劇場公開日 2020年1月17日

「究極の愛の物語」ジョジョ・ラビット D.oneさんの映画レビュー(感想・評価)

4.0335
42%
48%
8%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5究極の愛の物語

D.oneさん
2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿

 こんなにも泣かせにくる映画だとは露知らず、途中から声を抑えるのに必死でした。
 主人公は、純粋な心を持つ無垢な10歳の少年ジョジョ。ヒトラーに忠誠を誓い、ナチスを敬愛することこそが正義であり、そんな時代の価値観にまっすぐに従おうとする純粋な少年です。
 だけれども、ジョジョは一部のまわりの大人達のように完全に心が汚れて凝り固まってしまう手前の、まだまだ愛と優しさに溢れた心温かき少年なのです。壁裏に潜むユダヤの少女と触れ合うことでいままでの価値観がガラリと変わっていき、みずから既存の価値観と向き合っていく様は、観ている者の心を激しく揺さぶります。
 個人的に印象的だったのは、ジョジョがたびたびつく"嘘" です。子供らしい嘘のつき方は、相手を傷つけてしまうこともありながら、大人には到底真似できない"温かさ"を含んでいます。
 物語は基本的にコミカルに描かれていますが、不意に描かれる残酷なシーンは、戦争の悲惨さを際立たせています。
 映画というのはいくらでも史実を脚色したり美化することが可能です。その反対もしかり、いかに戦争が悲惨であったかをシビアに、力強く伝える映画もあります。しかしながら、この映画は基本的にコミカルに描いている中に敢えて残酷なシーンを入混ぜているからこそ、どんなにコミカルに描かれても、戦争の悲惨さを避けることができないという強いメッセージを含んでいるのではないか、と感じることができました。
 こんなに泣かせる映画は久しぶりです。過去1番に泣いたかも…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
D.one
「ジョジョ・ラビット」のレビューを書く 「ジョジョ・ラビット」のレビュー一覧へ(全335件)
「ジョジョ・ラビット」の作品トップへ