スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「最強のふたり」のエリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ監督がケア施設に働く2人の男たちの実話を、ユーモアを交えて描いたヒューマンドラマ。自閉症児をケアする施設「正義の声」を経営するブリュノ。他の施設などで見放された子どもたちも断らずに受け入れる彼の施設には、さまざまな問題を抱えた子どもたちであふれていた。この施設では、ブリュノの友人のマリクに教育されたドロップアウトした若者たちが働いている。社会からはじかれた子どもたちをまとめて救おうとしていたブリュノとマリクだったが、無認可で赤字経営の「正義の声」に監査が入ることになり、施設閉鎖の危機に迫られる。ブリュノ役を「ブラック・スワン」「ジェイソン・ボーン」のバンサン・カッセル、マリク役を「アランフエスの麗しき日々」「世界の涯ての鼓動」のレダ・カティブがそれぞれ演じるほか、本物の介護者と自閉症の若者、その家族たちが多数キャスティングされている。

2019年製作/114分/G/フランス
原題:Hors normes
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2019 ADNP - TEN CINEMA - GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - BELGA PRODUCTIONS - QUAD+TEN

映画レビュー

2.5便乗がよくない

2021年6月7日
iPhoneアプリから投稿

最強のふたりは、my面白い映画ランキングに連ねる名作なので、それにおんぶに抱っこな感じのキャッチコピーはやめてほしいなぁ
コメディタッチで毒もありつつも自閉症に前向きに向き合う物語〜
なんて完全に勘違いしてみたので、重々なテーマにどんより〜
決してつまらなくはないんだけど、障害をかかえてる人間の行動への対応がなんだかそれでよいのかな?と価値観の違いを感じてしまいどうにも冷めた目で見てしまった。
電車の非常ベルなんてイタズラのレベルを超えてるなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まあ映画好

5.0面白おかしいだけが映画じゃない‼️尊敬と要望を込めて、敢えて満点です‼️

2021年5月9日
PCから投稿

内容は浮き沈みや意外性が無く娯楽度は低く、観ていて辛くなるばかりです、色んな意味で。
でも、現実が等身大に表現されていて、好感が持てるし、参考になります。
いかに、フランスや日本、いや、世界中の政治や行政が理不尽の塊であるかを、思い知らされることになるでしょう。
ある境遇を描いたものですが、よく考えたら明日は我が身です、いつ怪我や病気でこんな姿になり酷い目に遭わさせないとも限らない。
コロナのご時世でも、日本でも理不尽な対策で弱いものだけが割りを食う悲惨な現実を目の当たりにして、この映画を観ていると臥薪嘗胆して生きていかねば、そう思い固く手を握りしめるばかりです。
テレビでは生活保護費を不正受給されたり脱税した芸人が大きな顔をしてのさばる世の中でもあります。
こんな映画を採算度外視して製作、公開することに拍手です。
この映画を目に焼き付けて、生きてください、ぜひ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
アサシン5

3.0予告編のそのまんま

胃袋さん
2021年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

予告編みたら
いいシーン全部突っ込んであって、
見終わった後で見て良かった、と思った。
良くも惡くもそのまんま。
実話なんだからしょうがないかもしれないが、想像できる範囲内でのエピソードしかなく、映画として何を見せたかったのか、ちょっと疑問が残った。
根本的な解決に程遠いのが辛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
胃袋

4.0引き取って

ミカさん
2021年2月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

ブリュノとマリクの信念と行動に頭が下がる思いで鑑賞しました。役人(政府)の上から目線と他人事の物言いが、『自助』と言い放つ日本の政治家を連想させます。そもそも障害者が暮らせる施設や支援がきちんと整っているならば、民間の助けを必要とはしません。まさしく、ブリュノの言った『(できるものなら国が)引き取って』。

人は明日障害者になる可能性もあるし、歳を取れば誰もが障害者です。自分以外の家族が障害者になる可能性もあるし、突然生活に困窮する場合もあります。つまり、今は健康でお金を稼ぐことが出来ていても、誰かしらの助けが必要になる日が来るかもしれません。仮にお金が沢山あったとしても、社会的な居場所がない人生は辛いです。

ブリュノやマリクがこの支援に携わることになった詳細は分かりませんが、信仰を持っていること、移民(マイノリティ)であることに関係があるのかもしれません。

日本でも様々な分野でブリュノやマリクの様な活躍をされている方がいますが、なかなかクローズアップされることがありませんよね。お金も儲からないだろうし。でも、人が人を助ける事が尊敬される世の中であって欲しいと思いますし、その様な社会を作りたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」以外にこんな作品をCheck-inしています。