劇場公開日 2020年10月23日

「映像良し、吉高由里子×横浜流星の演技良し、三木孝浩監督の演出良し、BTSの主題歌良し。のラブストーリー映画。」きみの瞳(め)が問いかけている 細野真宏さんの映画レビュー(感想・評価)

4.032
38%
51%
7%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5映像良し、吉高由里子×横浜流星の演技良し、三木孝浩監督の演出良し、BTSの主題歌良し。のラブストーリー映画。

2020年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

本作は、名作「僕等がいた」(2012年)でタッグを組んだ「吉高由里子×恋愛映画の名手・三木孝浩監督」だったので心配はしていませんでしたが、実際に「映像良し、演技良し、演出良し、主題歌良し」の出来の良い作品でした。
キックボクサーに扮した横浜流星の鍛え抜かれた肉体美も流石で、今回の役柄はとてもハマっていて、ボクシングシーンも迫力がありました。
ただ、そこまで揃っていても、なぜだか強い満足度にまではいきませんでした。
本作は2012年に日本で公開された「ただ君だけ」という韓国映画がベースとなっています。
そのためか、少し「偶然」の多さが気になったり、どことなく既視感のある内容で、何か新しいものが足りないと感じてしまったのが要因なのかもしれません。
とは言え、トータルとしては良く出来ていて、「及第点」の作品であることは間違いないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
細野真宏
「きみの瞳(め)が問いかけている」のレビューを書く 「きみの瞳(め)が問いかけている」のレビュー一覧へ(全32件)
「きみの瞳(め)が問いかけている」の作品トップへ