劇場公開日 2021年5月29日

  • 予告編を見る

のさりの島のレビュー・感想・評価

3.312
17%
46%
24%
3%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.0街から街へと渡り歩いては番号を入手して、『オレオレ』と電話口でのた...

chittoさん
2022年4月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

街から街へと渡り歩いては番号を入手して、『オレオレ』と電話口でのたまう。そんな若者がやってきたのは寂れた商店街。いつものように電話をしたのだが...。
物語の入り方、進む展開、中盤までは結構のめり込んだんだが、映画のテーマが過疎に対する葛藤なのか、街の景色とふれあいなのか、時代と若者達の群像なのか、イマイチまとまらないまま進んでいった。
オレオレ詐欺からの展開だっただけにもうちょっとコメディタッチかなと思っていたが結局はなんだろう? っていう感想しか出なかった。
それでも、街並み、景色、音、音楽、時代、考えさせられるもの、etc。色んな要素が詰まった作品。
面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
chitto

3.0丁寧に頑張って撮っている

旅行者さん
2022年2月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

 冒頭の数秒の画がよいです。これだけでご飯3杯はいけそう。とにかく天草の風景が丁寧に撮られていて、寂れた商店街の景色だけで
心が動く感じ。行ったことないけど懐かしく感じました。あの商店街を訪ねてみたくなりました。日本の地方の現実の一部が上手に切り取られています。
 中学の時、大林監督の尾道三部作にはまり、大学の頃に新三部作を観て、大学4年の最後の春休みに、尾道を訪ねました。鑑賞しながら何故かそんなことを思い出しました。
 柄本明さんはさすがです。画がきれいなだけに。物語がもう一歩、奥行きが欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
旅行者

3.5アマチュア参加の作品としては良いのでは?

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作はプロとアマ(専門学校生)混在で制作するプロジェクトの作品だそうですね。そうか、だから舞台挨拶で監督がこのような作品に出演するプロの演者にメリットがないっておっしゃってたのかな?商業的云々は二の次っぽいですもんね。けど、未来のプロであるアマチュアの方々に、映画界・映像界にもとても有意義ですよね。素晴らしいと思います。

さて、本作。そんな背景があるとは知らずに藤原季節さん目当ての鑑賞です。天草を舞台にした事情がありそうな若い男と高齢の女性とのエピソードを基軸に進んでいきます。天草の地元紹介色が強めというところは致し方ないです。それも含めての企画ですしね。ですが、天草という舞台とテーマをうまく繋いでいるなぁと思いました。

「のさり」とは「自分が求めなくても天の恵みを授かった」という意味のこの地方の漁師言葉だそうです。良いことも悪いことも授かり事。起きたことは受け入れましょうと。そこに「まやかし」というキーワードがうまく絡んできて人間が生きていくための心の平穏を保つためには・・・・って話に昇華させていくストーリーはよくできているなぁって思います。

人間はずるいんだよな。けど、そうでもしなくちゃ天の恵みを乗り越えられないんだろうな。
発生したことで不幸だなぁと思うんじゃなく、なんでこんなことが!って悲しむんじゃなく、それも天の恵みだと受け入れることから始めることで、さまざまな事象に前向きになれるかも知れないなぁ
・・・と思いました。

そういえば、天草出身の仲良し友人のどんなネガティブな状況もスッと受け入れて、前向きに取り組む姿を思い出しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

3.0WANIMAのタオルが一際映えてた。

2021年7月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

これはさすがに長い。中だるみも多くてなかなか集中が続かなかった。ご当地ネタや必要とは思えないエピソードで余計に長く感じてしまった。

オレオレ詐欺をしながら流れる青年と熊本天草で楽器店を営む老女との奇妙な交流。これ冒頭のラジオニュースが伏線になってて電話を受けた時点でおばあちゃんの作戦が始まっていたとしたらなかなかの強者やね。そら青年の手には負えない。実際におばあちゃんのペースにどっぷりハマってしまったしね。

かつては賑わった商店街。でも今ではほとんどの店舗がシャッターを下ろしている。寂れた地方の象徴みたいな景色。そら寂しいよね、おばあちゃん。ひととき、嘘でもいいから誰かと過ごしたくもなるわ。

案山子も能面も誰かにとっては生きている。客のいない楽器店にだってブルースハープの注文は入るし、閑散とした商店街も夜になれば明かりが灯り数少ない誰かの足元を照らす。青年はおばあちゃんにとってそういう存在だったのかも。

藤原季節ほんまにいいな~。素朴な感じなのにどこか胡散臭さもあってこれからも注目ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はるたろう

4.0【“まやかしでも、人には必要な時がある・・。” 不寛容な思想が広がる現代を”のさり”の精神を心の片隅に持って生きていきたいと思わせてくれた、ファンタジー色を纏った印象深い作品。】

NOBUさん
2021年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

3.0心の寂しさを満たすもの

りあのさん
2021年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

熊本県天草の寂れた商店街にある楽器店にオレオレ詐欺の若い男が来た。老女の艶子は、その男を孫の将太として扱った。艶子のあたたかい対応で、いつの間にか一緒に生活し、孫の将太としての対応をしていった詐欺師の話。
孫じゃないとわかっててご飯食べさせたり、用事を頼んだりするから、認知症なのかと思ってたら、そうじゃ無かった。
心の寂しさを嘘でも良いから埋めるとこうなるのかな、って思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りあの

3.5騙したのは誰か。

2021年7月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

空気感は最高。設定は魅力的。キャストもハマってます。時間感覚、大好き。ウソくささも胡散臭さもない展開とオチ。画は丁寧。人っ子一人の姿もないアーケードとか郷愁感、滲みまくり。

この何も起きない具合とか素晴らしく大好き。

ところがですよ。何か足りねー!

将太と婆ちゃんの人格描写よね、足りないのって。やり過ぎれば全てをぶち壊すけど、2人の内面描写を演技そのものか、別物で象徴するとか、映像で表現するとか。

婆ちゃんは全てを見透していた、的な描写はありますが、将太の方は明らかに不足な気がしました。将太の方が婆ちゃんに騙されてるんですけどね。そこが伝わり難いってのは惜しいです。

いずれにしても、欧州的な空気感が良かったのと、ブルースハープの音楽は最高にイカしてました。

コレは結構、好き。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
bloodtrail

1.0自分の今ある境遇はすべて天からの授かりものである。

栗太郎さん
2021年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

退屈だった。流れ仕事のオレオレ詐欺師が何の警戒もなく居着いてしまうことに違和感が拭えない。のらりくらりのおばあちゃんだって、独り住まい?(詐欺師、まずそこ確認しよう)、楽器店経営?(ブルースハープのためだろうけど、文具屋とかオモチャ屋のほうが現実味がある)、近所付き合いは?(野中の一軒家じゃないんだから他人が入り込んだのわかるだろ)、コミュニティFMのパーソナリティさんよ、地域の同世代なんだから余所者って気づけ、地元のこともっと知れ、って気になってストーリーがすんなり入ってこない。
似た設定の、林遣都・市原悦子の『しょぼん玉』のほうが、犯罪者と匿う者のリアリティがあった。

おまけに、上映中に近くでスマホをいじる奴、男1人、女1人。何度もいじってた男の方は上映後注意されていた。シカトしてたけど。つまらなくてもスマホはだめだよね。(←これ、映画館側の問題でもあります。)

追記:あとで調べたら、昭和39の本渡市大火は実際にあったようで。ならその復興の苦労をもっと重ね合わせたら良かったのに。海上のマリア像も伝説(それこそ"のさり")を絡めて、しっかりと夕陽をバックにした映像で。

あとね、レビューが両極に分かれるものは、たいてい、高評価が宣伝、低評価が実際金を払って観たやつです。その証拠に、レビュー数を見てくださいな。これだけ、もしくは数レビュー。この映画のためにアカウント作ってるのバレバレです。映画好きでもない人にお願いしてるのバレバレなんです。なんか、冷めますそういうの。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 6 件)
栗太郎

5.0人情にじわりと沁みました。

2021年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

現実のいろんなことをそれぞれの想いでそれぞれの形で乗り越えながら優しさや切なさに触れていく様子は心に沁みるものがありました。
天草の風がそっとヨシヨシと頭を撫で優しく許してくれるような人情味溢れる素敵な映画でした。たくさんの"のさり"を見つけられたら幸せな気持ちになります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
こいちゃん

1.0まやかしあやかし回り道

Bacchusさん
2021年5月30日
Androidアプリから投稿

単純

幸せ

寝られる

熊本県天草に船でやって来た放浪するオレオレ詐欺師が、銀天街の楽器屋にやって来て巻き起こる話。

シャッター商店街の楽器屋にオレオレ詐欺を仕掛け、後輩に金を受け取りに行かせると言ったのに、孫と間違われて風呂に入れられ夕食べさせられて。

冒頭のさりの説明がされるし早々にばあちゃんは実は…がみてとれて、その状況下主人公がそこでの生活を泳いでいく。

街の昔の画像や映像の上映会開催の為の奔走になぞって、田舎街が故の人と人の繋がりみたいなものをみせていくけれど…大して中味がなくて30分位でまとめられそう。

早々にオチちゃっているし、地元の方々向けの作品という感じですね。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus

5.0心で観る

2021年5月21日
スマートフォンから投稿

幸せ

過疎化してる地域を、無理やり盛り上げたり集客に躍起になるような不自然さがない。
煽っていない。
とても静かだけど、何が本当の豊かさなのかが、じんわりと心に染み入る。
たくさんの人に観ていただけたらいいなーって思いました。
ぜひ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
茶くじら

5.0心がじんわり温まる

2021年5月9日
iPhoneアプリから投稿

この映画は、山本監督が構想からフィルムにするまで10年の歳月をかけてこの世に誕生した。どこからやって来たのか、本名も素性も一切明かされる事ない、オレオレ詐欺をする為に
天草の地を訪れた青年が主人公だ。
音と映像で語られる天草の歴史。
過去と現在が交差しながら紡がれていくまるで御伽噺の様だ。「のさり」とは天草の方言なのだが、シーンの1つ1つに表現されている
「のさっている」人の交流の豊かさ、懐の深さに知らず知らず目頭が熱くなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 24 件)
ひなのおバア
「のさりの島」の作品トップへ