「子供から大人まで万人受けし、社会現象化するのがよく分かるクオリティーの高いアニメーション映画。」劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 細野真宏さんの映画レビュー(感想・評価)

4.2389
54%
31%
9%
2%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0子供から大人まで万人受けし、社会現象化するのがよく分かるクオリティーの高いアニメーション映画。

2020年10月16日
PCから投稿

「鬼滅の刃」は元々テレビアニメ版の段階でも映画として上映しても遜色のないクオリティーだったので、本作も当然ながらスクリーン映えしています。
本作は「無限列車編」であり「煉獄編」でもあり、アクションシーン、ギャグシーン、人間模様など、劇場版でもメリハリがきいていて出来が良かったです。
「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」シリーズに続き ufotableが非常に有能なアニメーションスタジオであると証明できた作品になっています。
ある意味で「2部構成」ともいえるような仕掛けも面白いですし、どちらも「夢」から導入される「過去」からの延長で一つなぎの映画として成立している点も良く出来ていました。
この映画は「新たな始まり」でもあるため、この先も含めて「鬼滅の刃」という作品の展開が非常に楽しみになってきます。
本作は良い意味で様々な感情が入り混じるので、劇場で何度か見たいと思える作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 51 件)
細野真宏
「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」のレビューを書く 「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」のレビュー一覧へ(全389件)
「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」の作品トップへ