劇場公開日 2019年11月15日

「本作品が1本の映画として成立するという不幸」i 新聞記者ドキュメント Imperatorさんの映画レビュー(感想・評価)

3.036
27%
36%
7%
0%
30%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0本作品が1本の映画として成立するという不幸

Imperatorさん
2019年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

普通なら、1本の映画になるはずがない。
大スクープや感動話があるわけではないのだ。
「沖縄(辺野古、宮古島)の基地問題」、「森友学園事件」、そして、「伊藤詩織さんの裁判」を追う新聞記者に密着して何が面白いのか?

にもかかわらず、昨今の状況が、本作品を立派な1本の映画にさせてしまっている。
なんという不幸だろう。
言うまでもなく、他ならぬ首相官邸がらみの不正や疑惑が追求されないという、メディアの自己規制やタブーを扱っているからだ。

“面白い”ドキュメンタリー映画ではない。
しかし、今現在、必要であるだけでなく、形あるものとして、将来においても重要な映像として残るだろう。
記者への異常な“質問妨害”が、じっくりと映像化された意義も大きい。
「新聞社内での闘いが、一番キツイ」と語っていたのが印象的だった。
また、「Black Box」は読んでいたが、伊藤詩織さんの姿をじっくり見たのは初めてだった。

「桜を見る会」のニュースでの扱いが、問題の重要性に比べて奇妙に小さすぎるのを見るにつけ、なおさら、本作品のリアルタイムな意義を考えさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
Imperator
「i 新聞記者ドキュメント」のレビューを書く 「i 新聞記者ドキュメント」のレビュー一覧へ(全36件)
「i 新聞記者ドキュメント」の作品トップへ