「女性のみならず、不遇や抑圧に“弱い立場の人”が立ち向かう姿を描く人間賛歌」ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

4.0238
40%
49%
8%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5女性のみならず、不遇や抑圧に“弱い立場の人”が立ち向かう姿を描く人間賛歌

2020年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

オルコットの半自伝的小説「若草物語」が原作。舞台となった19世紀半ばのアメリカで、女性はまだ社会的弱者であり、作家志望のジョーを含む四姉妹が社会の偏見や圧力に向き合い抗いながら成長する姿を描く。

そんな主題を継承する表現者としてグレタ・ガーウィグは最適だ。元々劇作家志望で、美人女優の立場に甘んじることなく脚本や共同監督などで製作にも関わり続け、「レディ・バード」で単独監督デビューし絶賛された。未婚のパートナー、ノア・バームバックとの間に子をもうけ、ウディ・アレンの「ローマでアモーレ」に関して「(性的虐待の)事実を知っていたら主演しなかった」と語るなど、生き方や発言に強さを感じさせる。

多様性が謳われマイノリティーの社会的受容が進んだとはいえ、#MeTooやBLMが示すように差別や不平等の現実は中々変わらない。そんな今、単なる女性映画に留まらず、普遍的な人間賛歌として観られるべき傑作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のレビューを書く 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のレビュー一覧へ(全238件)
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」の作品トップへ