メリー・コルヴィンの瞳

メリー・コルヴィンの瞳

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

あらすじ

2012年にシリアで殉職した英サンデー・タイム紙の女性記者で、映画「プライベート・ウォー」でロザムンド・パイクが演じたメリー・コルビンのドキュメンタリー。コルビンの取材に同行したカメラマンのポール・コンロイによる書記をもとに、世界に真実を伝えるため紛争地帯を駆け巡ったコルビンの実際の映像と、再現映像をたくみに交えて描いた。19年9月24~30日にAbemaTVで期間限定無料配信。

2018年製作/100分/イギリス
原題:Under the Wire

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
トム・ブライスリー
製作総指揮
モリー・トンプソン
ローラ・フリューリー
メアリー・バーク
エマ・ローチ
マンディ・チャン
エディ・モレッティ
ベン・アンダーソン
原案
ポール・コンロイ
脚本
クリス・マーティン
撮影
スティーブ・オーガン
編集
ダグレイ・サージェント
  • メリー・コルビン

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

映画レビュー

3.0黒い眼帯の戦場女性記者

2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

公開中の「プライベート・ウォー」を観ずこちらをチョイス。
2012年、アラブの春から始まったシリアの紛争をメインにドキュメンタリーにて女性記者メリーとその仲間を追う。

「眼帯の女性記者?」はてさてと思っていたら、過去観た映画「ハバールの涙」に出てきた女性記者マチルドにそっくりだった。その映画は対ISIS映画であり、その時代にはメリーは既に此の世には居ない訳であり、マチルドは多分メリー・コルヴィンのオマージュであると考えられる。

彼女はサンデータイムスの戦場記者である。片目はスリランカの紛争にて負傷した際のもの。
東ティモール、イラク、チュニジア、リビア、シリア等の紛争地域に赴き、時にはリビア独裁者カダフィ大佐やアラファト議長にインタビューする等男勝りな女性。

しかし、彼女の記者目的は紛争を語る理由もあるが、核にはそこに住む住民ありきな所。あまり兵器など(詳しいが)関心無し。時には国連にも影響を与えるなんて凄いこった。🇺🇳

ドキュメンタリー映像はシリアへの違法入国なんのその。排水溝トンネルをくぐれば「食料どうしてんのよ?」と思わせるドンパチドッカーンの世界。

当時アラブの人達は自由を口にした。
口にしただけで、街は攻撃の標的にされた。
日本では考えられない世界ではあるが、武器が違うだけでこういった束縛される世界も日本は今後あり得るかも?と思ってしまったり。(増税でまた庶民は苦しくなる訳ですから。)

遠い地域の話だと思わず、興味があれば一度はこういう実際映像紛争地域のドキュメンタリーも良いものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全1件)