劇場公開日 2020年10月9日

「却下する」シカゴ7裁判 Bacchusさんの映画レビュー(感想・評価)

3.930
33%
54%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0却下する

Bacchusさん
2020年10月11日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

事件の知識は無い状態で観賞。

1968年にシカゴで開かれた民主党全国大会会場近隣の公園、及び、周辺で行われた大規模なベトナム戦争抗議デモで暴動が発生し、暴動を主導したとして共謀罪で逮捕、起訴された7人の裁判の話。

事件直後お咎めは無かったが、体制の変化により、罪状を無理やり当て嵌められてというストーリーで、裁判とは名ばかりの、有罪にしたてあげる出来レース。
なんて恐ろしい陰謀ストーリーだよ!

当日何が起きていたかを小出しにみせながら、法廷劇を展開して行くけれど、判事もグルでまともに審理にならない胸クソの悪さ。

被告側も7人全員で1組ではないから、そこでの意見のぶつかり合いもあり、見所たっぷり。
クラークの「出した」は痺れたし、色めき立ったんだけどねー。

絶望からの、最後の有無を言わせぬ抵抗も非常に熱くとても面白く興奮した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Bacchus
「シカゴ7裁判」のレビューを書く 「シカゴ7裁判」のレビュー一覧へ(全30件)
「シカゴ7裁判」の作品トップへ