劇場公開日 2020年10月30日

  • 予告編を見る

ウルフウォーカーのレビュー・感想・評価

4.048
35%
55%
5%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全48件中、1~20件目を表示

4.0ハッピーエンドのその先の未来

村山章さん
2020年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0洋盤もののけ姫

2021年10月7日
iPhoneアプリから投稿

もののけ姫は少女と獣を分けて描いたわかりやすいアニメだった。がそれはひとえに宮崎駿のサービス精神とわかりやすさを重視する姿勢からだったと思うが、本作は少女と狼が一体となりあたかも現実と精神の分離混在を描き出しているかのような仕立てで🪡一歩進んだ表現だと感じた。技術テクニック的な評価ができるほどアニメに詳しい訳ではないが、精神としてのオオカミが現実の少女から抜け出し、再び戻る様子を描いた表現はとてもよい手法だったと思う。ついでに最後本作感想で入れたい感想は、キリスト教という排他的で独りよがりな宗教が作り出した排除と征服の歴史が可視化されたようでもある本作は新たな時代を迎えつつある今に相応しい。と言えるだろう。故広く視聴を薦めたい◎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

5.0私も「ウルフウォーカー」になりたい!

2021年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」として

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============
アイルランドの歴史や神話を元に
独自の世界観を形にする
「カートゥーン・サルーン」の新作

かなり遅くの鑑賞ですが2020年最後に観て良かった!

今年一番かもしれません。
もっと早く観に行っておけば良かったです。

昼間は人間、夜は魂が体を離れ
狼となって
自由に森を駆け回ると言うウルフウォーカー!

女性だからという抑圧に苦しむ主人公のロビンが

ウルフウォーカーに噛まれたことで

自分自身もウルフウォーカーとなり
ウルフウォーカーの少女メーべや狼達と
森を駆け回るシーンの開放感は泣けてきます。

単純な線でありながらダイナミックな動きの狼たちを
母の様に包み込む神秘的な森の描写に心を掴まれて
それを破壊する人間の無残な振る舞いに胸が苦しくなる。

そして、森の破壊は単なる自然破壊だけでなく

イングランドによるアイルランド征服という

歴史的事実が重なり、宗教という名を借りた
土着の文化文明の破壊を容赦なく描いてます。

物語として、
一応の目出度し目出度しと言う決着ですが
史実はもっと過酷であり、
今も続くテロの元凶となっていると思うと
アニメながら、深い深い作品です。

で、月に8回ほど映画館に通う
中途半端な映画好きとしては

いや〜なんと美しく感動的なんだろう〜〜
今もネットで予告編を観てますが
あの女性の美しい声の主題歌が聴こえてくると泣きそう〜

自分もウルフウォーカーになって
一緒にあの森を駆け回りたい!!

犬を飼っていたので、狼の動きが
ああ、
犬族らしくて観ていてワクワクします。

また最後に、主人公ロビンのお父さんにはある解放が訪れます。
女性が解放されることで男性もまた、自己の解放に繋がる。
よくできた作品です。

物語、絵の動き、音楽、全てが最高です。

上映が終わってる所も多いので
もっと早く観に行ってレビューを書けば良かったよ!
観られる方はぜひ劇場で!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャnova

5.0美しくスケールの大きなイマジネーションを感じる!

ゆめさん
2021年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆめ

3.5初めて観たアイルランドのアニメーション映画

2021年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかく鮮やかな色彩と絵本のようなタッチが印象的。
ケルト音楽も伝説を下敷きにした物語にぴったりで、
独特の余韻が残る作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こーだ@北九州(チームあるあるYY№7)

5.0自然と人間絵画上手く描かれてると感じました。

2021年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

観る前はあまり期待してませんでしたが、とても良い映画。見て損はない、いい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フェイト8@精神障がい持ちです。

4.5君の存在を尊ぶ

atararuiさん
2021年2月20日
Androidアプリから投稿

泣ける

難しい

予告の映像で観た第一印象は流れるでした 狼の動きがなめらか トムとジェリーとかもそんな感じだったけか 線画はかぐや姫の物語に影響されてるんだなるほど 森の中の場面でロビンの姿がセロハンみたいに透けてその下に森の線画が映っているのは意図的?そうならざるを得なかった?どちらだろう
と思っていたら町と森の区別で線の描き方も変えてあると読んだ納得その一端だったのか
町から森のこの場面で確かに空気感が変わり異質さを覚えた顔の色を間違えるはずないかそうか笑
最近の眩しすぎる画質のアニメに多少なんていうのか温もりのようなものを感じることができないなと思う時ある
もちろん良し悪しあるだろうし時代だろうしですけども
そうは言いつつも私、天気の子が 大好きでいいんだよそれで世界のために君が犠牲にならずともって話(個人の解釈)凄く好きであれにも泣いた
で、話を戻しましてこの映画
忘れちゃいけないものを思い起こさせてくれます
謙虚さに思いやり尊さ誰かの犠牲で成り立つ世界は間違っているんだよ皆が幸せでいられたらいいのに
とにかく内容が深いです それぞれが相手を思う優しさとそのひたむきさに涙がツーと流れてました

是非、TVの地上波で放送してもらいたいです

*余談 動物占いで私オオカミなんでちょっと親近感あるんです笑
吹替版でなく井浦新氏の声を聞けなかったのが残念なので
こちらのバージョンでぜひお願いします

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
atararui

4.0好きです。 内容は星三つで映像が美しかったので星四つにしました。 ...

マグーさん
2021年2月2日
PCから投稿

好きです。
内容は星三つで映像が美しかったので星四つにしました。
階段をのぼるシーンなど「おぉ」と思いました。
海外っぽい。
海外作品なんですが。
一度は見てほしい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マグー

4.0構図や色彩に独特の美しさが際立つ一作。ちょっとアイルランドの歴史を調べておくと、さらに楽しめるかも。

yuiさん
2021年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

昨年から、『ロング・ウェイ・ノース』『羅小黒戦記』など、様々な国の良質なアニメーション作品が公開されていますが、本作もまた、なかなか日本のアニメでは目にすることのないような、独特の構図と美しい色彩を特徴としています。

トム・ムーア監督は、これまで「ケルト三部作」として中世アイルランドを舞台とした、長編アニメーション作品を発表しており、本作はその完結編です。

 本作ではウルフウォーカーを、ケルト神話と動物憑依譚を下敷きとした、人間界と自然界の狭間に属するような存在として描かれています。身体が完全に獣と化す狼男とは違って、ウルフウォーカーは魂のみが、眠っている人間の身体と分離して、別の身体として狼となります(ちょっとエクトプラズム的でもある)。

 身体と魂の分離、人間でありつつ狼でもある、といった特徴は、作中で詳細な説明があるわけではないため、ちょっと頭の整理が必要ですが、人間側を代表するロビンと、狼側を代表するメーヴがそれぞれ、表情豊かに演じているため、大筋を追うことは問題ありませんでした。

 ただロビンが街の人々に阻害されている理由、護国卿の存在など、当時のイングランドとアイルランドの歴史的背景を知らないと、ちょっと物語の筋を追い切れなくなってしまう可能性があります。そこでもし時間的に可能であれば、軽く予習しておくと、より一層この物語を楽しめるかも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yui

2.0吹替声優に難あり

隣組さん
2021年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中世アイルランドの伝説に基づくケルト3部作の3作目。全体的に日本のアニメには劣っている印象だが、物語としては神秘的で面白い。
ただ、吹替版で鑑賞したため子役声優の滑舌が悪く違和感があり面白みが半減。声優の重要さを改めて感じた。
2021-6

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

5.0中世アイルランドの森にほど近い小さな町の出来事。 幼い娘・ロビンは...

2021年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
りゃんひさ

3.5絵が綺麗

りあのさん
2021年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

イングランドからアイルランドへオオカミ退治にやってきたハンター達。
人間とオオカミが共存するウルフウォーカーというアイルランドの伝説を用いて、ウルフウォーカーのメーヴとハンターの娘ロビンの約束に基づきオオカミを助けるロビン・・・という話。
オオカミをケルト人と見ればイングランドのアイルランド侵攻そのもの。歴史的に考えれば奥深い物語なのかもしれない。
ロビンの声優として新津ちせちゃんが出てたが特に違和感も無く、良かったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
りあの

5.0私も「ウルフウォーカー」になりたい!

2021年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

アイルランドの歴史や神話を元に
独自の世界観を形にする
「カートゥーン・サルーン」の新作

かなり遅くの鑑賞ですが2020年最後に観て良かった!

今年一番かもしれません。
もっと早く観に行っておけば良かったです。

昼間は人間、夜は魂が体を離れ
狼となって
自由に森を駆け回ると言うウルフウォーカー!

女性だからという抑圧に苦しむ主人公のロビンが

ウルフウォーカーに噛まれたことで

自分自身もウルフウォーカーとなり
ウルフウォーカーの少女メーべや狼達と
森を駆け回るシーンの開放感は泣けてきます。

単純な線でありながらダイナミックな動きの狼たちを
母の様に包み込む神秘的な森の描写に心を掴まれて
それを破壊する人間の無残な振る舞いに胸が苦しくなる。

そして、森の破壊は単なる自然破壊だけでなく

イングランドによるアイルランド征服という

歴史的事実が重なり、宗教という名を借りた
土着の文化文明の破壊を容赦なく描いてます。

物語として、
一応の目出度し目出度しと言う決着ですが
史実はもっと過酷であり、
今も続くテロの元凶となっていると思うと
アニメながら、深い深い作品です。

で、月に8回ほど映画館に通う
中途半端な映画好きとしては

いや〜なんと美しく感動的なんだろう〜〜
今もネットで予告編を観てますが
あの女性の美しい声の主題歌が聴こえてくると泣きそう〜

自分もウルフウォーカーになって
一緒にあの森を駆け回りたい!!

犬を飼っていたので、狼の動きが
ああ、
犬族らしくて観ていてワクワクします。

また最後に、主人公ロビンのお父さんにはある解放が訪れます。
女性が解放されることで男性もまた、自己の解放に繋がる。
よくできた作品です。

物語、絵の動き、音楽、全てが最高です。

上映が終わってる所も多いので
もっと早く観に行ってレビューを書けば良かったよ!
観られる方はぜひ劇場で!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
星のナターシャ

4.5ウルフ ‐ランペイジ- ウォーカー

MARさん
2020年12月29日
PCから投稿

興奮

幸せ

17世紀のアイルランドにて、オオカミハンターのお父さんと一緒にイングランドから来た少女ロビンと、ウルフウォーカーであるメーヴを中心に巻き起こる物語。

ウルフウォーカーとは、寝ている間だけ体から魂が抜けだしオオカミになるという、アイルランドの神話らしい。
普段アニメ映画は観ないので鑑賞を迷っていたが、これが素晴らしい作品だった。

初めて観るヨーロッパアニメの絵はとても美しい。自然の中のシーン等々、独特な世界観は雰囲気も抜群。父親とメーヴとの間で悩むロビンの姿はとても印象的だったし、力強くも無邪気なメーヴも可愛かった。
ストーリーはアニメらしくわかりやすいし、それでいて大人でも楽しめるような内容になっているのでとても観易い作品。

メーヴの街中でのシーンは中々トリハダモノだったし、その後の展開は、これでハッピーエンドかぁ~と思った所から寧ろガッツリ盛り上がったし、いつ回収されるかな~と思っていた伏線もしっかり…。

それと、そんなに重要な点ではないかもしれないけど、個人的に恐ろしいと思ったのは寝れない所ですかね。あれちょっとゾッとしました(笑)
また、脇役好きのワタクシとしては、あのおっさんが大きな活躍をしていたら、初の☆5を叩き出していたかもしれない(笑)

アニメ映画はゴジラ3部作以来観ていなかったので、このテのヨーロッパアニメは今後も注目していきたいですね。ホントに、侮れない…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
MAR

4.0鉅神の森

Bacchusさん
2020年12月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

興奮

幸せ

1650年イングランド占領下のアイルランドはキルケニーで、森に住む人間と狼のミックス、ウルフ・ウォーカー&狼達と、森を開拓しようとする人間との話。

城壁に囲まれた街にクラスハンターと、その娘ロビン。
狼狩りな出かける父親の後を追い、森に入ったロビンが、ウルフ・ウォーカーの少女メーヴと出合い巻き起こって行く。

これはアイルランド版ジブリですか?という感じに一昔前のジブリを彷彿とさせる人のエゴと動物か対峙するストーリーに、欧州らしい魔女狩り的要素がちらほらと。

ケルト3部作は知らなかったけど、檻の中と森の中、上げられ下げられ追い詰められてを繰り返す、悲劇と友情と開放の物語がとても面白かった。

吹き替え版があるのかは知らないけれど、もっと大々的に公開されればよいのに…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus

4.5ふたつのきょうせい

2020年12月26日
iPhoneアプリから投稿

イングランドのアニメは初で、変わった体験ができました。最初はロビンがワガママだなぁと思っていましたが、終盤には守るべきものを見つけ奮戦する姿がカッコ良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ブレミン

4.0バランスが良く、子どもにも良さそう

さんさん
2020年12月17日
iPhoneアプリから投稿

絵や動きもいい。効果音も細かく丁寧。音楽もケルト 音楽好きな私にはとても心地よかった(音楽詳しくないので、ケルト 音楽ではないかも)。

「もののけ姫」みたいな感じです。
人間の営みと、美しい自然や動物たちの営みは、相反するのか?という大きな問題と、主人公の少女が無垢な子どもから、強くたくましく成長する物語

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
さん

3.0アート

Yukoさん
2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿

『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』と比べると背景が手描きなタッチに変わってますね。全然違うけど、ジブリのかぐや姫の物語を連想しました。めちゃくちゃ緻密で美しい。でもキャラクターは簡略化されてて衣装も単色。日本人には描けない本当に美しい絵本の世界。私は好き。私は大好き。

でも、、色彩や作画の美しさを喜ぶのは大人だけな気がするんだよね。これは子どもに聞かなきゃわからないけど。小さい子をターゲットにしているなら、本当はもっとシンプルなものが大事なんじゃないかな。
まあ見に行った映画館には30代〜50代の人しかいなかったし、アート作品としては満点なんです。
日本アニメが大好きだけど、他の国の特色のあるアニメも残っていって欲しいし、映画館で公開されて欲しいわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Yuko

4.0美しく印象的な映像で描かれた絵本

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿

自然と人間との衝突。不思議な伝承と魔法の世界。

物語はジブリのもののけ姫のようでもあり、ディズニーのモアナと伝説の海のようでもあり。

親子の対立と愛情。ハラハラドキドキ楽しめました。

子供が見たら心に刻まれて夢の中に繰り返し出てきそうな印象的な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
いんでお

4.0ポストジブリと評されるカートゥーン・サルーンの最新作、「ブレンダン...

白波さん
2020年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ポストジブリと評されるカートゥーン・サルーンの最新作、「ブレンダンとケルズ」「ソングオブザシー」に続くケルト三部作の完結編ですね。
もうとにかく美しい。
絵本がそのまま飛び出したような色彩と、美しいケルト音楽で織りなす世界がとにかく美しいのです。
独特なグラフィックとタッチは奥行きがあり、終始目を奪われていました。
物語は二人の女の子と、その成長を描いた作品。
女の子の目線で描かれている為複雑さは無く、とても真っ直ぐな気持ちで紡がれます。
しかしながらその物語は意外と深く、人間と森とのあり方や女性の開放といったテーマも見られ、大人は観ていて色々考えさせられる部分もあると思います。
その独特な作画もですが、物語を彩るKiLAの楽曲がどれも素晴らしく、とても作品に深みを出していました。
またAURORAの歌う挿入歌も素晴らしいんですね。
楽曲が物語に実にフィットしており、このシーンは忘れられないくらい幻想的でした。
話はテンポも良く最後まであっという間に過ぎ、何とも心温まる作品でした。

また、どうしてもテーマや狼というモチーフから「もののけ姫」を想起させる(監督自身がもののけ姫のような作品にしたいとコメントしてるからしょうがないかと…)部分はありますが、これはトム・ムーアなりのアンサーと見ることもできるのではないでしょうか。

今度は是非とも子どもらと一緒に観てみたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
白波
「ウルフウォーカー」の作品トップへ