劇場公開日 2020年10月9日

「自分の家族に起きたら、何を望む」望み 高森 郁哉さんの映画レビュー(感想・評価)

3.8171
28%
55%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5自分の家族に起きたら、何を望む

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

知的

前に「人魚の眠る家」のレビューで「当たり外れの落差が激しい堤幸彦監督」と書いたが、本作は“当たり”だ。まず石川家を演じた堤真一、石田ゆり子、清原果耶がいずれも感情の起伏を大仰になりすぎない範囲で効果的に表現し、観客を引き込み飽きさせない(長男役の岡田健史も悪くないが、出番が少なかった)。

そして、第5の主要キャラクターと呼びたくなるほどの存在感を放つのが、堤演じる建築士・一登が自ら設計した石川邸(外観は実在の家だが、室内はセットを構築)。アイランドキッチン、妻の仕事スペース、2階との行き来が一目瞭然な階段など、開放感あふれるリビングの空間構成は一登の理想の具現化だが、長男の失踪後は3人の食い違う“望み”が衝突する修羅場と化す。

行方不明の身内が殺人犯か犠牲者かという両極端の可能性に翻弄される家族を、マスコミ・ネット・世間が追い込んでいく光景は、悲しいかなこの国の現実を確かに映している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
高森 郁哉
「望み」のレビューを書く 「望み」のレビュー一覧へ(全171件)
「望み」の作品トップへ