劇場公開日 2020年11月7日

  • 予告編を見る

「中国人が愛した日本アニメ、その守破離の「守」」羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来 ヨックモックさんの映画レビュー(感想・評価)

4.121
48%
34%
16%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5中国人が愛した日本アニメ、その守破離の「守」

2020年8月9日
PCから投稿

ヌルヌル動くケモショタファンタジー中華アニメ。
制作者が日本の著名なアニメから影響を受け、そして大好きであることが伝わってくる。細田守とナルトが狂おしいほど好きなのだろう。

ではただの模倣アニメかと言うと、本作はそんなレベルではない。
日本国内で見てもトップクラスの作画に加え、日本アニメ的な技術や演出力は使いつつも、その内容はすでに「中国人にしか作れないもの」として仕上がっている。
すなわち、中国古来の仙人や妖怪を登場させ、仙界のような空間、心のありようが反映される仙術など、それは表層的な見方をすれば「既視感のある設定」のように見えて、その実既に「中国人としての感性や文化的バックボーンがなければ描けないもの」がしっかり盛り込まれている。
格闘シーンの魅せ方にしても日本アニメではあまり見ないカンフーアクション的なカメラワークが散見される。

とはいえ、話の展開にせよ作画やデザインの方向性の面では、日本アニメを追従した作品という域を脱し切れていない。
しかしこれがクリエイターにとっての守破離の「守」であるならば、次回作はきっともっと日本人にとって刺激的で感動的なものになるに違いない。
日本アニメーションの技術を体得した中国人が、次に作る良質なアニメーションは果たしてどんなものになるだろうか。今から楽しみでならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨックモック
「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」のレビューを書く 「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」のレビュー一覧へ(全21件)
「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」の作品トップへ