劇場公開日 2020年7月10日

「見えない透明人間の恐怖が半端ない!」透明人間 清藤秀人さんの映画レビュー(感想・評価)

3.7169
18%
59%
21%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0見えない透明人間の恐怖が半端ない!

2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

かつての"透明人間"が、監督の意図とそれに呼応する特撮技術を駆使して、けっこう早い段階で、何らかの方法によって姿を現すのとは違い、最新版では文字通り透明のままの状態がキープされる。そこにまずぶっ飛んだ。映画の前半でカメラがパンするのは、人の気配がまるでない部屋の空間だったりする。でも、わざわざカメラを向けるのだから、そこには何かがいるに違いない。でも、何も見えない。この恐怖こそが、製作のジェイソン・ブラムと監督のリー・ワネルが本作に仕込んだ画期的裏技。同じく、主演のエリザベス・モスに課せられた、見えないに連動したアクション女優顔負けの動きにも、冗談抜きで目を見張るものがある。近頃これほど画面に集中させる映画は、ジャンルに関係なくなかったような気がする。低予算でここまでの収益率を記録した映画も(全米での話)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人
「透明人間」のレビューを書く 「透明人間」のレビュー一覧へ(全169件)
「透明人間」の作品トップへ