劇場公開日 2021年7月29日

ジャングル・クルーズ : 特集

2021年7月28日更新

【夏休みにピッタリの一本】見どころ解説!
ディズニーランドの人気アトラクションから誕生…
あの「パイレーツ・オブ・カリビアン」の興奮が再び!

画像1

さあ、冒険の旅に出航! ディズニーランドの人気アトラクションから誕生した映画「ジャングル・クルーズ」が7月29日より映画館公開、30日からディズニープラス プレミア アクセス配信開始となる。

アマゾンの秘宝“不老不死の花”をめぐって繰り広げられる冒険は興奮の連続。ディズニーランドに足を踏み入れた時のあのワクワク・ドキドキが映画館で味わえる、まさに家族で夏休みに楽しむにはピッタリの一本となっている。

ディズニーランドの人気アトラクションから生まれた実写映画と言えば、真っ先に思い浮かぶのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」。本作「ジャングル・クルーズ」も“秘宝”あり、“呪い”あり、さらに魅力的なキャラクターも数多く登場するなど、「パイレーツ」との共通点も多数ある。

こちらの特集では、そんな映画「ジャングル・クルーズ」の見どころポイントを、アトラクションの臨場感そのままにご紹介!


【予告編】ディズニーが贈る、史上空前のスペクタクル・アドベンチャー!

【物語・キャストを紹介】超・期待作!
ジャングルクルーズを映画に…何が観られる!?

画像2

[あらすじ]アマゾンの秘宝“不老不死の花”を求め、クルーズ船の船長&ワケアリ博士が冒険に出る

アマゾンのジャングルにある、伝説の秘宝“不老不死の花”。行動力と探求心を兼ね備えた女性博士リリーは、この秘宝を求めてアマゾンへ向かう!

彼女が相棒に選んだのは、ジャングルを知り尽くしたクルーズ船の船長フランク。彼にもまた“不老不死の花”を求めるある理由があった。

2人はリリーの弟マクレガー(おしゃれとゴルフが好きでジャングルが嫌い)も仲間に加え、オンボロのクルーズ船に乗りこむ。目指すは、近づく者は呪われると噂されるアマゾンの上流奥深く――。

そこでは、呪いによって蛇に囚われ、“不死”を生きるアギーレたちが待ち受け、さらには“不老不死の花”で世界を支配しようと企むヨアヒム王子も、潜水艦を率いてフランクたちを追い詰める。ミステリアスなジャングルを舞台に秘宝をめぐる壮大なアドベンチャーが幕を開ける!!

画像3

[実写化]アトラクションに出てくる“あの場面”もガッツリ映像化!

映画館がディズニーランドに? アトラクション「ジャングルクルーズ」は、ゆかいな船長が運転する船に乗って、魅惑のジャングルを進むスリリングな探検ツアー。ディズニーランドの人気アトラクションのひとつであり、ウォルト・ディズニーが最も愛したとも言われている。

それだけに、映画にはアトラクションの世界観を彷彿させるシーンも次々と登場! 川のなかから口を開けて登場するカバや、船に襲いかかろうとする猛獣といった野生動物たち。ジャングルに暮らす先住民たちの矢の洗礼。さらには、クルーズ船が滝の裏側を進む名シーンも。ディズニーランドが大好きという人も納得&大興奮間違いなし!

お近くの映画館で、アトラクションの“あのワクワク・ドキドキ”を体感してみるのものいいかも?

画像4

[キャスト]主役はマウイ×メリー・ポピンズ!? 世界中で“超人気”の2人がコラボ

ダジャレ好きの陽気な(ちょっとうさん臭い?)船長フランクを演じるのは“ロック様”ことドウェイン・ジョンソン。「ワイルド・スピード」シリーズや「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」、「ジュマンジ」シリーズなど、数々の危険な旅をかいくぐってきた猛者が新たな冒険に挑む! 一方、大胆さと探求心を兼ね備えた女性博士・リリーを演じるのは「クワイエット・プレイス」シリーズのヒットも記憶に新しいエミリー・ブラントだ。

ちなみにロック様は「モアナと伝説の海」のマウイの声を務め、ブラントは「メリー・ポピンズ リターンズ」でメリー・ポピンズを演じている。ディズニー作品に縁の深い2人のコラボにも注目!


【見どころをさらに紹介】人気作の興奮、再び!
まるで「パイレーツ・オブ・カリビアン」的な楽しさ!

画像5

[大好き]「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」と共通点がたくさん!

ディズニーランドの人気アトラクションから誕生した映画と言えば、世界的メガヒット作「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズが思い浮かぶが、同じく人気アトラクションから生まれた本作と「パイレーツ」には数多くの共通点が!

秘宝を求めて敵味方が入り乱れ、物語が二転、三転することに加えて、“呪い”が重要なモチーフとなっていることもポイント。「パイレーツ」の呪いと言えば、盗まれた“アステカの金貨の呪い”によって、おぞましい姿となったバルボッサ一味が印象的。一方で本作にはジャングルの呪いをかけられて、異様な姿のまま“不老不死の花”を探し求める謎の男・アギーレが登場する。

また「パイレーツ」ではジョニー・デップとオーランド・ブルームによるジャック・スパロウ&ウィル・ターナーのコンビが観客のハートを鷲づかみにした。本作ではフランク&リリーという男女混合の名(迷?)コンビが誕生! ジャック&ウィルに負けず劣らずの息の合ったコンビネーションで、迫りくるピンチの連続をどうくぐり抜けるのか? 乞うご期待!


[夏休みにピッタリ]心躍る王道アドベンチャー 子どもとの“大切な思い出”になるかも!

地図を手に、悪者たちの追跡をかわしながら秘宝を求めて秘境へ。「グーニーズ」に「インディ・ジョーンズ」――子どもの頃、数々の名作アドベンチャー映画を観て、冒険に思いを巡らせ胸を熱くしたという人も多いはず。

本作もまた、心躍る王道のアドベンチャー映画。子どもや家族やパートナーと一緒に観れば、この先もずっと心に残り続ける“宝物のような時間”をプレゼントしてくれるかも。夏休みはみんなで冒険の旅へ!

7月30日からは、ディズニープラスでも限定配信。ディズニープラス会員の方は、2980円(税込3278円)のプレミア アクセス料金を追加で支払うことで、「ジャングル・クルーズ」本編を観ることが可能に。一度購入すれば、ディズニープラス会員期間中、いつでもどこでも何度でも視聴することができる。


【レビュー】実際に観てみたら…興奮に次ぐ興奮!
「実際に船に乗って旅するようなライド感が味わえる」

画像6

ここからは編集部によるレビューをお届け。ディズニーランドが大好きな方々、そして「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「インディ・ジョーンズ」を観て冒険に憧れたみなさん、朗報です! これらの要素をすべてミックスして、いいとこ取りした映画が誕生しました。

●アトラクション以上の体験を提供してくれる“超”アトラクションムービー!

伝説の“秘宝”を求め、植物学者・リリーがアマゾンのジャングルで繰り広げる大冒険の数々! 世界征服を狙うドイツ帝国の王子が行く手を阻み、さらには“呪い”によって、おぞましい姿になりながらも400年もの間、ジャングルで生き続ける異形の者たちも加わって、秘宝をめぐって裏切りや、あっと驚く“秘密”が……。

とここまで聞いて、本作「ジャングル・クルーズ」が映画「インディ・ジョーンズ」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」を足して2で割ったような作品であるというのは、十分にご理解いただけたかと思います。

そんな「ジャングル・クルーズ」の最大の魅力にして、先述の二作とはまた異なるポイント――それはズバリ、実際に船に乗ってジャングルを旅しているような感覚を味わえる“ライド感”のすさまじさ!

画像7

物語の多くの時間がオンボロのクルーズ船上で展開し、ジャングルの湿気を含んだ生暖かい風、川や土の匂い、動物たちの気配や息づかいまでスクリーンを通じて伝わってきそうな臨場感! まさにディズニーランドの人気アトラクション「ジャングルクルーズ」に乗っているような……いや、様々な敵の襲来や絶体絶命の急流など、アトラクション以上の体験を提供してくれる“超”アトラクションムービーとなっています。

というか、リリーが乗ったSL機関車が到着した駅の真下にクルーズ船の船着き場が…というところまで、ディズニーランドそのままじゃん!

●ロック様もめちゃくちゃハマり役! まさにやりたい放題

あ、もちろんロック様の活躍に期待されているみなさんもご安心を。序盤から、獰猛なジャガーとの“プロレス”を繰り広げ、「船は俺のリングだ!」とばかり船上で華麗なアクションを披露。ジャングルでは襲いかかる毒ヘビをちぎっては捨て、ちぎっては捨ての大活躍! 観光客やリリーたちには、オヤジギャグを連発するなど、まさにやりたい放題です。

しかし、そんな彼にもまた“秘宝”への特別な思い、そしてアマゾンの地で生きる理由が……。陽気なマッチョの中年オヤジに見えて、実は繊細な内面と哀しい過去を抱えていて……というこのギャップこそ、ドウェイン・ジョンソンがフランク船長を演じるべき理由であり本作におけるロック様の最大の魅力となっています。時折、フランク船長が見せる哀愁に満ちた表情をお見逃しなく!

今年も遠出するのは難しい夏となりそうですが、お近くの冷房の効いた映画館で、ジャングルの大冒険を“体感”してみては?

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
「ジャングル・クルーズ」の作品トップへ