劇場公開日 2020年10月30日

ウルフウォーカーのレビュー・感想・評価

4.041
36%
54%
6%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全41件中、1~20件目を表示

4.0ハッピーエンドのその先の未来

村山章さん
2020年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

2.0吹替声優に難あり

隣組さん
2021年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中世アイルランドの伝説に基づくケルト3部作の3作目。全体的に日本のアニメには劣っている印象だが、物語としては神秘的で面白い。
ただ、吹替版で鑑賞したため子役声優の滑舌が悪く違和感があり面白みが半減。声優の重要さを改めて感じた。
2021-6

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

2.5【037】某ゴミ人間アニメより 綺麗な絵本

2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

2021年 スクリーン25発目

ケルト三部作 ラストの作品

三作目ということもあり 作風にはある程度慣れてきたかな

物語は 言い伝え 地方の説話をベースにしているため     若干子ども向けかなと
某ゴミ人間アニメよりは 絵本的な世界観が良かった

うーむ
あとは 特筆すべきことがない…

ケルト音楽は やっぱりいいですが
かと言って とりわけ ではないからなぁ

はい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
よくふとる良太

5.0中世アイルランドの森にほど近い小さな町の出来事。 幼い娘・ロビンは...

2021年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
りゃんひさ

3.5絵が綺麗

りやのさん
2021年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

イングランドからアイルランドへオオカミ退治にやってきたハンター達。
人間とオオカミが共存するウルフウォーカーというアイルランドの伝説を用いて、ウルフウォーカーのメーヴとハンターの娘ロビンの約束に基づきオオカミを助けるロビン・・・という話。
オオカミをケルト人と見ればイングランドのアイルランド侵攻そのもの。歴史的に考えれば奥深い物語なのかもしれない。
ロビンの声優として新津ちせちゃんが出てたが特に違和感も無く、良かったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
りやの

5.0私も「ウルフウォーカー」になりたい!

2021年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

アイルランドの歴史や神話を元に
独自の世界観を形にする
「カートゥーン・サルーン」の新作

かなり遅くの鑑賞ですが2020年最後に観て良かった!

今年一番かもしれません。
もっと早く観に行っておけば良かったです。

昼間は人間、夜は魂が体を離れ
狼となって
自由に森を駆け回ると言うウルフウォーカー!

女性だからという抑圧に苦しむ主人公のロビンが

ウルフウォーカーに噛まれたことで

自分自身もウルフウォーカーとなり
ウルフウォーカーの少女メーべや狼達と
森を駆け回るシーンの開放感は泣けてきます。

単純な線でありながらダイナミックな動きの狼たちを
母の様に包み込む神秘的な森の描写に心を掴まれて
それを破壊する人間の無残な振る舞いに胸が苦しくなる。

そして、森の破壊は単なる自然破壊だけでなく

イングランドによるアイルランド征服という

歴史的事実が重なり、宗教という名を借りた
土着の文化文明の破壊を容赦なく描いてます。

物語として、
一応の目出度し目出度しと言う決着ですが
史実はもっと過酷であり、
今も続くテロの元凶となっていると思うと
アニメながら、深い深い作品です。

で、月に8回ほど映画館に通う
中途半端な映画好きとしては

いや〜なんと美しく感動的なんだろう〜〜
今もネットで予告編を観てますが
あの女性の美しい声の主題歌が聴こえてくると泣きそう〜

自分もウルフウォーカーになって
一緒にあの森を駆け回りたい!!

犬を飼っていたので、狼の動きが
ああ、
犬族らしくて観ていてワクワクします。

また最後に、主人公ロビンのお父さんにはある解放が訪れます。
女性が解放されることで男性もまた、自己の解放に繋がる。
よくできた作品です。

物語、絵の動き、音楽、全てが最高です。

上映が終わってる所も多いので
もっと早く観に行ってレビューを書けば良かったよ!
観られる方はぜひ劇場で!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
星のナターシャ

4.5ウルフ ‐ランペイジ- ウォーカー

MARさん
2020年12月29日
PCから投稿

興奮

幸せ

17世紀のアイルランドにて、オオカミハンターのお父さんと一緒にイングランドから来た少女ロビンと、ウルフウォーカーであるメーヴを中心に巻き起こる物語。

ウルフウォーカーとは、寝ている間だけ体から魂が抜けだしオオカミになるという、アイルランドの神話らしい。
普段アニメ映画は観ないので鑑賞を迷っていたが、これが素晴らしい作品だった。

初めて観るヨーロッパアニメの絵はとても美しい。自然の中のシーン等々、独特な世界観は雰囲気も抜群。父親とメーヴとの間で悩むロビンの姿はとても印象的だったし、力強くも無邪気なメーヴも可愛かった。
ストーリーはアニメらしくわかりやすいし、それでいて大人でも楽しめるような内容になっているのでとても観易い作品。

メーヴの街中でのシーンは中々トリハダモノだったし、その後の展開は、これでハッピーエンドかぁ~と思った所から寧ろガッツリ盛り上がったし、いつ回収されるかな~と思っていた伏線もしっかり…。

それと、そんなに重要な点ではないかもしれないけど、個人的に恐ろしいと思ったのは寝れない所ですかね。あれちょっとゾッとしました(笑)
また、脇役好きのワタクシとしては、あのおっさんが大きな活躍をしていたら、初の☆5を叩き出していたかもしれない(笑)

アニメ映画はゴジラ3部作以来観ていなかったので、このテのヨーロッパアニメは今後も注目していきたいですね。ホントに、侮れない…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
MAR

4.0鉅神の森

Bacchusさん
2020年12月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

興奮

幸せ

1650年イングランド占領下のアイルランドはキルケニーで、森に住む人間と狼のミックス、ウルフ・ウォーカー&狼達と、森を開拓しようとする人間との話。

城壁に囲まれた街にクラスハンターと、その娘ロビン。
狼狩りな出かける父親の後を追い、森に入ったロビンが、ウルフ・ウォーカーの少女メーヴと出合い巻き起こって行く。

これはアイルランド版ジブリですか?という感じに一昔前のジブリを彷彿とさせる人のエゴと動物か対峙するストーリーに、欧州らしい魔女狩り的要素がちらほらと。

ケルト3部作は知らなかったけど、檻の中と森の中、上げられ下げられ追い詰められてを繰り返す、悲劇と友情と開放の物語がとても面白かった。

吹き替え版があるのかは知らないけれど、もっと大々的に公開されればよいのに…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus

4.5ふたつのきょうせい

ONAKAMAさん
2020年12月26日
iPhoneアプリから投稿

イングランドのアニメは初で、変わった体験ができました。最初はロビンがワガママだなぁと思っていましたが、終盤には守るべきものを見つけ奮戦する姿がカッコ良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ONAKAMA

4.0バランスが良く、子どもにも良さそう

さん
2020年12月17日
iPhoneアプリから投稿

絵や動きもいい。効果音も細かく丁寧。音楽もケルト 音楽好きな私にはとても心地よかった(音楽詳しくないので、ケルト 音楽ではないかも)。

「もののけ姫」みたいな感じです。
人間の営みと、美しい自然や動物たちの営みは、相反するのか?という大きな問題と、主人公の少女が無垢な子どもから、強くたくましく成長する物語

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
山

3.0アート

Yukoさん
2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿

『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』と比べると背景が手描きなタッチに変わってますね。全然違うけど、ジブリのかぐや姫の物語を連想しました。めちゃくちゃ緻密で美しい。でもキャラクターは簡略化されてて衣装も単色。日本人には描けない本当に美しい絵本の世界。私は好き。私は大好き。

でも、、色彩や作画の美しさを喜ぶのは大人だけな気がするんだよね。これは子どもに聞かなきゃわからないけど。小さい子をターゲットにしているなら、本当はもっとシンプルなものが大事なんじゃないかな。
まあ見に行った映画館には30代〜50代の人しかいなかったし、アート作品としては満点なんです。
日本アニメが大好きだけど、他の国の特色のあるアニメも残っていって欲しいし、映画館で公開されて欲しいわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Yuko

4.0美しく印象的な映像で描かれた絵本

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿

自然と人間との衝突。不思議な伝承と魔法の世界。

物語はジブリのもののけ姫のようでもあり、ディズニーのモアナと伝説の海のようでもあり。

親子の対立と愛情。ハラハラドキドキ楽しめました。

子供が見たら心に刻まれて夢の中に繰り返し出てきそうな印象的な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
いんでお

4.0ポストジブリと評されるカートゥーン・サルーンの最新作、「ブレンダン...

白波さん
2020年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ポストジブリと評されるカートゥーン・サルーンの最新作、「ブレンダンとケルズ」「ソングオブザシー」に続くケルト三部作の完結編ですね。
もうとにかく美しい。
絵本がそのまま飛び出したような色彩と、美しいケルト音楽で織りなす世界がとにかく美しいのです。
独特なグラフィックとタッチは奥行きがあり、終始目を奪われていました。
物語は二人の女の子と、その成長を描いた作品。
女の子の目線で描かれている為複雑さは無く、とても真っ直ぐな気持ちで紡がれます。
しかしながらその物語は意外と深く、人間と森とのあり方や女性の開放といったテーマも見られ、大人は観ていて色々考えさせられる部分もあると思います。
その独特な作画もですが、物語を彩るKiLAの楽曲がどれも素晴らしく、とても作品に深みを出していました。
またAURORAの歌う挿入歌も素晴らしいんですね。
楽曲が物語に実にフィットしており、このシーンは忘れられないくらい幻想的でした。
話はテンポも良く最後まであっという間に過ぎ、何とも心温まる作品でした。

また、どうしてもテーマや狼というモチーフから「もののけ姫」を想起させる(監督自身がもののけ姫のような作品にしたいとコメントしてるからしょうがないかと…)部分はありますが、これはトム・ムーアなりのアンサーと見ることもできるのではないでしょうか。

今度は是非とも子どもらと一緒に観てみたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
白波

4.0アイルランドのもののけ姫

2020年12月9日
PCから投稿

アニメだからこその堪能できる世界観、とても良かったです。

追記
後日、AppleTVでも観たが、映画館で観たほうが画面が生きます。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Oyster Boy

5.0いや、驚いた 💕

2020年12月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

古代ケルトの伝承を基にした作品ということに、期待というか興味を持って、観賞。
絵の美しさ、音(sound & music)の美しさに魅了されました。

自分の感情に素直で やんちゃな ロビン。お父さんは、本当にハラハラ落ち着かないよね。心配でたまらない。親の立場としては、それも解るぅ~ と、一緒に ハラハラしてしまった。クレヨンしんちゃん的なヒロイン。

そして、護国卿の行動の動機が、己の私欲ではなく『主の導き』という部分。中学生以上なら、歴史や宗教などの背景を 少し学んで(軽い雑学程度で)観ると、理解が深まると思います。お父さんの心配の大きさも、現代の日本社会での心配とは こういう部分で また違うんだろうと思える。
安心安全の策が《 壁 》というのは、また いろいろ想ってしまいますね。

いや、それにしても。
“ もののけ姫 ” って、和製ウルフウォーカー だったんだ。いろいろ腑に落ちた。🤗♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
どんこ椎茸

4.0アニメーションならではの動き

Momokoさん
2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿

強い線、柔らかい線、色彩、音楽が聞こえてくるような文様、とても楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Momoko

4.5沢山の大人と子供に観て欲しい。

2020年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしい作品に出会いました。
なぜこの作品が多くの劇場で上映されていないのか?が
不思議でなりません。

まずアニメーションとして見事です。素晴らしい。
またその絵の素晴らしさ、そして表現の巧みさ、
色の鮮やかさ、(絵本のよう)、すごいすごいすごいの連続です。
そして、物語は過去の悲しい歴史(イングランドのアイルランド侵攻)を
モチーフにし、多くのテーマを扱っています。

自分自身非常に不勉強なのでそのような事実も知りませんでしたが
さまざまな方のレビューを拝見し(中でもワンコさんのレビューは勉強になりました。ありがとうございました!)背景や当時のアイルランド、イギリスの信仰の
違いを知るにつれ、なんと巧みにストーリーを組み立てているんだ!と感嘆しました。

そして親子の物語が絡んできます。
親が子になす事が果たして子が求めている事なのか?
子の自由を奪っているのは大人なのではないか?
理解している風に見せかけてただ都合よく子供をあやっってるだけでは?

多くのメタファーを含み、アクション物としても、登場人物の友情もの
としても、人間対狼)の物語としてもすごく楽しめます。

テンポも非常によくどんどん物語に引き込まれていきますし、
胸が締め付けられるほど辛くなる場面も多く、また
クラマックスも見事に盛り上がります。
エンターテイメント作品としても非常に水準が高いです。

まぁ観ている間、人間たちが憎くて憎くて仕方なかった。

この作品、1回観ただけでは足りません。
画面の隅々にわたり多くの絵が動いてるんですね。
皿の底まで舐めたくなるような作品でした。

あぁ、上手く書けないなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
バリカタ

4.5ハイレベルなおとぎ噺

克晴さん
2020年11月25日
iPhoneアプリから投稿

本作でまず目に入るのは水彩画のような柔らかい背景でしょう。
その独特の柔らかさは自然や狼を描く際には丁寧に丁寧に反映され、逆にそれを蹂躙する護国卿や兵士はカチコチに四角ばった味気ない姿に描かれます。
ストーリーだけでなく、美術面のこだわりもあってこその分かりやすさでしょうね。

ウルフウォーカーの設定がやや軽いのが気になりましたが、歴史に詳しくなくても見られる(とはいえ知っておくとさらに面白い)おとぎ噺系の名作です。
全体的にはやや子ども向けかな。

あとメーヴとロビンは百合。間違いなく百合。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
克晴

3.5ケルトを堪能?

CBさん
2020年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」に続けて本作品も観た。前作でも同様に感じたが、第一印象は、アニメというより、絵本が動くという印象をもった。(悪い意味ではない。個性という意味で)

また、それがケルトぽいのかは知らないが、"森" を象徴する、水滴のような、というか卵形を基調にしたデザインは、"渦巻く勾玉" とでも言ったらいいのだろうか、重なり合い回転しあう動きと相まって、独特で心地よい印象を与えてくれる。対立する者たちとしての "街" は、三角定規をベースに置いたような直線的デザインで構成されていて、この拮抗はわかりやすい。

ストーリーは、あえて言えば単純。ジブリアニメ 「もののけ姫」 は、同様の拮抗を描くが、レビューにも書いたように、"森(自然)" と "街(人間)" のどちらが正しくてどちらが悪いと言い切れるものではない。それを考えることに、映画の本質的な意味がある。一方、本作は ”神話”。神話は複雑ではいけない。だから、美術や音楽を楽しむように、心を開いて、神話の世界を体験しましょう。

イギリスに滅ぼされた先住民族であるケルトの神話がベースなのだろう。
神話なので、ストーリーは単純で、太古に想いを馳せながら、あれこれ考えずに観る、委ねるスタイルでの鑑賞をお薦めします。

「もののけ姫」のような、う〜む、どちらの立場もわかるなあ、みたいなものを期待してはいけません。あくまで、侵略するものとされるものという対立構造です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
CB

4.0狼。お話の世界ではとても身近な動物なのですが…。これはアイルランドに伝わるお話。

2020年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
もりのいぶき
「ウルフウォーカー」の作品トップへ