劇場公開日 2020年10月9日

「天才子役から演技派女優へ、芦田愛菜の躍進に感嘆」星の子 高森 郁哉さんの映画レビュー(感想・評価)

3.4148
12%
50%
29%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5天才子役から演技派女優へ、芦田愛菜の躍進に感嘆

2020年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

天才子役と騒がれ幼くして世に認知された女優が、成長後そのイメージがつきまとい苦労する事例は、安達祐実、小林綾子、米国ならダコタ・ファニングとままある。芦田愛菜を「パシフィック・リム」(2013)で見たときはまだ子供の印象だったが、2016年のドラマ「OUR HOUSE」の頃は実年齢も中学生ぐらいだったか、若手女優への脱皮を予感させた。

そして、映画主演が6年ぶりとなる「星の子」。思春期の少女が(主につらい出来事を契機に)大人への階段を昇り始める過程を、精緻に的確に演じつつも作為を感じさせないナチュラルな佇まいで表現してみせた。カルト宗教を信仰する両親が世間から奇異の目で見られることに気づき、悩みながらも親への愛を失わない。難しい役を見事にものにした芦田の演技力に改めて感じ入るとともに、奇をてらうことなく俳優たちの感情表現を丁寧にすくい上げた大森立嗣監督の演出にも喝采を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 24 件)
高森 郁哉
「星の子」のレビューを書く 「星の子」のレビュー一覧へ(全148件)
「星の子」の作品トップへ