サイキッカー 超人覚醒

0%
0%
0%
67%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2019年製作/98分/オランダ
原題:Kill Mode

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
タイス・ムーウェーゼ
製作
コリンダ・ボンガース
クリス・パトモ
ビンセント・クラーネンブルフ
デビッド・グローバー
タイス・ムーウェーゼ
脚本
タイス・ムーウェーゼ
撮影
ヤスパー・フェルカールト
音楽
ヨヘム・バイヤーリンク
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

1.5伝染

2022年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 Julia Batelaan 演じる Molly という少女の能力の覚醒とそれに至るまでの経緯や葛藤ってところが1つ見どころなんだけど、この女優さん主演で同監督で「Molly」...邦題「バトル・オブ・ガーディアン 暗黒部隊vs謎の少女」というそのまま Molly がバリバリ活躍する作品があるみたいで、これ同一世界なんだよねきっと。続編というか前日譚というか。もう少しこの世界の広がりを観てみないとどうにも...

 レジスタンスの拠点内を慣れた足取りで駆けていく少女に寄り添う長回しの映像そのまま、敵対するカンパニーの襲撃に見舞われる様を描き出すことでの没入感は凄まじい...

 そして8年後に舞台を移しての、考える暇を与えずひたすらに続く、多彩な武器のお披露目に暇が無いカーチェイスに銃撃戦に肉弾戦は、彼らにとって絶対に避けられない戦いであることを惹きたてる。

 ただ...、Molly という少女が辿る逃げられぬ避けられぬ運命といった意味合いもあるのだろう、ノンストップアクションと言えば聞こえは良いのだが、迫力はあれど一本調子な分、退屈に感じてしまうのは否めない。正直タルい...

 ウィルスが自然発生によるものか人為的なものか、Molly は隔離されていたのか監禁されていたのか、カンパニーの部隊が使用する武器に搭載されている「STUN」モードと「KILL」モードというシステム、多彩な武器による同じ性能(効果)を以てもたらされる全く正反対な結果...

 「モノは使いよう」であり、ここに人の意思(意志)の介在(反映)を見るわけだが、この意志を、人から人へと受け継がれ...また人から人へと伝染し...そして人に宿るモノ...として、世界に絶望をもたらしたウィルスへの希望とする描き方は素晴らしかった。

「バイオハザード」シリーズ...「X-MEN ファイナル ディシジョン」(2006)...「エリジウム」(2013)...「LUCY」(2014)...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鰹よろし

0.5全くオススメ出来ない

2020年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

冒頭主人公が子供に話している内容からもう少し中身のある作品になるのかと思ったが、ただただ残虐なだけのアクションものだった。

SFといえば聞こえは良いが、ご都合主義で一貫していない内容をSFだからと言い訳してしまったかのよう。
アクションはTRUE JUSTICEシリーズが凄いだけに、この作品を観ると素人ながら下手に感じる。
ただ、TRUE JUSTICEは役柄上そもそも一流、こちらはそこまでの組織ではなさそうなので、その点は点数に考慮しない。

全く子供向けではなくホラー的な部分もあるので要注意。
R指定しても良いのかもと思えた。最低でもPG-12。
ただそもそも中身もなくつまらない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
モンブラン

2.0新型コロナウィルスも人工的に作られたという噂が・・・

kossyさん
2020年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 そういう意味では社会派サスペンスといった雰囲気なのだが、それは冒頭部分だけ。製薬会社“カンパニー”が細菌(バクテリア)を作り出し、特効薬も開発したと疑念を持ったグループがいたのだ。彼らはカンパニーの襲撃を受け、組織は解散に追い込まれたのだが、残党は8年後に再会し、カンパニーに侵入しようと計画・・・

 冒頭から少女モリーに焦点を当て、ワンカット映像のように撮っていたのが凄い!廃ビルを組織のアジトにして、カンパニーの秘密を暴こうとする“正義の味方”。しかし、組織を壊滅させられ、生き残った者たちは過激派となっていた。そして、モリーの理解者である医師デビッドがその過激派のリチャードとアレックスに誘われ、秘密を暴くといった展開。カンパニーに侵入し、“根治薬”を探す彼らは“M1”と書かれた金庫に入る・・・しかし、薬は存在せず、8年前に誘拐・監禁されたモリーがポツンと立っていたのだ。

 面白かったのはここまで!そこからはどういうわけか過激派グループ対カンパニーの傭兵によるアクション作品となってしまった。抗体を持っているとかいないとか、細菌でもウィルスでも感染しない人間は最低でも数%いるのだから、モリー一人だけに固執するのもおかしいし、何を実験していたのかわからないけど、いつの間にかサイコキネシスまで備わってしまった。

 原題の“Kill Mode”なんてのも“Shock Mode”から切り替えができる銃ってだけで、タイトルにする意味もわからない。むしろ邦題の方がピタリとくる。後半が低予算のB級に成り下がってしまい、今風の設定も勿体ない扱いになっている。もしかしたら脚本が行き詰ってしまっただけかもしれない。まぁ、製作時には世界的コロナ禍になるとは思ってなかったのでしょうけど・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

1.0早く覚醒させなさい

2020年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ただ覚醒するまで、ダラダラとカーアクションと格闘シーンが続く。
早めに覚醒させて、もう少しそこで物語を構成してほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る