分の主張を曲げず激しい議論をしたとしても、GHQ相手には協力できるバディ感がいい。

憲法を作るのは言葉だ。言葉は民族をかたちづくる重要な要素でもある。言葉や文章を否定するのは、民族や人格を否定することと同様である。これが理由で、吉田満、小林秀雄、松本大臣らは言葉をめぐってGHQと戦った。

ここで戦わなければ、次は戦場に立つことすらできない。本作ではそのような思いが描かれていたと思う。

自由民主党は自主憲法制定を党是に掲げながら未だ実現していない。当座の目標だった経済成長が、唯一の目標になったためなのか。本作はその理由を、エンタテインメントによって描いてみせた。映画制作には苦労が伴う現況で、このような企画が実現したことに敬意を払いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
おかずはるさめ

2.0チョッと期待外れだったかな・・・

2020年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

上映館少なく、わざわざ観に行ったのですけど、まぁ名優が出ているから何とか鑑賞に堪えられたものの、盛り上がりに欠けるというか、なんというか・・・

これ、主役って白洲次郎なんですよね?吉田茂と難局を乗り切って・・・なーんて場面を想像していたのですけど・・・

何故日本国憲法ができたのか、日米安保条約があるのか、米軍が日本を守っているのか、この辺りは勉強になりました。

米国から押し付けられた憲法、米国の都合のいい憲法は変えるべきですね。もっと国民が改憲に対して興味を持つようになるといいなぁ・・と思いながら、トボトボと帰路につきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
ブロス777

1.5全体的に感情表現が乏しく、敗戦の無念や、押しつけ憲法の悔しさ、アメ...

Yu182さん
2020年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

全体的に感情表現が乏しく、敗戦の無念や、押しつけ憲法の悔しさ、アメリカへの対抗心などが弱々しく伝わってきました。
NHKドラマ「白洲次郎」(伊勢谷友介主演)の大ファンなので、どうしてもそれと比べてしまいました・・・。すみません。
講話演説を日本語でやろう、というシーン、なんであんな軽い感じにしちゃったんだろう。
全体的に弱々しい白洲次郎です。ぜひご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
Yu182

1.0あらゆる意味で中途半端な映画

2020年12月28日
iPhoneアプリから投稿

単純

あらゆる意味で中途半端な映画で、楽しめなかった。よく知られた史実と逸話(GHQダジャレ、ハバナ葉巻など)の羅列で、歴史好きには淡白すぎる。白洲次郎も吉田茂も決め手に欠き、誰の視点で見るか迷う、全員がサブのような脚本。アメリカの占領政策の矛盾と憲法押し付けを訴えているのだとしたら迫力不足。ベアテ・シロタは軽薄なお嬢さん、松本国務相は頑固オヤジにしか見えない。エンディングも、そんな終わり方でいいのかと思う肩すかし。小林薫を吉田茂にした特殊メイクや、憲法調査会での美濃部達吉の場面など、楽しめるディテールがないわけではないが、歴史に詳しい人が見て感動することはまずないだろう。名優を揃えているのに惜しい。

コメントする
共感した! (共感した人 31 件)
Boncompagno da Tacaoca

2.5大学の講義だった

2020年12月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

正しいことだし 大事なことなんだけど

理論ばから並べ立てる 大学教授の講義聞いてるみたいで
退屈だった

必須単位だから 必死で受けただけ のような 映画だった

大切なことなのは分かる
だからこそ 漫画日本の歴史 くらいに エンタメしてもよかった
今時 NHKでさえも こんな かたくつくらないよ

コメントする
共感した! (共感した人 30 件)
よく太る良太

3.0屈辱と引き換えの独立

2020年12月28日
iPhoneアプリから投稿

屈辱と引き換えの独立と言う台詞が凄く印象に残りました。戦争題材で意見は別れると思いますが先人のお陰で今があるのだなと感謝したいです。
浅野忠信さんの演技が良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
しじみの短い感想文

4.0日本人なら観ておくべき作品。

myaa1969さん
2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

憲法改正、日本史上初めての敗戦を味わい、外国の統治を強いられそうな時代にソビエト共産国の脅威が日本のいまを救ったと考える。焼野原にされた国家の再生の危機を救うべく奔走する骨太の政治家たちを描く物語。陣頭指揮取ったマッカーサーが母国議会「同じ敗戦国でも、ドイツは国民として成熟しているが日本は違う、日本は12歳の少年に過ぎない。」の台詞が響く。そうだろうか?今も日本人は欧米人よりも成熟している。壊滅的な戦後75年で世界約200か国のNo3の国家になった事実は否めない。映画は骨太豪華俳優の迫真の演技も光る。日本人なら観ておくべき作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
myaa1969

4.0日本女性の所作の美しさ

2020年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

バリバリガリガリ音を立ててポップコーンを食う観客2人のために序盤は逆に集中しようと疲れかけたが、食い終わるのを辛抱強く待ち、静まってからはぐっと集中できた。

そもそもなんでポップコーンを映画館に持ち込めるのか理解できない。ガキのころから食う音を注意されたことないまま大人になったひとは音を立てて食う。それを無神経と呼んでもいまさら撲滅できるわけないので、さっさと食い物を持ち込み禁止にしてほしい。

私は映画館にひとたび入れば一挙一動足に音を立てないように細心の注意を払っている。

さて、レビュー。

シリアスになりすぎず、ライトとシリアスのバランスが絶妙だった。

白洲次郎という当時の日本では珍しい欧米文化に触れた日本人が主人公であったからかもしれないし、それを演じた浅野忠信のダンディーな感じがハマってキャスティングもすばらしい。メイクでは小林薫を当時の吉田首相に合わせたずんぐりな顔にして違和感ないのもさすがにプロの技。

伊藤俊也監督が高齢だからか、がんばりすぎず、淡々と引いた感じのカットが多いのは客観性があってストーリーも、この手の政治題材にわりにはわかりやすい。あとは、英語の通訳カットが出てくるので通訳に興味あるひとには少したのしめるかもしれない。

宮沢りえや梅宮万紗子演じた、日本家屋でのお茶くみや甲斐甲斐しい旦那のケアや言葉遣い、フェミニズムのお方たちを刺激しそうなことをあえていうけど、あの感じの所作ってほんとに女らしさが出ると思うし、美しさを際立てると思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 32 件)
菜野 灯

4.0ちょっと悲しい気分になった。

ちゆうさん
2020年12月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

マッカーサーが母国上院で日本統治について語るシーンがある。その一節に

同じ敗戦国でも、ドイツは国家として成熟しており、我々アメリカ人と同じ45歳である。が、しかし、日本は違う、日本は12歳の少年に過ぎない。

要するに健康保険証の被保険者がアメリカで被扶養者が日本なのである。
そして、戦後75年たった今も何も変わりはしてないんじゃないかと思うとちょっと悲しい気分になりました。

古来よりこの国は一部の特権階級のみが国政を動かし、その他大勢はただ、ただそれに従っていれば生活が成り立つという自立心に欠ける国ができてしまったのも問題なのだが、もっと問題なのは現代日本はまだ12歳のままかもしれないということである。
菅義偉さんが12歳でないことを祈るしかない(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
ちゆう
「日本独立」の作品トップへ