劇場公開日 2020年1月2日

  • 予告編を見る

さよならテレビのレビュー・感想・評価

3.743
24%
48%
19%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全43件中、1~20件目を表示

3.0この自虐的なタイトルにはどんな想いが込められたか・・・。

yookieさん
2021年1月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yookie

5.0テレビ局の日常を描いた良作

2020年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

現職のテレビ局社員がテレビ局の闇に迫るというタブーを犯して撮影しただけでも一見の価値あり。監督が身内という安心感からか、かなり深部にまで食い込んでいる。この映画にエンタメ要素を期待して低評価をつけているレビュアーの意見には惑わされないように。そもそもこの作品はそういう人に見せるために製作されたものではない。ただひたすら、テレビ局の内情を淡々と暴露する…そういうことに興味を持てる人だけが観るべき作品。制作に関わった全ての人に敬意を表したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kojimatetsuya

3.0さよなら?

りやのさん
2020年7月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

インターネットの普及で、ある程度の人がテレビ離れしてるんだろうと思う。
そんな制作現場にカメラが入った作品だが、さよならなのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

4.0テレビは終わるのか?

ふうさん
2020年6月25日
iPhoneアプリから投稿

見る前はもっとジャーナリズムとは?
みたいな骨太の自己批判映画なのかと思いました。

前半は焦点が合わないような、
新入社員としてこの職場にやって来て、
右も左も分かりません、
みたいな感じでしたが、
少しずつ部内の様子が分かってきて、
メインキャラが3人に絞られてきて、
グッと話しが引き締まって行きます。

福島アナと渡辺君の話は、
私にとっては意外なテレビ局の内実として、
面白く見ました。
ジャーナリズム云々の前に、
テレビ局で働く人も色々だなあと、
私の中にあった勝手な「テレビマン」像が
崩れました。

一番の見どころは、最もジャーナリスト的な
澤村さんのシーンではないでしょうか。

理想と現実。
メディアの責任と営利追及。

にしても、東海テレビかこの映画を撮れたのは、
すごいと思いますよ。
他にやるテレビ局ありますか?

ラストのネタバレにあるように、
どこまで本当か分からない。
監督にストーリーを誘導されている部分は
あるでしょう。
東海テレビにしても自社ブランディングに有利と
踏んだのかもしれません。

それでもこんなチャレンジができるのは、
いい局だと思いますよ。

最後のネタばらしは、
ほんとのこと言ってるか分からないぞという
警告であり、誠意でもあり、
最後にどんでん返しするサスペンスのような
エンターテインメントでもあり、
やっぱり東海テレビシリーズ好きです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ふう

3.0自浄作用は働かない

shinさん
2020年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

はい、分かってますよ。テレビは今、批判に晒されていることを。それでも批判は真摯に受け止めます。一生懸命やってます。常にジャーナリズム精神は持っているつもりです。弱者に寄り添って権力監視してますよ。

そういう気持ちを持って(腹の中で舌を出しながら)製作に取り組んでいることは伝わってきました。

でも影響力が増すごとに特権意識が芽生えて、結局自分たちも第4の権力という座に胡座かいちゃってるんじゃないの?だからなにも変わらないのでは?

もう構造的な問題なんだろうな、不祥事を繰り返してしまうのは。予算削られ少ない人員で時間に追われて番組作って、そりゃ色んなミスは出ますよ。で、現場のせいにしちゃってるんでしょ?

だから本当にこうした体質変えたかったら、このドキュメンタリーに出て来なかった上層部の人たちを取材した方が良かったんじゃない?

最後マスコミが報道してくれたおかげで無罪になったとか、MCの最後を和気藹々と送り出しているとこ見せられると、俺たち頑張ってんだぜぇ〜アピールしてるみたいで興醒めするよ。

だから良くも悪くもこのドキュメンタリーはテレビ批判でもないし自画自賛でもないわけだ。

みんなこれがテレビの裏側の実態だけどどう思う?って言う問題提起にはなってるから製作した甲斐はあったのではないのでしょうか。

でも結局何も変わらないよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

4.5まんまと誘導させられる

2020年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

あなたはこれを観てどう思いましたか?と制作側に問いかけられている気がしました。
観ているうちに主な登場人物3人に感情移入したりするのですが、最後に「あなたこういう風に見てましたよね、こういう風に思いましたよね」って言われた感じでなんかすごく恥ずかしいです。

私たちは気づかないうちにまんまと誘導させられているんだな、テレビ局側の意向に乗っかってしまってるんだな、というのがよく分かります。
途中まではなんてことない話なのですが、その辺の部分もしっかり色々考えてあーでもないこーでもないって観てると最後のビンタがより効いてくると思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
polkmn

3.5タイトルなし

むぎゅさん
2020年3月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
むぎゅ

3.5彼我の立場のどちら側にいるのか

2020年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

4.0澤村さん推し

kossyさん
2020年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 予告編での中学生が「権力を監視」とか言ってたのに驚き、絶対に観なければならないと思っていた。しかし、そのシーンはほんの僅か。期待していたものが飛んでしまった気がした。また、小学生たちにも報道の使命とは「事件・事故・政治・災難を知らせる」「困っている人(弱者)を助ける」「権力を監視する」とレクチャーしていたので、かなり広まっていたのかもしれませんね。

 このドキュメンタリー作品はおおまかに分けて、看板アナウンサーの福島智之氏、契約社員である渡辺正之記者、ベテラン記者の澤村慎太郎氏の3パート構成。福島パートでは過去に起こった「セシウムさん」放送事故やモザイクかけ忘れ事故の自己反省が描かれ、渡辺パートは新人らしく契約打ち切りの不安、澤村パートでは共謀罪について描かれる。

 共謀罪については、マンション建設を一人で抗議していた男性が逮捕されたことに憤りを感じる澤村さん。「テロ等準備罪」という正式名称ではあるが、これらの法案をまとめて「共謀罪」と呼ぶ。しかし、メディアによってはこの「共謀罪」という言葉を使っていない。使うのはむしろ少数派という現状。そして、この法案が通った際の東海テレビでの報道にまさしく「テロ等準備罪」というテロップが入り、澤村さんは愕然とするのだ。悲嘆にくれる彼の表情が忘れられない。

 モザイク事故などかなり深刻な出来事も包み隠さず猛省し、、ある意味自虐的になっている姿勢には共感できた。特に冤罪事件のドキュメンタリーで素晴らしい作品を世に送り出している東海テレビさんだけに、今後もいいドキュメンタリー作品を作ってくれることを期待しています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0さよならといえるあいだに

bando-8さん
2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿

かつて絶大な権力を監視するために絶大な権力を誇ったテレビが、絶大な権力を誇るだけの組織になってしまって久しい。
そんなテレビが、こんな映画を作れるいまのあいだに「さよなら」と言ってあげたい。
この映画が単なる「映画」ではなく「ジャンル」としてそれなりに波及したらいいなーと、個人的には思う。
人々が右往左往する様というのは、こんなに滑稽でおもしろく、ほんのちょっとだけ愛おしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bando-8

2.5面白くはあるけど軽いとこで止まってる

ONIさん
2020年2月24日
iPhoneアプリから投稿

楽しく拝見した。面白くはあったけど、それは最後に種明かしされてしまう契約社員とキャスター人たちのキャラクターによるもので、それは単に地方テレビ局の実態の中の悲哀でしかない。
テレビ局の本体、まさに「闇」の巣窟にもなりそうなのは現場ではなく、その後ろにあるもほなのかもしれないが、とにかく、いよいよそこへ、と思うとそこには踏み込まずヒューマンで終わる。
これは序章、というか、プロローグというか、予告編というか、要するにさわりでしかない。
いま、確かにテレビは面白い現場だと思う。
見たかったものはなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ONI

4.0観終わった瞬間イラッとする

Scottさん
2020年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

5.0ラスト3分

マモさん
2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マモ

3.5よかった

2020年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦

5.0自らにカメラを向けた東海テレビの勇気と覚悟

2020年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テレビは世の中のあらゆるものを批判するが、
スポンサーと自分のテレビ局だけは批判しない。
そんなタブーを打ち破って自らにカメラを向けたのがこの「さよならテレビ」。
普通なら絶対に隠したいであろうテレビ制作現場の嫌な裏側にこそスポットを当て、これでもかと内状をさらけ出していく。
報われない登場人物たちに観客が共感したその先に、この映画はテレビの身も蓋もない本性を告白する。

東海テレビはマジだ。
本気で既存のテレビという枠組みから脱却して、あらたなテレビの姿を模索している。
東海テレビの開局60周年記念番組として制作され放送された今作。作り手と東海テレビの勇気と覚悟がどれほどのものなのかが嫌というほど伝わってくる。

自己批判と自己反省のその先に希望を見出して闘うその姿勢は、本当にすごいし格好いい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョニイ

5.0本当のことってなんだ

Hirokoさん
2020年2月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hiroko

4.5ドキュメンタリーという名の虚像

2020年2月11日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はこぶね

3.0ドキュメンタリーとは

mtmtさん
2020年2月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mtmt

4.0この物語はフィクションですが、登場する人物・団体・名称等は、実在のものとは大いに関係があります。

Kenjiさん
2020年2月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Kenji

3.0さよならテレビ?

船頭さん
2020年2月8日
iPhoneアプリから投稿

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
船頭
「さよならテレビ」の作品トップへ