劇場公開日 2020年10月30日

  • 予告編を見る

「90年代アルジェリアの圧倒的状況と対峙するヒロインの姿に胸が張り裂けそうになる」パピチャ 未来へのランウェイ 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.732
16%
62%
19%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.090年代アルジェリアの圧倒的状況と対峙するヒロインの姿に胸が張り裂けそうになる

2020年10月22日
PCから投稿

この不思議な語感のタイトルは何を意味するのだろうか。そんな微かな疑問を胸にしながら、本作を観た。見始める前の私の印象としては、躍動感に満ちたガールズムービーといったところだったかもしれない。確かに、大学の女子寮を飛び出してナイトクラブへ向かう冒頭の描写には、何かが始まりそうなワクワクがほとばしる。だが、次の瞬間訪れるのは、検問での手厳しいやりとり。90年代のアルジェリアが置かれていた現実を突きつけられる場面だ。イスラム原理主義者による締め付けも至るところに。この物語には、かくも一人の少女がもたらす目覚ましい躍動感と、それを叩き潰そうとする圧力とが痛いほどスパークしている。「ファッションデザイナーになりたい!」という一途な思いが、単なる勇気や情熱を超えて、命がけの行動と化していく様に胸が張り裂けそうな思いがした。アルジェリア出身の監督と主演女優との共振関係が実を結んだ、力強い一作と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信
「パピチャ 未来へのランウェイ」のレビューを書く 「パピチャ 未来へのランウェイ」のレビュー一覧へ(全32件)
「パピチャ 未来へのランウェイ」の作品トップへ