劇場公開日 2020年7月3日

アングスト 不安のレビュー・感想・評価

3.217
7%
46%
39%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全17件を表示

4.0この超絶的に奇妙なカメラワークに心酔しっぱなし

2020年7月3日
PCから投稿

83年に本国公開された際はあまりの衝撃ゆえ1週間で打ち切りになったとか。出所したシリアルキラーがまたも衝動に駆られて身を疼かせる本作は、まるで犯人の精神状態を体感するようなヴィジョンが生々しく展開する一作だ。が、公開から40年近く経つ今となっては、ホラー描写に震え上がることはなかったし、主人公の行動が笑ってしまうほど悲しく滑稽に見えることも多かった。

逆に、本作が今なお誰にも越えられない鉄壁を持っているとしたら、その筆頭に挙げるべきは超絶的なカメラワークだ。主人公の周囲をふわりと漂ったかと思えば、突飛な行動に合わせてカメラも突発的に感応し、またある時には主人公を「やや斜め上」から見つめる。さらに屋外シーンではどうやって撮ったのか見当もつかない超俯瞰が炸裂。見れば見るだけ本当に奇妙で、目が離せなくなる。まさか衝撃、震撼ではなく、魅了、心酔させられるとは。私は頭がおかしくなってしまったのか。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.0おぞましい

2020年7月10日
iPhoneアプリから投稿

カメラワークは1983年にしたら斬新だったと思う。
2020年に、この作品に影響された作品を既に観ている身には、目新しさはないのだが。

実際の人物と事件を元にしているらしいが、なんでこんなの作る気になったんだろう?

犯人のモノローグという手法によって暴かれる、その異常な思考(嗜好)理解出来なさに、おぞましさしか感じなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コージィ日本犬

4.0上映禁止になったのも納得

あきらさん
2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿

内容はあえて触れないとして、音楽の入り方めちゃくちゃかっこいいし、カメラの目線とか揺れ方とか上手くて感情移入してしまうというか…自分では?って錯覚してしまいそうになるのが恐ろしい…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あきら

3.0なんか、不器用

2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

斬新にも感じる演出描写、カメラワーク含め当時は下手くそって思われていそうな、本作一本で消えた監督。

冷静に語る主人公のナルシシズム的な完璧主義者と思いきや、行動の鈍臭さがイライラさせられながらの可笑しみが薄らと、全くもって計画通りに進まない展開に、そりゃ何度も捕まるワァ!と説得力が??

強引にも自分の理想通りと言わんばかりな負け惜しみとしか思えない衝撃的なラスト、いや失敗してるジャン!とツッ込まずにはいられない展開にマヌケさが。

ギャル二人と爺さん、ウェイトレスの婆さん、主人公よりも不気味に感じる不穏感、カメラの動きが奇妙で興味津々、侵入してからの家族三人がまた変態的でもあり、初めて観るような場面の嫌ぁな新鮮味。

とにかく主人公の行動全てに、観ているコッチが不安を感じてしまう感覚。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0カメラワークに心酔。異常者の思考を追体験。

じっぽさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

都内で唯一公開されている場所は一か所のみ。
そのせいか平日でもほとんど満席で、初めの回を確保することができず、その次の回を予約し鑑賞しました。

そこがまずは意外な部分でもあったが、本編が上映され、本作の主人公を中心に画面が歩くリズムに合わせて振動しながら本人を追う。

その時点で撮影技法に一気に心を奪われてしまった。
その後、話は進み、釈放されてからの一件が起きる。
それまでにも鑑賞してる者に先を読ませず、常に彼から離れずに突発な心情と行動を捉えるカメラワークに心酔。それのせいもあってか、犯人の心理にいちいち同情してしまう瞬間がある。非常に目の離せない作品でした。

ちなみに邦題の"不安"
どう捉えるかは、人それぞれだ。ただ、"不安クフルト"というホットスナックを販売しているシネマートのネーミングセンスに乾杯。それを横目にジンジャエールの大きい方をつい購入してしまいました。

ある種、映画好きのための映画であり、空間であり、
作品を通して非常に上質なあり得ない体験ができたことを私は誇りに思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じっぽ

4.037年前に見たかった。グロさがちょうど良い。

さん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿

37年前に見たかった。グロさがちょうど良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵

2.5とても変で不快な作品ですが、それを狙ったのならある意味凄い作品です。

松王○さん
2020年7月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
松王○

3.0内容はともかく…

shantiさん
2020年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

カメラワークが絶妙。ドローンの無かった時代にこれだけの映像が撮れたのには脱帽する。屋根の上から建物の二階辺りまで垂直方向に下降したり、建物の上から下を俯瞰する画像、エロチックでありながらその近さに不安すら感じる口元や目のドアップ。人物に付き纏う長回しの撮影。圧巻である。クレーンやイントレなどを使っての撮影なのだろうが、その撮影風景がとても氣になる。内容は今の時代ともなれば、陳腐なゴアシーンに苦笑いを伴うが、時代を考えると致し方ない。それでも、主役の狂気の演技には引き込まれてしまう。作品としては、前評判ほどのエグ味は感じられなかった。40年近く経って、衝撃的なはずの映像には慣れてしまったのだろう。エスカレートする狂気は、ある程度は社会環境によって許容されるのではないだろうか?もちろん、映像作品の中での話だが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shanti

3.0面白いか面白くないかと言えば

2020年7月6日
iPhoneアプリから投稿

面白くはない。
ただ、なんとも言えず引き込まれる魅力。
妙にザラつく音楽がこちらまで焦燥や焦りを感じさせて心細いような感情になる。
カメラワークが独特で一体どうやって撮ってるの?って思うし食事シーンはとにかく近すぎる笑
ストーリーはシンプルだが、こいつは本当に頭おかしいやつなんだなあと役者がうまいね、だまってればまともそうなイケメンなのに。
パッと見は、冷静な殺人鬼に見えるけど実際は頭のおかしい性癖を持ってるのですぐ捕まるだろうとは思っていたが。
ただラスト犬に対して一抹の優しさを持ち合わせていたのが救いでした。
実際の犯人は飼い猫を殺して、母親に見せ恐怖を与えていたようなので。映画と言う創作内の良心は残されていた。
ラスト主人公がどうだ!って気持ちだっただろうにみんなの反応の薄さには笑ってしまった。
しかし死体の真っ青になった顔は本当に恐怖です夢にでそう。
娘さんは綺麗でしたね。ついついパンチラを追ってしまう男性の悲しき性。
ここ最近、テッドバンディ、フリッツホンカ、ハウスジャックビルトなどのシリアルキラー物が増えてきているような感じですね、それを受けての今回のリバイバル上映なのかな?
今作は不思議と古さは感じなかったが、カップルとか見に来てたけどどんな気持ちで映画館をでたのか知りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まあ映画好

3.5殺人が遂行できるのかこっちが不安になる

2020年7月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

寝られる

実在したシリアルキラーの犯行の様子を描いた話。予告で心的外傷を及ぼす可能性があるといっていたので気になって見てきた。
.
最初に言うと予告は完全に誇大広告。まぁこういう映画に耐性がない人はかなりキツいと思うけど、今の時代世の中にはタチの悪いグロ映画が溢れててそれを見なれてる側からするとそんなにだった。
.
ただ、撮影方法がめちゃくちゃ特殊。Goプロみたいなカメラで撮ってたり、ドローン初心者が撮ったような安定しない超俯瞰だったり。結構酔う。
.
そんでこの殺人者もシリアルキラーなのは確かなんだけど、何せ精神がおかしいからなかなか上手くいかない。映画で作られたシリアルキラーって完璧でスキがないからそれに見なれすぎて色々と手こずる主人公に不安が募る。
.
特に家の中で娘と最初に鉢合わせるところのドタバタ感がすごい。どうした?今おばあちゃんの目の前通り過ぎたで?大丈夫か?って何故か応援してしまう自分に気づいて怖くなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
せつこん

3.0犬が癒し

polkmnさん
2020年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

煽り文句に釣られて観に行ってきました。
気分的にはホラー映画を観に行く感覚とでもいうのでしょうか…
しかし途中から「なぜこの映画を作ろうと思ったのか、なぜこの映画を観にこようと思ったのか」という疑問が渦巻きました。
あと、自分のことを棚に上げて「この映画観に来てる人って何なんだろ、変な人も観にきてそう」と周りの観客を疑う気持ちにもなりました…

ただひたすらに犯人目線で進んでいき、物色したり人を殺したりするだけなのであまりストーリーというものはないです。
なかなか死ななかったり計画通りいかないところや、必死に死体を運んだりするところが妙にリアルでした。
カメラワークは評判通り良かったです。
カメラ酔いする方なので不安でしたが許容範囲でした。

面白くないとは言いませんが人にお勧めも出来ないです。
今日はとことん落ちたいなって日にいいんじゃないでしょうか。
女性客もわりと多かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
polkmn

3.0逸材なカメラワークで序盤は不安だったが、慣れてからは広告で謳われて...

2020年7月3日
iPhoneアプリから投稿

逸材なカメラワークで序盤は不安だったが、慣れてからは広告で謳われているような怖さはなかった むしろ笑えた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コーヒー

3.0超Espresso

Bacchusさん
2020年7月3日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

興奮

1980年、オーストリアに実在した殺人鬼の回顧録。

主人公の犯罪歴から始まり、あれ?みたことある!?後から調べたら88年にビデオ化されてたとのことではあったけど、劇場初公開だし、ほぼ覚えてなかったのでまあ良いかでレビューをば。

ある一家を縛って殺して悦に入る殺人犯の、志向、理想、癖、衝動を主人公談のナレーションを交えながら振り返る。

興奮しながら実行していく様は、どこか淡々としていて再現フィルムの様な感じだし、本質の部分は当然理解出来る訳が無いけれど、心の奥底でどこかでわかる様な気持ちの悪さと共に、興味深さを感じてしまう。

テンポは悪いし、今みると映像的なグロさも大したことはないけれど、惹きつけらる不快さがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Bacchus

3.5強烈な斬新さ

2020年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

凄まじい作品だった。こんな作品は観たこと無い!サイコパスの目線から繰り広げられる異常人格者の1日。正に狂気の沙汰... この作品の前に観た「SKIN」とは全く別物の邪悪さ。理由も動機も必要としない抑えきれない程に純粋な殺人欲。これまた実話... 病的な異常人格ではあるが、ある種滑稽に見える程に純粋に描かれていて、不謹慎にも笑ってしまいそうになる場面が所々あった。これぞ純粋悪という様な感じ。内容は勿論、カメラワークやアングルが強烈すぎる!ギャスパー・ノエが熱狂し、影響を受けているのが手に取るように分かる。不意打ちを食らわされた様な急な終わり方も唯一無二な感じがして素晴らしかった。観ていて気分は悪くなるばかりだが、強烈な斬新さと唯一無二な内容に圧倒された。不快だけど嫌いになれない不思議な作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アントキのバンデラス

1.0安心して見てください。

DPZさん
2020年7月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

何ヵ国で上映禁止!途中退出者続出!
みたいな触れ込みまじで信用できません!て言うのを証明してるような映画です。

全然怖くない、ハラハラもしない、少し不安なのは「ワンちゃんに酷いことしないで…」これだけ(笑)むしろ登場人物のありゃりゃ?な行動に笑いさえ起きます。

上映当時はヤバい映画だったんでしょうね…て感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
DPZ

3.0多彩なカメラワークと異様な旋律で描くシリアルキラーの不安

regencyさん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

単純

この手のホラー映画は、被害者側からの恐怖を描く事が多い。しかし本作は、主人公でありシリアルキラーを主観におき、彼が狂気に走るのかをじっくりと捉えた、犯罪検証VTRの意味合いが強い。
ステディカムやズームによる極端な接写ショットや、クレーンでの高所からの俯瞰ショットといったカメラワークを多用しつつ、さらに耳なじみの悪い旋律の音楽が、観る者のアングスト(不安)を煽る。
ミヒャエル・ハネケやギャスパー・ノエが作品づくりの影響を受けたそうだが、確かにハネケの『ファニー・ゲーム』やノエの『カルネ』を思わせるシーンがあった。ただ、そうした観客を嫌な気分にさせる演出には、以前からあざとさを感じていた。
かたや本作からそれを感じないのは、シリアルキラーが持つ殺人欲求への“純真”さが、突き抜けて怖いからといえる。だからこそ、この監督は「危険すぎる」とみなされ、次の商業用映画を撮れなくなったのかもしれない。
逆に言えばハネケやノエは、うまく映画界で立ち回れているからこそ、毎回センセーショナルな作品を発表できるのだろう。

不快指数120%なので観る人を選ぶのは確実だが、一つ言えるのはワンちゃんが癒しキャラ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
regency

5.0グロス・アウト・ホラーの雄、登場 ハリウッド映画を超える異次元を思わせる撮影方法

2020年5月16日
PCから投稿

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Ptti Naaki
「アングスト 不安」の作品トップへ