劇場公開日 2020年1月24日

グレート・ウォーのレビュー・感想・評価

3.12
0%
33%
50%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全2件を表示

4.0共に闘ったこと

MARさん
2020年1月31日
Androidアプリから投稿

興奮

第一次世界対戦も終戦間際、最後の領地取り合戦の中、戦地で行方不明になった黒人部隊を探し出し連れ戻す任務を与えられた兵達の物語。

勇敢な黒人部隊を絶対に連れ戻せとの命令があるなか、黒人の為に命をかけることに反対する兵士も。仲間が死に、黒人兵と白人兵で仲間割れもありながら、最後には共闘し終戦を迎える。

黙っていても終戦が近づいてくる状況の中、黒人隊長が下した決断、それに追随する大尉の行動が正解なのかは自分にもわからない。

だけど、このまま終戦を迎えたところで、国に帰ればまた差別に苦しむ日々が待っているとわかっている黒人兵の意地のような気持ちはわかるような気がする。

因みに、自分は歴代映画の中でも一番好きなのがプライベートライアンなのだが、本作はストーリー展開的にも、第一次世界大戦版プライベートライアンといった感じ。

総じて、非常に楽しめた映画だった。

クライマックスでは、「死にたいの?」と突っ込みたくなるような大尉の奇行の数々の理由も明かされ、何より、

「勝ったものが正義とは限らない、でも我々が行ったことでひとつ、間違いなく正しいことがある。それは・・・」
のくだりは本当に良かった。

数々の戦争映画と比べても並みの面白さかな~といった印象だったが、ラスト1分くらいで一気に来ました!

終戦間際ならぬ、映画終了間際にガッツリ心を持っていかれた、そんな映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MAR

3.0最後の三日間

Bacchusさん
2020年1月26日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

1918年11月第一次大戦終戦間近のアルゴンヌの森で、前線で孤立し連絡のつかない黒人部隊の365部隊との合流、救出を命令された自由の女神師団の話。

開始早々結構派手な戦闘シーンがあり期待値上昇。…と共にちょっと嫌な予感w
黒人部隊救出の話はまだ出ないけど、メンヘラ大尉とかちょっと引っ掛かる。

その後も色んなところでシーンの展開が唐突だったり白々しかったりと演出にも安っぽさがあり、重厚さをあまり感じない。
When Johnny Comes Marching Homeだってコテコテ過ぎるしね。

その分気軽にみられるし、人種差別問題に触れてるし判り易いけど。
ストーリー的には非常に好みのものだったし、最初に引っ掛かったメンヘラ設定もちゃんと拾ってくれたのは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
「グレート・ウォー」の作品トップへ