劇場公開日 2021年6月25日

いとみちのレビュー・感想・評価

3.881
26%
58%
12%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全81件中、1~20件目を表示

4.0日本の青春の映画のクラシックになりそうな逸品。

村山章さん
2021年7月27日
PCから投稿

何者でもない女子高校生の青春を描いた素晴らしい映画。横浜聡子監督というと、もうどんな頭の構造をしているのかと驚くようなぶっ飛んだ表現が強烈だったが、この作品ではそういう側面を前に押し出したりはせず、ひと夏の小さな心の揺れを、丁寧に、丹念に映し出していく。

ポスターを見る限り、ずいぶんとはしゃいだノリの映画だと思われそうだが、いい意味で地味で抑制されていて、正直、ポスターの印象とは全然違う。むしろ文芸作のようなイメージで打ち出した方がよかったと思うのに、映画を観てしまうと、このポスターもまたアリなのではという気がしてくるから困る。

いずれにせよ、一級の青春映画として、後々まで語り継がれるクラシックになるのではないか。いい映画は大概そうだが、出てくる役者が片っ端からみんないい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0ヒロインの健気な成長を捉える”まなざし”が素晴らしい

2021年6月30日
PCから投稿

三味線を抱えた女子高生がメイドカフェでバイトする。それはそれで惹きのあるビジュアルであるものの、本作はそれにも増して、内面へ注がれた魅了的なまなざしを持つ。冒頭の教室での一場面から、ユーモアをにじませた温かなタッチが観客を引き寄せ、自分の思いを言葉にすることが苦手なヒロインが学校から自宅へ移動を続ける、たったそれだけの動線の中にも、瑞々しい感性が星屑のごとく散りばめられている。「自分には何も取り柄がない」とはこの年頃なら誰もが持つ悩みだが、そういった思いに固執せず、環境に刺激を受けてヴィヴィッドに変わっていけるのも思春期ならでは。昨日の自分にさよならと手を振るみたいに、日々、一歩一歩、前に進んでいく成長ぶりがなんとも胸を打つ。決して技巧に走らずナチュラルに紡いでいく演出ぶり、さすがにうまい。あと、主人公の純朴な魅力もさることながら、豊川悦司の飄々とした父親っぷりも実に見応えたっぷりである。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

3.0青森愛が強い(過ぎたかな?)

SkyLockさん
2021年11月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

原作ありの映画化、
の難しさを、知った作品でした。
監督、脚本家が、どのように咀嚼、昇華させるか?
それとも、忠実に原作をなぞるのか?
今作品は、舞台である青森への半端ない思いが
2時間の映画には、収まらなかった感がありました。
原作を読んでいれば、ストーリーがわかるが、
未読なわたしには、展開が突飛すぎます。

相馬いと役の駒井蓮さんの好演
西川洋子さんの、なんと自然なおばあちゃん
横浜聡子さんの思いが、画面(カメラ)に乗り移った。
素晴らしい映像です。

青森のアーカイブ映像です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SkyLock

4.0青森、リンゴ、五能線!

むこしさん
2021年10月24日
iPhoneアプリから投稿

昨年から数回訪れた青森、ねぶたや津軽三味線に惹かれていたから今年絶対観たい映画!やっと長野で上映、気合入れて鑑賞しました。
津軽弁の台詞に集中しつつ田舎のゆったり感と景色、何より高校生のいとの成長に感慨深く、見所満載の映画でした。おまけに鑑賞後に横浜聡子監督のオンライン舞台挨拶もとても楽しかったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
むこし

5.0青春

m aさん
2021年10月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

泣いて笑えて、とても心を揺さぶられる作品でした。 個人的にりんご娘のみなさんも大好きなのでとても嬉しかったです。
原作は知らず、予告だけ見て行ったのですが、素晴らしい作品だと思いました。 劇場で見ることが出来て良かったです!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
m a

3.5化粧って個性を消して理想の顔に似せることなんだ

nakajiさん
2021年9月28日
Androidアプリから投稿

ちょっといい話を綺麗にまとめてあります
インディーズとは思えないほど完成されている
さすが、アジアン映画祭グランプリ作品

ただ、いとみちの由来が映像では伝わらなかったので調べました
三味線を弾く時に爪にできる溝を糸道(いとみち)というそうです
あのシーンの意味がやっとわかりました

鬼才と言われているが、うまい監督ですね
文句のつけようがない
ちゃんと地域のPRもしているしね

この手の映画は、若手俳優を売り出すのにもってこいの作品なんだけど、駒井蓮を売り出すのはちょっと早いか、それだけの素材かは微妙ですね
役者は個性だから、
化ける可能性は無いとはいえないけど
現状はよく出来たインディーズ作品にとどまります

主演の駒井蓮はスッピンだと美少年のようです
手足もスラッと長いし、とても好感がもてます
高校の制服は、こういうモデル体型には似合わないなって気づいた
こういう着こなしになる女の子はプロポーションがいいんだってわかりました

メイドの時はスッピンで、三味線ライブで初めて化粧をしているんですが、よくいるメイドさん顔になっていた
同じ女の子とは思えなかった
化粧って個性を消して理想の顔に似せることなんだとつくづく思う
典型が韓国メイクだよね

そしてこの作品の意外な特徴
みんな背が高い
駒井蓮も横田真悠も168cm
160cmの黒川芽以が見上げて話していた
まぁ2人とも可愛い顔してデカいんだから
だから男連中も彼女達に合わせたんでしょうか
豊川悦司、古坂大魔王186cm、中島歩183cm

実物よりセットを小さくして経費節減をするために昔の俳優は小さかったって聞いたことがあるけど
今はみんな大きいわ
昭和のチビには本当に羨ましい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nakaji

4.5駒井蓮と父親の生き方が良い

haitanioさん
2021年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

豊川悦司の見守り方が良い

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
haitanio

3.5女子高校生とメイド喫茶、津軽三味線の三題噺

2021年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

1 内気な女子高生の家族との日常やアルバイト先での出来事を通じて成長していくさまを描いた青春ストーリ

2 主人公は、小さいときに母がなくなり、青森の母方の祖母に育てられた。そのため、土着の年寄り並に津軽弁がキツイ。また、津軽三味線の奏者として鍛えられた。学校では友人がおらず、家では亡き母のことを想い寂しさを覚える日々。ある日、三味線の稽古をさぼり、胴体の手入れミスから音が歪み祖母から厳しいお小言。そんな彼女が三味線の修理代稼ぎなどからメイド喫茶で接客アルバイトに入る。言葉づかいなどで苦労するが、店長や同僚のフォローにより彼女にとって大事な居場所となる。喫茶店が存続危機に陥ったとき、彼女は三味線ライブを思い立つ。

3 主人公と父親との親子関係は、とても淡白。母親の死後、娘を長らく祖母に預けたままにしていたのだろう。そして、その後同居したが、主人公と心の距離は縮まらなかった。その後、娘のバイトを巡り、互いに背を向けあうが、喫茶店で真正面から向き合うことでわだかまりが氷解し、ようやく心が通い合う。コ−ヒ−を飲みアップルパイを食べる。言葉はなくともとても良いシ-ンとなった。三味線のライブ演奏やラストの山登りのシーンでは、主人公の顔付きや表情が様変わりしており、内面の成長が見て取れた。

4 横浜監督は、女子高校生とメイド喫茶、津軽三味線という三題噺みたいなリアリティに乏しい設定の中で、親子が関係を見つめ直し、人間的に成長する様を真面目に描いたと思った。
また、配給会社はロ-カルな話をよくぞ全国配給した。とはいえ、主人公や祖母などの津軽弁の会話は、理解できないことが多く、字幕での表示があればと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ショコワイ

4.0東北方言話者の素朴さとプライド。

2021年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映像はとても地味で素朴です。リアルな青森を感じました。いとの真なる情熱が素朴な言動と華やかな方言で伝わってきて、青春を直視した時の胸の鼓動を覚えました。しかしそれは表面的なテーマであって、もしかして主題は意外と母の死でしょうか?
1人の女性の死の悲しみが癒えぬままそれがジンジンと響くような10年を過ごす家族の強さにも似た痛ましさ。どこに行き、どうあってもそれと向き合わなければならない苦しさですね。しみじみとした痛い悲しみが心に響きました。
主演の子はとても魅力的で、他の方も素晴らしかったです。色気を出さずにしっかりと作られていると感じました。地元おこしのよくある地方映画ではなくとても楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rewind That

4.0【”けっぱれ!じょっぱり津軽三味線娘!” 引っ込み思案な少女の心の成長物語であり、懐かしき津軽弁全開の、画期的フュージョン映画でもある。】

NOBUさん
2021年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

楽しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
NOBU

5.0コピーで良いんだ

HammondJ3さん
2021年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画のリズムが、個人的にとにかくツボです。
クスっと笑えるポイントが散りばめられていたり、津軽地方の風景がバックで映えたりと、沖田修也監督の作品を観ている感覚でした。主人公の家庭といい、メイド喫茶の職場の人間関係といい、独特な居心地良さが感じられます。

観てから1日経って、この作品のテーマが分かってきたのですが、文化でも芸術でもコピーすること自体は、全く恥ることでもなんでもなく、そこから新しいことが生まれて、継がれていくものもあるのだな、と気が付かされました。
メイド喫茶のオーナーが「オリジナルなんてない、全部コピーだ(うろ覚え)」と豪語していましたが、あれは否定ではなくて何かを始めようとする人へのエールとも聞き取れます。

この映画の中では、2つの事象についてコピーがされていて、1つが「メイド」という文化、もう1つが津軽三味線という文化でした。
「メイド」の文化は、東京からやってきて青森という地で根付こうとしているところ、そして津軽三味線は、青森という地で脈々と、見て聞いて(耳コピ)継がれてきた文化。
その対比も面白いのですが、どちらとも(映画の中では)途絶えそうな危機を向かえる中で、また新しい魅力の発信へと昇華していく流れが、奥深いテーマなのでは、と勝手に読み取りました。

たまたま観賞した翌日に、企画展で俵屋宗達と尾形光琳の両者の描いた「風神雷神図屏風」という作品について知る機会がありました。
オリジナルは、俵屋宗達なのですが、尾形光琳は宗達の作品を上からなぞる(それこそコピーする)ことで、そこに色使いなどの光琳独自のエッセンスを加えていき、
宗達の技術を真似ながら自身のオリジナリティを加えることで、琳派が誕生したそうです。

そんなことに気が付けたこともあり、この作品すごいんじゃないかと思っています。

あと、メイド服が最初はただの制服だったのが、映画の終盤ではユニフォーム(スポーツ選手のそれ)に見えて、非常にカッコよく見えるのも印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HammondJ3

4.0演出、脚本、主演の子三拍子揃って良かった。一番最後の山の上からと、...

おれさん
2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿

演出、脚本、主演の子三拍子揃って良かった。一番最後の山の上からと、それを受ける下の主人公のシーンは客観的に自分を捉えられて、成長した姿を表しているようで、良いシーンだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おれ

4.5津軽訛りの引っ込み思案な女子高校生「いと」。自分で見つけた居場所(メイド喫茶)を守ろうと、祖母譲りの三味線を弾いて奮闘します。

2021年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
もりのいぶき

5.0「安易に量産されるご当地映画を吹っ飛ばす傑作」

2021年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

青森を舞台にした人見知り女子高生とメイドカフェの物語と甘く見ると驚くほど丹念に撮られた演出と主演から傍役までの生き生きとした姿を青森の風景を元に収めた映画で地域に生きた傑作。

主演の駒井蓮は長身痩躯系の女性だが、劇中で放つ津軽弁の心地よい可愛らしさに心を掴まれ、ジャガイモの皮を剥く姿やネギを刻む佇まいに魅了される。
家に帰るなり部屋で靴下を無造作に脱ぎ裸足になる姿なども地に足の付いた性格を感じさせる。(劇中では家にいる場面やラストの三味線場面でも裸足である事で素の自分を出せる演出?)

いとの家族の姿も的確に描かれていて、父親役の豊川悦司の変わらない存在感も良いが何と言っても祖母役の西川洋子がとてもいい。優しさとユーモアを自然体で表現して3人のやりとりに和む。経歴を見ると青森では有名な三味線奏者の弟子で奏演者としても一流らしい。
メイド喫茶のメンバーや優等生の友人と出番は少ないが母親達なども皆好演している。(個人的には優等生役のジョナゴールドのちょっと個性的な佇まいと硬質な演技や表情が変わる様が良かった)

監督脚本の横浜聡子は、的確な演出と構造で物語をまとめており、適当なユーモアも含めて心地よい作品に仕上げてあり過去の作品も機会が有れば見てみたい。

撮影はベテラン柳島克己が担当して風光明媚な青森市の風景と狭い部屋での凝った撮影などしていて何気ないところも随所にキレのあるカット収めていて見応えがある。

地方映画として、個人的に良かったのは、冒頭にいととすれ違うリンゴ農家の農薬散布車や祖母がおやつ代わり渡す青森名物の干し餅などの描写や祖母と玄関で話すおじさん(好演)との津軽弁での自然な会話などや三味線職人の姿をサラッと挿入していてもCM臭くなくて文化記録としての側面もある映画として好ましい。

映画のコピーにもある市井の人の姿を、女性達主体で見せてくれるのも本作の特徴だと思う。
いとの家族、メイド喫茶の子持ちの同僚葛西、いとの友人となる公共住宅に住む優等生の伊丸岡などは、片親で生活していて、その為に世間の偏見やトラウトや仕事の都合で生活に苦しんでいて裕福では無いけれど頑張る姿に危機陥ったメイド喫茶の姿もオーバーラップして物語に深みを与えて、働く女性達へエールを送っている。

気になるところは、原作の書かれた時期の問題もあるけど、メイド喫茶の描写がかなり古いイメージで、やってくる常連客もちょっと偏見入っている印象。原作だといとが住む地域はもう少し田舎で山奥だったと記憶(間違っていたらすいません)しているが、割と普通になっており、祖母ベッタリな生活で津軽弁が身についた設定だったので映画では割と普通な場所に見える。

日本映画界隈では、地方映画やご当地映画を村おこし的観点から自治体などが出資(税金や市民の募金)をしてそれを専門に請け負って映画を製作するプロダクションも存在感すると、映画批評家の柳下毅一郎氏のいくつかの著作で地方ご当地映画について書いているが、それによると大まかにテンプレ的パターンの脚本が有りそれを、適当にその地方に当てはめて作られる粗製乱造な魂のない作品が殆どであると指摘しているが、おそらく青森出身者が多くてキチンと作られている本作には当てはまらないと思う。
ちなみにお笑い芸人を多数抱えている吉本興業も地方映画祭やご当地映画市場に参入していて、自社の芸人に演出や出演をさせている。(吉本の無名で奴隷に近いタレントをタダ同然でこき使って制作していると噂されている模様)

安易に量産されるご当地映画を吹っ飛ばす傑作としても是非観る価値のある作品で、人見知りの主人公の変化と成長を、美しい夕景山を背景にしたタイトルバックでの見上げてるだけの山から、父親とも今まで以上に理解し合い互い登山する終盤場面でまたの世界の広さと知るなど描写や物語構造しっかり明確に見せてくれる。

メイド喫茶がどうなったかなどは安易に見せないのも良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミラーズ

4.0ほっこり

hkr21さん
2021年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とっても優しくて佳い作品。
所々、おばあちゃんのリアル青森弁が判らなかったけど、
それも愛嬌で笑顔になれました。

三味線の「糸道」というのを始めて知りましたが、
そこから取った『いと』という名前、とても可愛い。
いとの歩む道、良いタイトルですね。
人見知りの若者が、今までの自分を知らない場所で、新しい自分に慣れる。
解ります。

また、それぞれに悩みを持ちながらも前向きに生きようとしている
新しく出会った先輩たちに、成長の手助けをして貰える。
心の過疎化が進む都会では、なかなか見られない人間関係に、
心がほっこりしました。

黒川芽以さんのシングルマザー、良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
hkr21

5.0自然と涙が流れてほっこり

栄美子さん
2021年7月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
栄美子

3.0いとおかし

2021年7月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
梨剥く侍

5.0観てよかった

mu_ryoさん
2021年7月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

観に行くかどうか悩んでたけど、ちょうど時間が合ったので観れるました。ほんと観てよかった。前日に観た「竜とそばかすの姫」とめちゃくちゃ重なってしまった。でも私はこっちの作品の方が、しっくり来たかな。恋愛要素ないのもよかったです。幼馴染のイケメンはいらないですね。主人公の駒井蓮さんが本当に素晴らしかったです。何歳になっても自分の殻をぶち破る瞬間を大切にしたいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mu_ryo

5.0人生で、一番好きな映画になったか?

2021年7月19日
スマートフォンから投稿

YouTubeなりにも同じようなコメつけてますが、自分は大ファンな人間椅子さんからこの映画の事を知り、エデンの少女が三味線カバーで‥?って聞き、音楽青春映画も大好きなところ、人間椅子さんのバンTで観に行かせてもらった、メイドと言えばBAND-MAIDな、根っからのメタル、ハードロック好きな人間ですが、鑑賞前は完全にコメディかと思っていたとこ、コロナ禍で30名定員の小さなシアター、ほぼ満員でしたが、自分以外は見るからに70前後のジジババ一色、それでも皆さんが要所要所でクスクスと笑ってる中、自分は終始だだ泣き。もっと皆さんに観てもらいたい。ほんととてもいい映画です。自分、こちらもいい映画でしたが、地元舞台の映画で、たった一度の歌って映画。それなりに各県で上映はされたようですが、単館映画。その後製品化それず‥。このいとみちも、そんな風にDVD、Blu-Ray化もされずに、ひっそり?と終わっちゃったら、俺は泣きます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
田中伸悟

2.0字幕がない

ふわりさん
2021年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

全く何を話してるのかわからなかった。
なのでただ見てるだけ、多分こうなんだろうなぁって状態が続いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり
「いとみち」の作品トップへ